2/13/2010

読了した本
(和書)
増川 宏一
法政大学出版局
発売日:1982-01


海外の賭博の歴史
占いから始まって、ゲームとなり
金銭を賭け、血しぶきが上がり
身分の上下を問わず夢中になっていく

マフィアの存在とか・・・

特に印象に残ったのはイギリス
イギリスの人間のギャンブル好きは
モンティ・パイソンのスケッチ(コント)で
いくつか見ていたので知っていたこともあり
それでも
ざっと歴史を見ても
生々しい・・・

映画「ホーリーグレイル」の中に出て来た
切られても負けを認めない黒い騎士って
イギリスの賭博史の中でみれば
ジョークの範囲ではなかったのね



インドには賭博の神様がいる・・・
「天女」をさす言葉のように紹介しているサイトもあるけれど
日本でもこういう漫画があった↓


一つのテーマで見る世界史
というのも面白い
学校では出て来ない艶っぽい話や
金銭がらみの泥沼な話とかに
wktkしながら読んだ

人間は変わらないなぁ・・・

復刊ドットコム