4/30/2009

今日で4月が終わるわけだが・・・
麻雀の本を読んだことと
福本作品を買って読んだことばかりの記録になっていた

夢中になっているものがよくわかる

4/29/2009

ラーメンズ第17回公演『 Tower 』神戸公演初日

行ってきた



印象
PotsunenとKKPの雰囲気が所々

1本目のコント
観客が今回の公演はどんな公演になるのだろうと
一音も漏らすまいと息をのみ黙っている
舞台の二人に期待して注目
二人もその視線を受け止めていた
その間の空気が良かった

あの緊張感
ラーメンズのコントにあんなにひりっとする緊張感が
今まであったっけ?
そこから緩和
「笑い」
その対比が良かった

公演タイトルが『Tower』で公演場所が
ご当地タワーで有名な場所ばかり
となると
ここ2、3公演(第15回、16回公演のこと)の傾向からも
コントの中に出てくるコトバの予想が出来て
あとはそれがどんな風に使われるのか
wktk

ちょっと意地悪な見方をすると
このコントのスタイルって・・・
テンプレ気配に躓きそうになった

前回の公演『TEXT』が
さすが言葉のパフォーマーとばかりに
国語っぽかったのに対して今回は
建築物(造形)系アート風
美術っぽい





神戸に来てくれて
神戸を笑わせてくれてありがとうございます
また神戸を笑わせにきてください

4/28/2009

麻雀関連の動画を見てまわる


↑このアニメを見て原作の漫画が読みたくなったのは
あまりにもアニメがカオスだったから

意味が分からない・・・
原作知らないとストーリーを追うのはキツい

麻雀シーンは竜が鳴いてるばかりで
一体どんな手牌だったのか
と呆れてしまう麻雀で
戦術は参考にならないと思った
(動画を見た後、麻雀したら竜の奇跡にあやかろうと
必要以上に鳴いてて
かなり影響を受けていた
しかも役なしノーテン)

一緒に卓を囲むことはしたくないけれど
観戦はしてみたいな
奇術ショーみたいで面白そう

竜の剛運(豪運)に惹かれて集まってくる
ソレ系の人達

殺し合ってばかりで落ち着かない



外伝も・・・
近麻(キンマ=近代麻雀のこと)で連載中

15日号は「アカギ」が掲載されていないので
買わない立場だったのだけれど
・・・!

4/27/2009


今日発売のヤンマガ(ヤングマガジン)を買った
なぜなら
映画『カイジ』特報 第一弾がヤンマガ22号に掲載カイジ時事ブログ )とあったから
これはチェックせねばっ・・・!!

ヤングマガジン
毎週月曜日

コンビニエンスストアのレジ横で
手に取って買ってくれる人を待っている
健気な姿(?むしろ挑発的に誘っている)を知っていたけれど
まさか
自分が迎えに行く人になるとは・・・

映画情報は大体確認済みの内容で
(福本作品Vシネver.よりはいいキャスティング)
目新しさは・・・
班長ぐらい

・・・班長???
ということは
黙示録だけでなく破戒録まで?

原作よりも遥かにテンポアップでサクサク進むのは
嬉しいような(映画サイズなら最長2時間だし)
中身が薄められるのではないかとちょっと不安になったり
ぐにゃぁはどうするの?
どのあたりまで劇場版第1弾は上映するの?

っていうか
アニメ化第2期はいつ?
チン☆⌒ 凵\(\・∀・) まだ ぁ?

イケメン修正されているアニメ版カイジ
絵も声も好きなんだけどなぁ
カイジ以外の登場人物も

そういえば
今回の特集では会長のキャスティングについては明らかにされていなかった

・・・と
思う前に
カイジ連載再開のニュース

零が7月から連載再開
「え・・・延びた?」とがっかりしていたら
カイジが6/1(月)のヤンマガでスタート!!
(>▽ <)きゃー♪
賭博何録ですか?
受難?
双六?

