7/31/2009

厨二病を少し患う
慢性的な高二病





cosMo@暴走Pのシリーズは
小生こちら↓でめっさハマったクチで・・・


この曲流しながら天鳳で麻雀したら
勝てるんじゃないかと夢見たこともあった
人の夢とは儚いものです

7/30/2009

世代的にストライクゾーン



DVD初回限定版には全プレ(応募者全員プレゼント)復刻版
ポーチがついてくる

新聞広告で見て懐かしさがこみ上げてきた

友達の方が早く届いて羨ましかったこととか
写真で見ている時は便利そうに思えても
自分の生活習慣にその商品/サイズは用がなかった全プレとか
それでも一応
せっせと切手を送っていた全プレ

いつの間にか無くなっていた
というか捨てていたのか?

滅多に掃除しない押し入れの奥から出てきたことがあった
黄ばんで
錆びて

描かれたキャラクターの名前がすっと出てきて
漫画のタイトルも
どんな話だったかも覚えている



幼なじみとか
腐れ縁のクラスメイトとか
憧れの先輩とか
ハートのシールのラブレターとか
イニシャルの刺繍入りタオルとか

学校に行けば少女マンガの世界がある
と思っていた時期が私にもありました

敗因は下駄箱がない学校に通ったことではないかと・・・





7/29/2009

天鳳 対戦数500回!!

75pt/R1354

400回 185pt/R1335
300回 205pt/R1281
200回 0pt/R1232

相変わらずの初段どまり

動画が参考になっているとか
公でいうものではないな・・・orz

7/28/2009

ニコニコ動画でいろいろな「弾いてみた」を観てきたけれど
自分もかつてピアノを習っていたことがあったので
どうしてもピアノ演奏の動画を選んでしまう





【ニコニコ動画】【東方】「最終鬼畜妹フランドール・S」を弾いてみた【ピアノ】









もっとピアノが好きだったら
今でも練習続けて弾き続けて・・・

「たられば」なことを思ってしまう

でもまぁ
この人達には到底及ばない
(リズム感が無いとか余裕が無いとかセンスが無いとか)
同じ人間なのに・・・
(↑絶望するポイントがズレている)

最近になって
「ピアニート公爵」を見つける

今まで観てきたピアノ演奏の動画でも
「スゲェ」を連呼していたのに
「ピアニート公爵」の演奏はもうなんだか・・・





【ニコニコ動画】アイドルマスター 蒼い鳥ピアノ演奏に春香さんが
(・3・)トブー(・3・)トブー(・3・)トブー(・3・)トブー

7/27/2009

新しく見つけた麻雀動画



新着
【ニコニコ動画】元麻雀プロが「天鳳」実況プレイpart8-2

投稿者が解説(独り言)付きで打っていて
一打一打の理由があって
納得できたり感心したり

感覚で切ってしまう自分にはかなり勉強になっている

麻雀以外の話は別に要らないので
アフレコで麻雀の解説だけつけてくれてもいいんだけど

7/26/2009

観た芝居
劇団四季『人間になりたがった猫』
劇団四季 作品紹介(ステージガイド) 人間になりたがった猫

ステファヌス 種井静夫
ライオネル 上川一哉
ジリアン 小川美緒
タドベリ 渋谷智也
トリバー はにべあゆみ
スワガード 川原洋一郎

7/25/2009

備忘録美術館系

最近は観劇が多い・・・

たまには
作品と1対1の時間を過ごすのもいいのではないかと・・・
暑さに負けなければどこへだっていけるはず



7/24/2009

読了した本
(和書)

デカルト
Amazonランキング:2690位
Amazonおすすめ度:



何かについて思うとき
何かについて話すこと
だったり
何かについて読む時に
何かについて思い出すこと
というのがしばしばあって

2008年以前の読書であれば
何を読んでも何を観ても
「ラーメンズ」
のことを思い出していた
・・・ような気がする
(注:2008年〜2006年のブログ参照)

今回は
2009年は「赤木しげる」
『アカギ』


第一は、わたしが明晰的に真であると認めるのでなければ、
どんなことも真として受け入れないことだった。言い換えれば、
注意深く速断と偏見を避けること、そして疑いをさしはさむ
余地のまったくないほどの明晰かつ判明に精神に現れるもの以外は、
何もわたしの判断のなかに含めないこと。 

