12/31/2008

2009年に向けて好きになった漫画

















真剣勝負を挑む1年にしたい
という気持ちだけはもってみる

12/30/2008

大好きな人が2次元になってしまった2008年が終わろうとしている
体力的にも精神的にも弱り果てた結果
3次元に期待することはなくなってしまった

凍てつく冬の寒さに
憧れの人を初めて直に観たあの日の思い出を
何度も重ねてみるのだけれど

自分に都合のいいように補完するには
2次元の人物を利用する方が何かと都合がいい
という永遠法則を導いてしまった

強く生きる

その一瞬の微笑みが虚構であっても
刻まれれば
何度でも蘇る
みたいなところで

誰に甘えるということはしないから
誰かに頼ることはしないから
自家栽培
自家製造
自家中毒
私一人で大丈夫だから
大好きな人のことだけを考える

相手が2次元なので迷惑ということがない
一方通行の
暴走しても違反にならない
情熱を
妄想を
燃やし続ける
むしろ
あなたを想うことで常軌を逸することなく
平静でいられる状態

12/29/2008


今年1年つきあってくれた「ほぼ日手帳2008」
のカヴァーを晒す
とは言っても
・・・
途中で
マイヒーローが交代したので
厳密に言えばこの画像は下半期のカヴァー
今年1年
大半はいとこサイトの画像通り
このカヴァーにしてから人前に出すことが
なくなった
さすがに
人前に出すときは冷静になっている
というか
常識人というか
オタク臭を周囲に嗅ぎ付けられないように
意識しなければならないことは
理解しているつもり

現実に存在していれば
自分は選ばれないことは百も承知で

それでも
だからこそ?
側にいて欲しいと思う

裏切らない存在だから
側にいつまでも会って欲しいと思うのかも知れない

ずっと側にいて欲しい
わがままが通る

実現した手帳となっている

機種変更したおかげで
写メの画像をブログにupした時
上手くいかない

世界で一番大事に思っている人への愛情

かなりピンぼけ

この世界に留まる

永遠に年を取ることがない
多くの人に愛され続ける
私のヒーロー
私が亡くなっても決して一人になることはないから
寂しい思いをしなくていいから

その事実を知っているから
私は安心できるはずなのに
全く引き離されてしまうそのときが来るのを恐れている
あなたの存在を
どこにも感じることが出来ない世界に
行く日が来ることを
今から悲しく涙している

私がいなくなっても
多くの人に愛され続けるのに

私があなたを想えない時が来ることが
考えただけで今からこんなに悲しく寂しくて
どうしてあなたのことを好きなのかと
それでもあなたのことを嫌いになることは出来なくて
涙が流れることをただただ事実として受け止めています

これが
私の気持ち全てです

あなたを大事に想う時
私はいつでもあなたに初めて恋したその瞬間に戻ります

どんなに年齢が離れても
私ばかり年を取り
あなたへの気持ちが形を変えていこうとも
核になる部分は変わらずあると思います

12/27/2008

落語特集はすぐ見つかるけれど
都々逸特集や講談特集はなかなか見つからない



前回

12/26/2008

本の特集の時は買う
去年と今年は
年末の企画として収まっている

登録してから気がついた
と同時に
去年購入したのを登録し忘れていたことにも気がついた



去年


その前

12/25/2008

特集がジャズだったので買ってみた
最近は東方ジャズアレンジ等も聴くけれど
ジャズというよりは
ゲームやアニメの音楽が多い

12/24/2008

頭痛がする
寒気はない
頭が痛い

原因が疲労か心理的なものか
どちらであっても

何も無いクリスマス前日

12/23/2008

胃に穴が開いて入院
という噂が一部あったらしい

1週間休めばそうなるか・・・

部署以外の人からも
「もう大丈夫なのか?」と体の調子を心配してもらう

社交辞令的なモノあるとはいえ
家族以外の人から
他人から心配してもらえるのが
こんなにも温かく嬉しいことだったのか
ということを改めて知った

それなりに友好的な人間関係が築けていた
ということで
ほっとした

ある意味今回の帯状疱疹は
疲労というよりはストレスの方が原因としては
大きかったのだろうと思っている

そのストレスは
人間関係に由来するもの
という具合に自分で納得させていたので
人の温かさに涙腺が緩む

家にいる時は痛くなかったのに
やはりあの人と一緒に仕事をすると
お腹の辺りがピリピリ痛む
気のせいか・・・????