賭博堕天録カイジ6巻で

むこう3年ぐらいしっかりしてなくていいから
みたいなことを言っていたので
連載再開まで3年ぐらいは待たないとだめなのかと
覚悟していただけに
(4月1日の掲示板での嘘ニュースに振り回されつつも)
早い連載再開に小躍り

講談社が好きになった

4/26/2009

もっぱらネット麻雀派

無料で遊べるフラッシュの麻雀ゲーム「麻雀 Flash」
麻雀 (フラッシュ)

オンライン対戦麻雀 天鳳
インターネット 雀荘「東風荘」のホームページ

オンライン対戦は緊張する
読みあい合戦
というか
自分はまだ捨て牌から相手の待ちを読むというのが
出来ないので
目隠しで地雷の埋められた土地を歩かされている心地
(「堕天録カイジ」を読んでいる)

どこに狙いを定めて切って行くか
わからないまま終わってしまうことも

牌譜の管理が出来るので
対戦後の反省会の資料になる
・・・のだけれど
改めて自分の牌譜を見直すと
無駄打ち、無駄切りが多くて目も当てられない
恥ずかしくなる

コンピュータに頼りすぎて
なぜ自分の手牌がリーチになったのか
フリテンなのか役なしなのかわからない・・・

点数計算もできません

リアル麻雀とは縁がないかな・・・

4/25/2009

ちょっとずつ読んでいる本


安藤 満
Amazonランキング:21755位
Amazonおすすめ度:



前に読んだ(というか今のところ持ち歩いてこまめに読み返している)

と併せて・・・
同じようなことを言っている部分は特に印を入れて
必須
最重要
っぽく演出して愛読書になるよう仕向けているところ
(↑出版社の違う問題集を読み比べて出題傾向を探るパターンのマネ)

帯だと思っていたら完璧表紙だった女流プロ姉妹
工エエェェ(´д`)ェェエエ工.
本来の執筆者の写真はどこにもないのに
ばっちり表紙を飾る姉妹
(注:姉妹が新装版に寄せてあとがきなどを書いたわけではない)
ではあるものの
表紙だというのに衣装というよりは普段着っぽい格好
なので
スナップ写真で良さげなのを使ってみました風
なんでこう麻雀の本って(以下ry)
カバーでもかけないと外では読みにくいな・・・
もしくは
カバー裏返しで

どんな風に書かれてある本なのかと
ぱらぱら眺めていたら正誤表が挟まれてあった
訂正箇所多すぎなのに笑った
前書きに「加筆・修正」とあるけれど・・・
なんでこう麻雀の本って(以下ry)



4/24/2009

ニコニコ動画(ββ)で新しい「アイマスシリーズ」が始まった!!
アカギネタ動画がランキングに上がってくるのは
自分がアカギファンになってからは初めてのこと
アイマスがらみになると途端に注目されまするなぁ・・・
@^∀^)_且~~



前にもこういうのがあった


↑コレを見てから
「im@s雀姫伝」シリーズを見ているので
春香覚醒ver.(アカギ憑衣ver.もしくは最終形態)は
おおよそ見当がついている
そういう展開になるのかどうかは知らないけれど

今回の「アイドル伝説アカギ」はアニメから声を
サンプリングしているので
ちょっと耳が嬉しい状態















アイドルになる前に「スイーツエンジェルス」にもなっている

何をやらせても最強なアカ様赤木しげる様♥

4/23/2009


ポケモン世代ではないのだけれど
登場人物が福本作品なので
(主人公が何しろ「king of 萌え」こと鷲巣巌だし)
なんとなく読みながら
最後まで楽しんだ
(ポケモンを知っていればもっと楽しいのだろうけれど)

鷲巣様がポケモンを始めたようですSLPY

原作の登場人物が濃い設定なので
(それを生かしつつ)
二次創作のユルい世界感と合わせると
歪み(ズレ)が出てきて笑いを誘う

二次創作系のアカギの設定は
無念を愛するとか、不合理に身を委ねるとか
クールに見えて実は激熱な
青い炎の狂気の精霊というよりは
ただただ鷲巣を翻弄することの楽しみに耽っている
もしかしたら博打も好きかもしれない狂気の妖精
とかって言ってみる

4/22/2009

今年は行けそうにない
LINEUP | SUMMER SONIC 09

もう一日遅く始まってくれれば良かったのに・・・
. ・゜・(つД`)・゜・.