『方法序説 (岩波文庫)』p.28 l.12~

アカギ発見!
「現実(リアル)を優先する」アカギです

これだけで今回の読書は終了

===================END========================

作者の謙遜ぶりがしんどくて読むのがしんどくなる
16〜17世紀の自然科学の知識がどういうものだったかという
前情報が少なかったこともあり、
自然科学の話も文学表現にまとめられている印象

キリスト教徒ではないので
「神」の完全性
という話も受けいれがたい・・・
などなど
後半に進むにつれ読みにくい

赤木しげるの独特の知性は過去の哲学者に並ぶ

うっとりするための読書

・・・ということで
もう一度読み直す機会を設ける必要があるかも

7/23/2009

他人の麻雀を観戦するのは勉強になるはず
だと信じて
(麻雀デビューが今年ということでキャリアにコンプレックスを持っている
麻雀を打つ人って
家庭麻雀だと物心つく頃からだったり
遅くても大学生デビューだったりの話
どうみても自分は打つ経験も見る経験も少なすぎ)
動画を検索して観戦中
時々はネタ動画を楽しんでいる

麻雀を覚えれば覚えるほど
ネタ動画をネタとして楽しめるようになってきた
(麻雀漫画もより面白くなってきた)

うっかり
自分もこれぐらい打てるんではないだろうか

こういう配牌が来て当然だ

勘違いしてしまうのが怖いところ



7/22/2009

また1級に降格した
落ちる時は速い
取り返そうと東南戦などに挑もうものなら
みるみるポイントが減っていく・・・
加速度って
こういうところでも観測されるんだね・・・
orz

なのに
なのに

1級になるとどういうわけか
さくさくと1位が取れて
初段になれる・・・

100pt取るのは易しい
200pt取るのは難しい
100pt失うのも易しい

また昇段できたのだけれども
できたのだけれどもね

天鳳 初段(3回目)200pt R1346

平均得点 -7.48
平均順位 2.74

和了率 .175
放銃率 .166
副露率 .440
立直率 .152

ちなみに初めて初段になったとき
R1252

2回目
R1288

一応の上達を確認できる
でしょ?

絶対評価の上では・・・の話

これが相対評価になると・・・
対戦相手が
1級でR1800以上だったり
同じ初段でR1800以上だったりすると
その数字を見ただけで萎縮する

なんかこんなRしかなくてすみません
m(_ _)m
という申し訳ない気分になる
せめて
平均Rくらいにはなりたいと思う

7/21/2009

ブログのネタが困った時は
動画を載せるか
天鳳での麻雀戦歴を載せることにした

だいたい麻雀のブログって
天鳳でいえば
鳳凰クラスや特上クラスの人のレベルの
対戦記録
牌譜の分析という実践的な戦術/戦略ブログが多いのだけれど

ただ
自分の対戦結果を載せるだけ

面白みも何も無い

慰めに読んでいるのが

とつげき東北
Amazonランキング:1575位
Amazonおすすめ度:



これを読むと落ち込みが軽減される
強さを語るには300戦以上必要だとか
上位プレーヤーの傾向から
今後自分が何を意識して打つべきか
(さっさとベタオリするほうがいい、とか)

「何を切る」というのは紙の上で考えるより
上段者の観戦をしている方が面白い
あとで
活字で似たような切り方を見て(確認して)
どうしてこういう切り方なのか
というのを理論で納得する


安藤 満
Amazonランキング:31837位
Amazonおすすめ度:





ただただ読んでいた時より
内容がわかりやすく自分に入ってくる感じがしてくる


この結果・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

天鳳 1級 75pt R1339

降格
orz
取り返そうと
ポイントの高い東南戦を連続して挑んだ結果
連続してラスを受け持ちました

しんがりをしっかり守っているから
みんな頑張ってどんどん高みを目指して・・・ッて話じゃない!!
オリャ(ノ-o-)ノ ┫;:・.
オリャ(ノ-o-)ノ ┫;:・.
オリャ(ノ-o-)ノ ┫;:・.