異動なし?

本人がじつは辞めたがっているという話を聞いた
しかもかなり前から考えていたとのこと

だったらどうして・・・!!!

1週間も休まなくて良かったのではないかと思う
怒りが込みあげてくる

憎しみのまなざししか向けられない自分の
心の狭さ≒蟻の額

12/22/2008

明日から職場復帰
いきなり休日出勤からの復活

午前中に病院へ行く
快方に向かっている
ということなので
飲み薬は終了
塗り薬で徐々に治していく
通院も今回で終了

とはいえ
年内は無理をしないこと

釘を刺される

年末の忙しい時期に
(稼ぎ時だとういのに)
これだけ休んでしまって
懐の寒さは
外の気温以上に厳しくなる模様

率直に言えば
顔を会わすのがちょっと苦痛
体力よりは
心理的な負担が大きい

12/21/2008

前に自分がこんなことを書いていることを思い出して
引っ張り出してきました(リンク先が死んでた)
だから何?
です

03/16/2003_diary@erehwon

自分が前から知っているコンビが
全国放送で華々しく
輝かしい評価を受けると
何故か得意げになってしまう

上手い

巧い

面白い
のバランス

どのコンビを選ぶか
というのが決勝3組だったなぁ・・・

12/20/2008

読了した本


舞城 王太郎
Amazonランキング:218140位
Amazonおすすめ度:



読後の印象
一言で言えば

舞城版「不思議の国のアリス」

ところどころ
「羊たちの沈黙」か「ハンニバル」とか

12/19/2008

ひたすら自宅警備員な毎日を過ごす
タイミングよく「24」1stシーズンを借りることが出来たのは
暗闇の中の唯一の光

他にも何か出来ることはないだろうかと考える
そういえば・・・
時間があればやっておきたい
と思っていたことがあった

読みかけの本を読み終わる
買ったけれど全然読んでいない本を読む

ということ
背伸びしすぎて全然わからなくて読めなかった本
他にすることがないし
本でも読むか
・・・難しいけれど
難しかった

読了した本

クワイン(著),大出晁 ・宮館恵 (訳)
Amazonランキング:169831位
Amazonおすすめ度:



学生時代の英語の授業などで
和訳をする機会があって
単語をただ調べるだけではなく
より自然な日本語として読めるように意訳の練習もした
という記憶を参考に読み進めた

英語という言語の機能的な部分を
もっと理解できていれば面白い本なのだろうけれど
母国語である日本語についても
「言語」として取り組んだことがないので
文章の理解を近づける為に
例えば日本語でなら・・・

置き換えて考えてみようと思うのだけれど
ついていけなかった

残念

同じ意味でもどうしてこの言葉を選ぶのか
この表現を選ぶのか
その際の効果は

疑問に思い
その解決に繋がりそうな本ではないかと
購入した本の一つ

この流れで購入した本に以下の2冊
(一応今年読んだ本のリストには入る)

P. グライス
Amazonランキング:341970位
Amazonおすすめ度:




J.L.オースティン
Amazonランキング:144553位
Amazonおすすめ度:



コント師の言葉の使い方に興味があったので
こういう専門的な知識が身に付けば
分析が出来るようになるのではないかと
考えたのが甘かった

もっと初心者向けのところから始めなければ・・・
来年は・・・

こういう専門書は高い
元が取れない読書になってしまった

12/18/2008

とあるサイトでの星占い
今月の運勢

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まさに青天のへきれきというような、
大どんでん返しが起こるかもしれません。
仕事にもプライベートにも起こりうる可能性は否めません。
せっかく調子が乗っていたのに、
それが覆されるようなことがあったりして!? 
また、思わぬところでコケるなど、失敗をする恐れもあり。
だけど、それをどう受け止め対処するかがあなたの腕の見せどころです。
失敗をチャンスに変えることで、
逆にものすごい幸運が舞い込んでくることだってあるのです。
ですから、予期せぬ出来事にも臨機応変に対応できるよう、
日頃から気持の準備をしておくことが大切です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