4/21/2009

なんかこの頃忘れかけている
辛うじてブックマークのおかげで
ときどき思い出す

プレイガイドのメールマガジンに
お気に入りアーティストとして登録しているおかげで
ときどき思い出す

麻雀>ラーメンズ
こんな日が来るなんて
去年までの自分には絶対予想できなかったこと
今年の自分には十分すぎる想定範囲内のこと
・・・なのか?
なのか?

最近のブログで本の話と言えば
漫画以外は麻雀関連の本ばかり
つまり
ラーメンズ公演に併せて発売された以下の本







以上4冊はまだ買っていない・・・
いつ買うのかメドが立っていないくらい放置
去年まであんなに熱心なラーメンズファンだったのに

ちょこちょこ更新されているのは
現在ラーメンズ第17回公演が始まっているからでありまして
気がつけば
東京公演(1回目)

名古屋公演が終了していました

KENTARO KOBAYASHI WORKS | messag

ご当地タワーの前でやっぱり記念撮影しています

4/20/2009

読んだ漫画
読み終わった漫画



少女漫画なら多分
新体操の選手時代の思い出
とか
母親との関係
にかなり苦しめられそう

青年誌なので
格闘技漫画なので
全くスルーで
主人公もあっけらかんとしたボインちゃんでしたが
飛び道具が仕込まれていそうな大きさの胸

後半
深道ランキングが始まってからは
勢いばっかりの漫画になって
何だかよくわからないうちに
ぶっ飛ばされて倒れてた(負けてた)

このあと
あの将棋漫画になるのか・・・

4/19/2009

そして麻雀の本を読み続ける
意味が分からないところが多い
今回読んだ本はとある有名プロの解説を打った斬りしているのだけれど
( ´_ゝ`)フーンとしか思えない

ということは
まだ
この本を読んで理解できる雀力(麻雀のレベル)に達していないということで
自分のレベルがよくわかる
・・・いや弱点がわからない
こんなんで麻雀やり続けていいのかね
orz

いまはただ

意味が分かるようになるまで何度も読み直すし
麻雀ゲーム(オンライン麻雀)にも何度も挑戦する
圧倒的に回数が少ないので
大局的に捉えるとか余裕ない

昨日読んだ本

に近い

オンライン麻雀のデータを利用し統計学から麻雀を分析した本

経験から麻雀を分析した本


麻雀には「運」も「ツキの流れ」もない

と言っていて

麻雀は偶然性が高いゲーム

だと言っている
(ここで「偶然性」という新しい言葉が出てきたので
機会があれば「偶然性」について
参考になりそうな本を読んでみようと思う)

シンクロ率383.8% ktkr

「アナログ」派とか「デジタル」派とかいう考え方からは
すっかり手を切ってしまってもいいのかも知れない
(っていうか世の中の麻雀愛好家はそうなのかも
自分ひとりまともに麻雀も打てないのに拘っている・・・とか???)
(●∀●)

「リーチ麻雀論改革派 (ビー・ア・スター・ライブラリー) 」は参考書で
これ↑を読んだら次はこの本↓の練習問題を解いて考え方を定着させる

麻雀の戦術本といえば練習問題は「何切る?」問題が多いのだけれど
この本は
捨て牌の順番
リーチをかける(べき/べきではない)状況
などを
読者に説明させる問題(記述式?)が多い

受験勉強に似た空気がして
こういう本の方が取っ付きやすかったりして
・・・とカビ臭い杵柄を持ち出す←それなりのやる気

麻雀サイトをいろいろ回ってみてもこの本の話は聞かない
amazonでお勧めされたので
ついでに買ったけれど
目の覚めるような気分
(麻雀関連本で最初に読んだ本が雀鬼系の本だったから余計に・・・?)

4/18/2009

買ったのであります


麻雀関連のサイトに行けば必ずと言っていいほど
紹介されている本
(発売されたのが最近だということもあって)
読んだ人の感想などもレビューや掲示板の様子等で
大雑把に把握した上で購入を決めた本

コレを読んで強くなる!!
という意気込みで買ったのではなく
こういう考え方で麻雀を打つ人もいる
というのを知るにはよさそう
ぐらいの気持ち

麻雀には「アナログ」派と「デジタル」派という考え方があって
「アナログ」派というのは・・・(自分の解釈では)
場の空気を重視し(時々はそれを運とかツキの流れとか言ってみたりする)
打ち手の動き(クセ・視線)などから次に何を切るか
人を読む考え方
「デジタル」派は牌効率重視
捨て牌から人の心理を読み取ることもあるかも知れないけれど
場に何枚切れているか、だとすれば次に何を切れば
次のツモを如何に有効に利用することが出来るか
確率重視な読み方をする・・・(自分の解釈では)