前回1級に降格した時
R1260
でした

初めて1級に昇級した時
R1232
でした

そうやって見てみると
実はちょっとずつではあるけれども
進化している

「上達しない」という深みにハマっているという意味での
「深化(しんか)」ではないはず

とりあえず
点数が計算できないのはやばいかな・・・と思い始めた

東風戦であれば南入
東南戦であれば西入のときに
勝ちが決められずだらだら流れた結果
それまで1位だったのに
2位や3位・・・4位になってしまうこともある

なんかもったいない
たぶん
点数計算が出来れば
点数を考えたそういう打ち方が出来れば
もう少し頭を使った打ち方で
勝ちを手に入れることが出来るはず・・・
たぶん
きっと
そう・・・
amazonギフト券(¥1509)の使い道



7/20/2009

雷が鳴れば梅雨明けと聞いていたのに
まだ梅雨は終わっていない

天気のいい日の空はもう
夏が始まっている

学生は夏休み始まったわけだし

空を見ているとサマソニの空を思い出す

空の青さと
日差しの強さと
うだる暑さ

土ぼこりと
毛穴から入ってくる音楽

くたくたになりながら歩いて帰る道のりとか・・・
大阪の夜景

「音楽」と「暑さ」しかない夏

夏といえばそうなのだ
そうだったのに

今年は行かない(行けない)ので
去年までのサマソニの思い出に
今から浸っているところ

むなしい





麻雀があるか・・・

7/19/2009

観に行った芝居

劇団四季 作品紹介(ステージガイド) 劇団四季ソング&ダンス〜55STEPS〜

大阪四季劇場

ヴォーカルパート
阿久津陽一郎
芝 清道
李 涛

井上智恵
早水小夜子
秋 夢子

ダンスパート
川東優希
萩原隆匡
岩崎晋也
徳永義満
加藤敬二
成田蔵人
金久 烈
河野駿介
前田順弘

加藤久美子
駅田郁美
杏奈
須田綾乃
柴田桃子
柴田厚子  
木許由梨
坂田加奈子
高倉恵美
斉藤美絵子
泉 春花

=============
『アプローズ』や『リトルマーメード』など劇団四季ver.では観たことがない
パートもあって、是非全編通して上演して欲しい!!と思った

ダンスがかっこいい
力強い
しなやか
美しい
うっとり

ダンスの経験は無いのだけれど
観ているだけで体が弾むような感じ

自分に出来るのは
手拍子だったり
足でリズムを取るくらいだけれど

音楽がこんなに気持ちよく身体中を流れるとは・・・

久しぶりの劇団四季
自分ご褒美
3連休のリフレッシュ

ミュージカルは歌があってダンスがあって
華やかだとは思っていたけれど
こうして
名場面ばかり、普段とは異なる演出で披露されても
やっぱり
華やか
気持ちが盛り上がってくる

一人一人の技術力の高さに圧倒される

他の舞台では感じられない
全力疾走感が
劇団四季にハマる理由かな・・・

7/18/2009

タグの「空白の6年間の真実」が
個人的に
ツボだったりする


細かく『アカギ』原作ネタが盛り込まれている「謎の技術」にも感心する

声に癒される・・・(*´ェ`*)ポッ




7/17/2009

『兎』連載再開!!
ということで
今回は「近代麻雀 8/15号」(以下「近麻」)を買った
キャラクター占いっぽい「何切る」問題をするために・・・
ではないけれど
・・・たぶん



15日号のみ連載
諸事情で今後は立ち読みで済ます予定だけれど
行きつけのコンビニエンスストアは
なぜか「近麻」をビニールひもで縛っていることが多い

だから読めたり、読めなかったりなんだけど
それでもまぁ
あまり気にならなかった
(『アカギ』みたいに1日号のみ連載であったり
15日号のみ連載とかあるし、メインは『アカギ』なので)

来月の15日号から『ワシズ』も「近麻」で始まるし・・・
どうしようかと・・・(フラグ?)

単行本の『アカギ』は置いていたけれど
コンビニエンスストア用の『銀と金』などの福本作品は
置いてなかった
微妙な福本作品ファン、もしくは微妙な「近麻」ファンが
店員にいる様子(秋田書店>竹書房っぽい本の並びになっている)
利用客には「近麻」ファンが多いとか?
店員よりは「近麻」ファンが多い??

『むこうぶち』
オチが一つ読めた(ヒント:営業)
そのオチ以外のオチ方に期待

7/16/2009

今年もやってきた!!

