4/04/2010

行った場所:京都国際マンガミュージアム


もしかしたら、平日よりも早く起きたかもしれない
休日はいつも昼頃まで寝ているのに
平日なんて目覚まし大音量でやっとこさ起きられるというのに
「絶対観たい!!」という気持ちが
朝スッキリお目覚めスイッチを久しぶりに起動させた
という感じか

日帰りできる距離だから・・・と油断は禁物
関西で初めての画力対決
あの画力対決が関西で観られるのだから
関西方面
西日本方面のサイバラファン、竹宮ファンが
集結するに違いない

予想

その予想間違いではなく
ミュージアム開場1時間前に到着するも
整理券待ちの行列が遠目にも確認できた

サイトでは定員250名とあったので
1時間前に着いたのに
もしかしてギリギリ?
とやや焦る

職員の方に「まだまだ、大丈夫ですよ・・・ここで並んで待っててくださいね」
と言われ一安心

ところで
後1時間何をして待ってれば・・・

と思っていたらみるみる
自分の後ろに人が並び出した
1時間前なのに・・・

元小学校ということで
桜の木があり
満開

記念にパチリコ
(携帯電話で写真を撮るとき、どうやら手ブレをしているらしく
本人に自覚は無かったのだが、同伴者に指摘される)
以上の理由により画像無し

天気もいいし
(雨だったら1時間外で待つなんて最悪)
整理券も取れそうだし
本当によかった(嬉しくてちょっと泣きそうになる)

開場15分前に定員の250名に達したとのことで
普段は午前10時開場のマンガミュージアム
15分ほど前から開場
整理券は10時より配布

整理券をもらうと128番
ほぼ真ん中
(徹夜組がいたとか)

画力対決は14時
なので
それまでにお昼を食べて・・・
(こんなに天気がよければ白ワインだろうjk)
「バラハク」も観ておいて・・・
漫画も読んで・・・

校庭を見ると全面人工芝
ごろんと寝転んで漫画が読める

こんなにいい天気に外で漫画を読めるなんて
理想的
アウトドア風インドア(要は屋外漫画読書)
走り回って転がっている親子の姿も
ピクニックっぽくもある?

元校舎の館内から漫画をまとめてごっそり(←ここ重要!!)持ち出して
校庭で読む
(学校に学習マンガ以外はなかったから
学校にこんなに漫画がある!と思わず興奮する)

今の子供も昔の子供も
漫画の世界を楽しめる人はみんな

「バラハク」とは別の企画展
ではSFモノ
フランスの漫画作品が紹介されていた
SF系は絵がきれいな作品が多い・・・

小学校の展示もある
さすが京都(?)歴史のある小学校だったんだなぁ
とちょっとお勉強
第2の人生(校舎???)
今もこうして子供が集まる場所でよかったね
などと思ってみる

画力対決・・・当然面白かった
笑い担当:西原理恵子
京都でもしっかり仕事をしてくださった



観客の感嘆は竹宮先生の絵がupされるたびに大きくなる
サインペンがスケッチブックを走る音が
僅かにマイクから聞こえてくる
サッサッスーッ
絵を描くことに集中されると
ちょっと寂しい
(八巻さんやサイバラさんのしゃべりでつなぐけれど)

Ustream.tvでも視聴できたらしい
が!
しかし!
自分の目で見る肌で感じるライブが一番
(普段は自分もtwitterでの観戦だけど)

今回の収穫は
担当の八巻さん(@八巻和弘 (yamakikazuhiro) on Twitter)の面白さ

竹宮作品大ファンだったようで
会場の誰よりも乙女モード

サイバラさんに合わせて悪ノリしたり
ブレーキかけたり
漫画の中で見るより柔らかそうな
面白い人だった

開演までに
過去の対決動画をダイジェストで見せてればいいのに・・・
権利の関係で無理なのかなぁ・・・

復刊ドットコム