「アナログ」の対義語が「デジタル」というだけで
「デジタル」派の考え方も
打ち手が人間である以上
徹底して完全な合理主義かと言えば
ところどころ曖昧な
説明の怪しい部分もなきにしもあらずで
コンピュータの麻雀の打ち方が最終目標なのか?
人間が?

麻雀初心者は自分の解釈に一人で躓いている

この本はデータがオンライン麻雀によるもの
ということもあって
「アナログ」派と「デジタル」派の間
どちらにも与しない
立場にも見えた

麻雀は実は
そういう2つの考えに分けるべきではない
と言われたような・・・

オンライン麻雀の打ち方はまた違うんだよ

第3の考え方を登場させつつ
ひとことで片付けたり

デジタルの空間でアナログに動く現象をまとめましたレポート
(心理学のフォローが欲しい)
にも読める
(途中途中のコラムは数字ばかりでこんがらがる頭を落ち着かせるには
ちょうどいいけれど
コラムだけ読むとそんなに面白い読み物でもない)

麻雀の読み物としては数字重視なところが新鮮
たまには
こういう(自然科学/統計学)視点からの戦術本も出て来なければ
麻雀というゲームが運否天賦に寄りかかったオカルトになってしまう

ゲームというのは「勝つ」仕組みがあって初めて勝つことが出来る
ということをこの本でおさらいした

4/17/2009

読んだ漫画

第1部完



第2部は7月よりスタート(予定)

単行本派なので第9巻が出るのはもっと先
年末???

しかし
どう続くのか第1話だけは見てみたい気もする

4/16/2009

ああ・・・
それにしても

ニコニコ動画の「作ってみた」シリーズや「ニコニコ造形部/美術部」
「ニコニコ粘土部」などのタグから見つかる動画を見ていると
自分もやってみたくなる
作ってみたい
しかも
福本作品シリーズの・・・





粘土と言えば
油粘土と紙粘土しか知らなかったけれど
樹脂粘土・・・
どんな性質の粘土なのかわからないのがある

針金で骨格を作ってからとか
いろいろ器用な人がたくさんいる世の中

4/14/2009

アイドルマスター系の動画は
いろんな格好をさせて
いろんな歌を歌わせてみるP(プロデューサー)の全くの個人的趣味動画と
Pによるオリジナルストーリー(脚本・監督・演出)の
ドラマ動画(この表現が正確かどうかは不明)に大体わけることが出来るみたいで
最近自分が見るのは
おすすめされたこともあるけれど
もっぱらドラマ動画

基本設定を踏まえつつ
アイドル&アイドル候補生達が
本来の芸能活動をそっちのけで
「麻雀」や「ぷよぷよ」に情熱と青春を捧げている姿を
追っかけている

参照:ゲーメスト誤植テソプレ

4/13/2009

ドアラ好きなので
使わないけど買ってしまった
手帳なんて実用品
使わないのに
なんだか雰囲気で買ってしまった
ドアラ好きなので

シールがついているかと思ったけれど
ついてなかった

気分はドアラのマネージャー?
・・・は無理がある

4/12/2009

届いた

動画や

特集雑誌は

見ていたのだけれど

「完全版」

思った以上にでかいブツが届いた

丁寧に袋から取り出す

フルカラー
まるで会場にいる気分・・・
朝というよりは
昼過ぎから夕方にかけて教室にいる気分

ページを進めたり戻ったりしては
うっとりし
ため息をつき

授業とは違う放課後の雰囲気
「クラスメイト」よりは「友達」の
親しみのある距離を感じつつ

そっと袋に戻す

懐かしい友達に会って
気持ちがその頃に戻ったような

4/11/2009

読んだ漫画

イギリスの長い悪夢が
ようやく終わりました



god save the queen!