『イッセー尾形のこれからの生活2009
in ひょうご』

2009年10月10日(土)〜12日(祝月)
会場:兵庫県立芸術文化センター
料金:4,000円(税込、全席指定)

芸術文化センターの会員になっているので
会員先行予約でget

去年は追加席しか取れなかったけれど
今年は去年よりは(たぶん)いい席が取れた

楽しみ

・・・ってまだ支払いしてないから
確定ではなく
予定の話

イッセー尾形オフィシャルサイト

7/15/2009

天鳳 対戦数400回!!

185pt/R1335

300回 205pt/R1281
200回 0pt/R1232

+の変化あり!?と喜んでいたら

致命的欠陥を持つ「Rシステム」への改善案。「麻雀のRatingシステムに関する改善案」(PDF)

ですって
( ゚Д゚)ポカーン

ウリャァ!! (ノ-_-)ノ ~┻━┻・

7/14/2009

明日は水曜日
零はいつ連載再開されるんだろう・・・
(連載再開第1回は買ってみようかと思っているところ)




おねいさんはげんきなぜろくんにあえるひをまっています

7/13/2009

つい最近見たばかりの


その「ぷよつながり」

ランキングにあがっていたので


「TASさんの休日」だって


麻雀もしている

7/12/2009

読んだ漫画

アニメで観ていたので、買う順番的には後回しになった
シリーズはどうあっても買いそろえてなければ・・・

今一番自分が大好きな福本作品であればなおさらのこと
福本のカイジの描き方はすごい【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ より)



映画化が近いこともあって
本屋でも目立つところに揃えて置かれるようになってきた

福本作品はイッキ読みに向いている
ということで
今回も全巻まとめ買い(大人買い)して
届いたその日に一気に読破

連載を追っかけていると
いつまでたっても話が進まない感じがする
実は丁寧に状況を追っていて
それが後々の展開(例えば、カイジの覚醒後の閃き)を
よりスリリングにしている・・・はずなんだけど

焼き印エピソードは知らなかった
肉の焼ける臭いがしてきそうな・・・

あらためて「カイジシリーズ」を読んでみると
『黙示録』はテンポよく話が進むし、
ギャンブルのオリジナル性も高いし、
それに伴う緊張感も異常
(「死」や身体欠損といった生命の危機感が読者にも強く感じられる)
説教臭さも一番強い

それぞれのシリーズで
焦点になっている部分が違うけれど
やっぱり
テンポの良さで『黙示録』はとても面白く読める

テンポの良さ(笑)

『破戒録』は大どんでん返しの興奮が面白く
『堕天録』はカイジのお人好し部分と覚醒部分のギャップ・・・ギャグ?

つい「(笑)」をつけてしまう



以下SLPYより
絵本黙示録カイジ
アカギ「嘘をついたら鼻が伸びるって? ククク…おもしろい」
カイジ「ここがアンディの部屋か…」

7/10/2009

タグがあるとすれば
アカ様ホイホイ


先月


表紙が似ているせいか
「あれ?今月まだ出てないの?」

手が止まった

よくよく見ると8月号とあったので
500円をレジで払ったわけですけれども

『アカギ』は「近代麻雀オリジナル(以下近オリ)」で読んでも読まなくても
知っている内容なのだけれど
やっぱり
朝一番に拝んでおきたい鋭角だったので

この辺り(浦辺編)はまだ実戦麻雀っぽい展開
アカギの悪魔じみた強運もマンガらしくて
知っているのに
わかっているのに
必死で読んでしまった

先月号の
次号予告では『アカギ』と『ワシズ』だけしか紹介されていなかったけれど
実際に
500円のこの雑誌は「福本作品アンソロジー」になってしまったのかと
大雑把にページをめくると
(というか『アカギ』をあとでじっくり読むから先に『ワシズ』を
読んでしまおう、今回のワシズンのコスプレはなんだろう?な気持ちで)
「かほりさん」を発見!

季節柄、24時間TVの麻雀版がネタになっていた

ちらりと
雨宮@『哭きの竜』が見えたような気がした
「今回から『哭きの竜』もまとめ読み出来るようになったのか!」
ラッキーと思ってよくよく表紙を見ても
『哭きの竜』に関する情報が一切無くて
どういうこと?

もう一度よくみると・・・
こっちの↓作者でした



自分にとっては衝撃が大きかった
『哭きの竜』まとめ読みじゃないこととかも込みで・・・

レビューを探していると
(Googleさんだとこっちが調べる前に
他のキーワード: 菊地昭夫 井上雄彦

知りたいことを教えてくれる
親切すぎるGoogleさん)
この作者って
井上雄彦センセイとか能條純一センセイ風の絵を描く人らしい
(井上雄彦センセイだけじゃなかったのか!!)

