5/22/2011

今 rock, indie, electronic, alternative, japanese にハマッてます:
Dohatsuten, Primal Scream, BEAT CRUSADERS, Radiohead, Led Zeppelin, The Vaccines, The Wombats, The Strokes, The Prodigy, James Blake, Manic Street Preachers, Talking Heads, Gorillaz, Dirty Beaches, Gagaga SP, Swedish House Mafia, The White Panda, Smith Westerns, Electric Light Orchestra, Rin Toshite Shigure, The Naked and Famous, Handsome Furs, Penguin Prison, The White Stripes, deadmau5, Cults, City and Colour, Bon Iver, Atari Teenage Riot, Young The Giant, The Smith Westerns, 徳澤青弦, Queen, Prodigy, White Stripes Vs Led Zeppelin, Led Zeppelin Vs. Jay-Z Vs. Gramatik, Ryan Adams, Jay-Z, The Folk Crusaders, My Darkest Days, Redroche vs. Primal Scream, Dirty Beaches (Pop Montreal Session), UNION vs The Prodigy, Swedish House Mafia feat. John Martin, Nirvana, Unsane, A Perfect Circle, The Smashing Pumpkins, Life of Agony, Jason Isbell

マイ チャートをチェック:http://www.lastfm.jp/user/kathryn_baker


邦楽ロック/ポップスを楽しく聴く為に
BECRを2万回以上聴かなければならなかった
ということか?

去年、いや、最近まで
(「ニッポン・ラブ・ファイターズ」聴くまで)
自分は「怒髪天」は聴けないと思ってた

ようやく
聴いていて楽しい
面白い
と思えるようになった
(なんで今まで分からなかったのか
避けてたのか、聴けなかったのか
なんで???なんで????自問自答しては
反省して恥ずかしくなるくらい)

そういう邦楽ロック/ポップス(インディーズ寄り)が増えた
町中(まちなか)で耳にして嬉しくなる機会が増えた

すれ違うバンド青年(女子/男子)に
「早くワクワクするドキドキするあなたの音を聴かせてください」

念じてみたり(怖っ!!)

というかまぁ
それでも
邦楽ロック/ポップスは
ユーモアが入ってないとなかなか聴いていられないかも
…とか思ってたりもしてるけど

でもでも
今週は「凛として時雨」のライブに参戦して
21世紀の邦楽ロックのカッコ良さを
(溢れる音楽情報の中から抜き出される文脈の洗練度
セカイ系っぽい繊細で哲学チックな歌詞の世界などなど)
改めて体感してる

マニアックな音
音楽の知識の幅広さや深さもさることながら
音そのものを追及する変態的執着ぶりに
圧倒される

洋楽メインで聴いていた時の自分だったら
(BECRの音楽がドンピシャで自分に当てはまらなかったら)
邦楽ロックは「時雨」や「9mm」がなんとか聴けるかも
ロキノン系は時々聴く分にはいいんだけど…
なんてややこしい
捻くれた拘り派ぶっていただろう

「カミングコーベ」で出会った音楽が楽しい
最大の収穫は
怒髪天の面白さがよくわかったこと
怒髪天のライブが楽しめたこと

去年の「音泉魂」で聞こえて来た時は鬱陶しい音だと思って
完全スルーしてたのに

今年30分ほどのライブパフォーマンスで
楽しい「今」をオーディエンスと一緒に作る姿勢に
すっかり魅了されてる

「ニッポン・ラブ・ファイターズ」の歌詞

この時期一番聞きたかった言葉

自分が今どう動くか

自分である努力を怠らない
と言ってた大王(後藤ひろひと)の言葉と
ここで繋がる/繋げる


この人達が言ってることに
ついていきたいと強烈に思った
頼もしいし
楽しそうだし

復刊ドットコム