4/10/2009

アボーン(´・ェ・`)
なんかね
いろいろね
あってね

こういう方法しかなかったのかと思うべきなのか
それ以外の理由があっただけなのか

わからないことが
徒に
もやもや感を募らせる

4/09/2009

健康診断を受ける

久しぶりにバリウムを飲む
久しぶりに血を抜かれる・・・

「アカギ」の鷲巣麻雀を思い出す

生体系の話が苦手で
映像だけでなく話だけでも聞いていると
気分が悪くなり
貧血を起こしそうになる

自分の血が抜かれて行く瞬間を直視できず

採血室では目を開けていても何も見えていないフリを通した
となりでも採血していて
どこを向いていればいいのか焦った

目に見える血液の赤色や液体感を確認しただけでも
目の前が暗くなりそう・・・なりかけた

アカギはコレを耐えているんだよな・・・
10年も(注:漫画の中では一晩の出来事)

殆ど死にかけというくらい血を抜かれていて
(何回も血液検査できるくらいの十分な量)
しかも麻雀が打てる(そしてワシズンに勝っている)アカギ(アカ様・神域)には
やっぱり
到底
敵わない

つくづく自分は凡夫だと思った

健康診断の結果は後日・・・

4/08/2009

今日は新装版「近代麻雀オリジナル」(以下「近オリ」)の5月号発売日

早朝のコンビニエンスストア(3店)では確認できず

午後になって本屋を回るも確認できず
夕方
コンビニエンスストアにて確認
コンビニ用漫画雑誌(廉価版)コーナーの棚に収まっていた
月刊誌なのに・・・

予告であらかた予想はついていたけれど・・・


月刊誌だけど
もう・・・
これは・・・
コンビニ用漫画雑誌(廉価版)扱いでよろしい
月刊・・・誌・・・???

「アカギ」と「むこうぶち」は再掲載
紙質の悪さが連載当時の雰囲気が味わえるとか・・・???
「アカギ」は単行本より収話数がやや多いので
(単行本9話:「近オリ」11話)
この形態で「アカギ」を集めていけば・・・
大体1年半くらいで既刊分に追いつく
というか
1年半以上
「アカギ」のデジャブを体験
「むこうぶち」に至っては(以下略)

デフレのこの時代にわざわざ500円払って・・・
エロ広告を読む為に??
「ワシズ」新作(唯一の描き下ろし)を読む為に???

「ワシズ」楽しかった
微妙に「アカギ」とリンクしているところが嬉しいし
鷲巣ファンにならざるを得ない
鷲巣の剛運エピソード
普通に麻雀している鷲巣様が拝めるのは「近オリ」だけ!!
これなら「ワシズ」も単行本になるのを待つよ
「近オリ」出す意味が分からない
「ワシズ」も「近麻」においでよ

思った

4/07/2009

買いました
取り寄せました
読みました



賭博黙示録&破戒録の「沼」攻略一歩前までをまとめたムック本
カイジをはじめ各キャラクターのプロフィールや性格分析
福本語録とも言われる名言・箴言集
「ざわ・・ざわ・・」登場回数や「運否天賦」と言った回数など
福本作品のお約束を丁寧に(?)調べ上げていて
これで
作者のインタビューがあれば文句なしっ・・・!

最近はファンサイトの内容が濃ゆいので
(行きつけの居酒屋情報から講演会のレポートまで)
「本になってまとめられている」ことの価値を
表現する・主張する・提案するというのは難しくなってきているなぁ
という感想も持った
(ファンサイトは愛情ゆえにやや踏み込みすぎるところもあるけれど…)

じゃあなんで自分は買ったのかというと・・・
(*ёωё*)
自重できない何かが・・・

映画化を前に盛り上がるのであれば
堕天録版も出してほしい
というか
「福本作品」でまとめてくれてもいいのに
と思っているくらい福本作品ファンになっている

4/06/2009

そして
麻雀ネタに戻ってくる



とはいえ・・・
元ネタに知らない麻雀漫画やアニメがある
雰囲気でなんとなく



4/05/2009

お勧めされたので見てみた
たまには
「アカギ/福本作品」や「麻雀」から離れてみませう

自分の好きなミュージシャンが・・・
嘘字幕秀逸
今から見たら明日の朝は起きられないかも・・・
マイリスト bbc MAD LIST‐ニコニコ動画(ββ)