井上雄彦センセイ風っていうのは「近代麻雀(以下近麻)」での連載で
わかっていたことだったけれど

ギリギリなのかグレーなのか
(某掲示板で叩かれそうなのに)




アップとか『バガボンド』風なところがあって
小島センセイが又八に見え・・・
でもポーズや動きになると
技術が(それ風)筆致でカバーできてないのがはっきりする
ごまかそうとしているけど無理でしたーな感じ
今月の「近麻」なんて
とうとう井上雄彦センセイメッキが剥がれてた
もう持たないな・・・と思ったら
次回で最終回

アイデアは面白そうなのに
絵が似ていることばっかりに注目してしまって
楽しめなかった
誰か小説で書き直して




『ワシズ』来月から「近麻」にお引っ越し
やっぱりね
・・・って15日号
orz
15日号は基本買わないつもりだったのに
『兎』も『竜』も『ワシズ』までも15日なのよなー
これは撒き餌ですか
ワシに買えと言わんばかりにアピってきますなぁ(←誇大妄想)

今回はコスプレも無く
見敵必殺(読者は必笑)な必殺技も無く

ワシズンの強運を持ってすれば
運命は変えられなくても
運勢は変えられます
敢えて悪い波に乗って波ごと飲み込む
ワシズン強運伝説サクサク更新中

「近オリ」はパイロット版とか読み切りを載せていくのか?
(昔、「りぼんオリジナル」というマンガ雑誌は新人作家の読み切りとか
「りぼん」作品の番外編、今で言うスピンオフを載せるスタンスだったけど
ああいう感じで・・・)
それとも
今後も「福本作品アンソロジー」とか「福本作品アーカイブ」を続けて
竹書房ライブラリーの意地を見せるのか
『むこうぶち』はもうまとめ読み出来ないのかな・・・?

7/09/2009

発売日


小林さんだけ表紙になったことはあったけれど

とうとうコンビで表紙の人に!

ちなみに前回の公演『TEXT』はこの号




あと
漫画も今日が発売日で・・・
しょっちゅうコミックスが出ている気はするのだけれど
どこまで話が進んでいたっけ?
何の話から続いていたっけ?

毎回1ページ目は考え込む

新シリーズの男性キャラは
松山ケンイチっぽく見える

松山ケンイチといえば・・・
劇場版『カイジ』で
佐原役で登場するとかで
(予告動画が微妙に変わってきたので
映画の内容がだいぶん見えてきた)
自分の知っている『カイジ』とは違う次元の
パラレル『カイジ』ワールドが観られそう
(観に行くのかよ!)

天鳳 初段 200pt R1288
オンライン対戦麻雀 天鳳

2回目の初段ktkr

思ったより早く初段になれた

前回初段になった時
R1252

ちょっと強くなってきているのでは?

数字に弱いので
速攻
勘違いモード発動させている


対戦数 354

100回前
1級 R1161

200回前
2級 R1180

300回前はまだ記録を残していなかったので・・・
4級になってから記録を残すようになった

4級 R1229
対戦数 63

4級のときにすでにR1500から遠いところにいる
1級の頃が底だったのだろうか?
徐々に上昇中
めざせR1800以上!!

7/08/2009

天鳳 1級 30pt R1260
オンライン対戦麻雀 天鳳

昨日まで辛うじて初段だったのだけれど
今日、というか今しがた降格

何回くらい上がったり降りたりすれば
さらなる上達が望めるか

次回
初段になるのにどれくらいの対戦数を
必要とするか

1級は負けが込んでも
2級になることはないから
ガンガン挑む

といった具合で
もっと落ち込むかと思われたけれど
(人生で初めての有段者になった出来事だっただけに)
意外なほど前向きに
1級という現実を受け入れている

自分の実力は
(オンラインゲームではあるけれども)
「段」で語るレベルではまだ無い

自覚しているし

・・・といろいろ書いていくと
かえって
落ち込んでいるみたいなので
寝る
(やっぱりくやしい)

7/07/2009

七夕で満月でも天気が悪いんだから仕方が無い

7/06/2009

『大喜利猿「北海道」』大阪公演
チケットとれなかった
チケット取れると思っていたから
本も買ってない

7/05/2009

Amazon様からAmazonギフト券をお贈りします。‏
差出人:gc-orders@amazon.co.jp

というメールが届いた

ブログの本文中や端っこにくっつけている
アマゾンへのリンク

このブログで載せていた商品をクリックして
アマゾンへ飛んでくださった方が
しっかりお買い物をしてくださったおかげで
このたびギフト券を頂くことが出来ました

感謝

いつかはギフト券分くらい貯まればいいな

思っていたけれど・・・
だいたいこのブログを始めたのが2003年だから
およそ6年間?
ギフト券1500円分になりました

何を買おう?
本?
DVD?

いざ手に入ると
何だかもったいなくて
記念になるような本/DVDにしよう
とかって考えてしまう

カートに入れっぱなしの商品を見ると
1500円offなんだからと気持ちばかり大きくなり
あれもこれも欲しくなって
今月は金欠気味だということを忘れかけた

1年間有効なのだから
急いで使わなくてもいいのだけれど

7/03/2009

なんだか薄くなったような気がするのは
どうしてだろう・・・
値段は変わらないのに
4話・・・


何度読み返しても
空間認識力が低いと言うか弱いので
何が起こったのか
どうなってしまったのか
よくわからないことがある

遺体が・・・

7/02/2009

390円!!


巻頭カラーの『ツモっ子どうぶつの森』

またの名を「だれうま麻雀ギャグマンガ」

とは誰も言ってないけど・・・

やっぱりおもしろいね
他の闘牌ファンタジーとは違う
癒し系麻雀ギャグマンガ

こういうの『近代麻雀(以下 近麻)』で
また連載してくれないかな
時々でいいから・・・
とゆっくりページをめくると
えらくコッテリした連載が始まった

こういう(脂っこい)絵柄の漫画が読めるのは
こういう(脂っこい)雑誌だよな

『ツモッ子』とは別の感動を覚える

この脂っこさで390円!!はお買い得

「他の闘牌ファンタジー」はどうだったかというと
『ミーコ』はデジタル代表のメンバー
キャラ設定に不満

『アカギ』は・・・
コマが相変わらずでかいなーと思ったのだけれど
しかも今回は
前局の補足みたいな感じだったし

いつまでも過ぎたことに拘ってんじゃねえよ!!

アカ様ファンはお怒りモード突入・・・しかけたところで

アカギの表情を切り取る一コマに打たれる
(牌を見つめている目の部分のアップ)
ときどき
こういうドキっとする一コマがある
(1ページ丸ごととか)

漫画を読むのを忘れて
ただただそのコマだけをじっと見つめていたくなる

圧倒的に静かな瞬間

アカ様 永遠の孤独 闇

やっぱりアカ様はかっこええのう

15日号から『兎』連載再開
15日号は『アカギ』は連載されていないし
コミックスで買えばいいかと思っている漫画ばかりなので
立ち読みで済ませたり
まったくスルーだったりなのだけれど
今回ばかりは
連載再開記念すべき1回目なので
買ってみようかと心が動く

近代麻雀THE WEB

7/01/2009

平日が休みだと
とりあえず銀行に行きたくなる

預金が雀の涙なので
平日は時間外手数料を取られる

平日がお休みだと手数料の心配なく
お金を引き出せるので通帳記入がてらに
今月使う分とか・・・♪
って
思っているほど使えないのが現実
orz

ひとまず漫画を買う

浦沢 直樹(2009-06-30)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


とうとう最終巻

この人の作品で全8巻はちょっと物足りないかと
思ったものの

人気マンガにありがちな長引かせる演出にうんざりすることなく
サクサクとストーリーが進んで
見せ場とテーマがスッキリ伝わって
読みやすかった

アトム君寝癖が
アトムになっていて
ニヤニヤしてしまった

新連載は・・・

今のところ買う予定なし

レジに行く途中
目に入ったので購入

来月号がもうすぐ出るギリギリに・・・
特集がサイバラさんで読みたかったのだけれど
すっかり忘れていた

レジに向かう途中に置いてあってよかった
本屋さんGJ

大体内容は何度もいろいろなメディアで
聴いて見て知っていることが殆どなのだけれど
今回のダヴィンチの特集では
元旦那さんへの尊敬と愛情が見えたような気がして
本棚永久保存コーナー行き確定

復刊ドットコム