4/04/2009

4月1日に購入した
というのは何だか嘘をついているみたいですが
本当に4月1日発売で
その日に買った

連載200回記念号なので
「倍プッシュ」の2冊買いも考えたけれど
今月は「近代麻雀オリジナル」も買わなければならないので

「天」が「アカギ〜晩年編〜」だとすれば
最近の「アカギ」は「ワシズ〜晩年編〜」
主人公が鷲巣

鷲巣サイドの情報ばかり
笑ったり
怒ったり
喜怒哀楽
豊かな表情を楽しむ漫画

乗っ取られた〜!!・・・という感じ

我らがアカ様はこの記念すべき連載200回も
大きな出来事だと思っていないらしく
殆ど登場せず・・・

麻雀・・・

アカギの神懸かった闘牌に酔いしれるのは
もう少し先・・・
もしかして夏以降・・・年末???

シゲル病初期から中期
自分絵で二次創作
腐女子な世界がゆっくりと始まっている

4/03/2009

買った雑誌

今年もダヴィンチコード???


高校生のとき
自分の友達は「仏像ブーム」でした
乗り遅れた・・・


CDがついてくるのがお得だよね〜

思ってしまう

4/02/2009

読んだ漫画
されど(?)福本作品フィーバーは続く・・・


福本作品好きの人の中で「名作!」という人が多い(ような気がする)
続きを待ちこがれている人が最も多い(ような気がする)

読んで納得

銀王様格好良すぎです・・・
赤木(40代〜)と銀王様は最強っ・・・♥♥

神威家の話は異質
(読者層を意識して容赦ない世界)
急に方向転換?(マネーゲームの話じゃなかったっけ???)
「何このバトルロワイヤル・・・???作者に何があったんだ?」と不安になった
ここまで森田頑張ったのに
ここまで頑張ったから?
力つきて・・・
引退って・・・mottainai

ずっと森田は銀王様の側にいるものだと思っていた
神威家の毒に当たったっていうか・・・
これは・・・
視聴率が落ちてきた連続ドラマの大胆なテコ入れ(第4話以降の展開)みたいで
この漫画でそれをすることが理解できない
銀王様のあきらめる姿が寂しい

そんなことしなくても十分に面白いのに
ちょっと仕事と距離を置いて
また戻ってくる
って読者と約束してくれてもいいのに
゚(゚*´Д ⊂グスン

裏世界で活躍して行く森田の成長を追う漫画だと思っていたし
森田の成長と森田の銀王様への尊敬や憧れの視点を通して
銀王様の悪者ぶりを堪能する漫画だと思っていたのに・・・

うだつの上がらないにーTもといダメ人間森田とサイヤ人銀王が組むという、
福本ファンにしてみれば赤木しげると伊藤開示がコンビを組む。

↑アンサイクロペディアの記事が面白い(参照:銀と金 - アンサイクロペディア

自分の感想・・・
「女uzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!」
こんなに女性登場人物が要らない(邪魔)と思った漫画も珍しい
(福本作品には珍しく女性キャラが物語にしゃしゃり出てくる)
差別されたのは何も神威家の四男と五男だけではありません






4/01/2009

読んだ漫画

アニメ第2期はいつ始まるのか?
もやもやしながら「賭博破戒録」を全巻まとめ買いし
一気に読んで(参照:02/28/2009_diary@erehwon)眼精疲労に悩まされる日々
・・・
今回も学習せず。
まとめ買いイッキ読み

映画化が好評であってもなくても
アニメ第2期、第3期はあるのか?
というか
このシリーズ(賭博堕天録)は最初から最後まで「17歩」
麻雀・・・
「天」のときの「二人麻雀」別ヴァージョン
今回は麻雀牌1セットあればご家庭でもカイジの気分が味わえます
ってな具合で・・・
(UNOにどんなルールをくっつけて勝負するつもりだったのか気になる・・・!!)

13巻で「17歩」決着ということで〆?
漫画はこの後どうなるの???

カイジの顔がだいぶん細長くなった・・・

初期

首が太かったり肩幅がやたらと・・・
そのバランスが目に留まると
不意打ちの「笑い」にしばしばページをめくる手が止まる

体型は相変わらずムチムチ・・・

復刊ドットコム