普段は当たらないのに
今月は大当たり

大コケ中

日頃から気持ちの準備・・・をする前に
始まっていた大コケ時代

思い込みかも知れないし
ここから自己暗示で泥沼にはまり込むパターンに
なりそうというか
なっているというか

12/17/2008

1週間仕事を休めと言われて
「あの人のせいで〜?
どうしてどうしてどうして・・・・」

ずっと頭の中でぐるぐるしていた時に
買った本

立ち読みした時は
面白そうだと思ったし
今の自分の悩みを解決してくれる糸口に
即繋がるだろうと思った



いざ
読み始めると
そうでもなくてなんだか読み進めるのが億劫

というか
そういう読み方をする本ではなく
適当にパッと開いたところの設問に
いきなり答えてみる
そういう頭の体操の本だった

これを買うなら
以前から読みたかった本を選べば良かったかも

・・・
自分の選択がこれほど
頼りなく
無駄で

何やってるんだろう

12/16/2008


観に行った話
(外出禁止と医者から言われたにもかかわらず
「休養」という意味でOKと自己判断)

『冬の絵空』
大阪公演
本日が千秋楽
(写真は翌日撮ったもの)

杮落とし公演
劇場がキレイすぎて
開演までなんだか落ち着けなかった

広さは兵庫県立芸術文化センターの中ホールくらい?

会場の話はさておき

座席の関係上
音楽が大きく聞こえすぎて
始まってすぐの台詞がいくつかよく聞こえなかった
「え?今なんて言ったの?」
置いてけぼり
台詞が自分の座っている側とは反対の客席にだけ
響いているような感じ

あんなところ(上)に人が立っているけど
顔が見えない(誰?犬?それとも・・・?)
下に降りてきた時に
実は他の犬の人達とは違うことがわかった

確か自分の購入したのはS席なのに
舞台演出上聞こえにくいことや
見えにくいことがあるなんて
やや不満・・・

最初は舞台を(気持ちの上で)やや遠くから観劇

忠臣蔵の話は
年末ドラマや大河ドラマで見たことがあるので
知っていた
それだけに
作者の想像力と
演出家の創造力にびっくり

演劇、舞台、芝居
と言ってしまえば
こういう(実は生きていた、実は仕掛人がいたという)忠臣蔵を
作ることもアリなのだと

自分はまだまだ
演劇の
舞台の
無限の自由
無限の開放

わかっていなかった

思った

一生懸命生きるために「嘘」に飛び込んだ人
一生懸命生きるために「生きること」に拘った人
「武士道」を基準にすると
武士は潔い死に場所を選んで死ぬことが生きることで・・・

イミフ

12/15/2008

病院に行った
「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」と診断された
1週間外出禁止と言われた
人に会ってはいけません
って・・・

20〜30代にも多発! 帯状疱疹 - goo ヘルスケア

過労とストレス
思い当たりすぎてコトバが出ない・・・

「あの人のせいでしょ?それは。」
相談にのってくれていた先輩方にメールをすると
そんな返事が返ってきた

それも重なったのは確かだけれど
過労もあります(苦笑)

さらに返事のメールをした

・・・
いい人演出してる?

正直なところ
治療費半分ぐらい出して欲しい
誰のせいでこんなことに・・・と相手のことを
思い浮かべて責めてみた
目の前にいるわけではないし
(本人の前では絶対言わないし)
ここで大きな声で責めたところで
届かないわけだから
家にいる今だけはわがままになってみる

胃潰瘍ではないのでちょっと安心
帯状疱疹も後遺症が残れば辛いらしく
過労が引き起こしたとすれば
十分な休養を取ることを怠った自分の健康管理は反省しなければならない

ついつい夜更かしして
ネット
漫画
しちゃうんだよね〜
次の日があるというのに・・・

落ち込み過ぎ
悩み過ぎてしまう
この性格ともう少し上手く器用につきあう方法を
見つけたいものだけれども

12/14/2008

「自分の夢実現を邪魔する者は親でも社会でもない。
自分の怠惰である。」
(漫画家アシスタント第2章 その2(縮小版) - 漫画家アシスタント物語 第2章より)

手帳に書き込んだものの
自分の夢は手帳には書いてなかった

実現したいことを完了形で書けば良い
というのを
手帳活用術の本で見た(立ち読み)

「24」を最後まで見る?
読みかけの本を年内に読み終わる?

そういうことばかりすぐ思いつく
本題に近づくのが怖い

12/13/2008

「24」は続きが気になるので
どうしても途中で止めることが出来ない

思っていたら
目が疲れてきたのか
画面を見ているのが
だるくなってきた


ストップ

すると
寝込んでしまった

目が疲れて開けていられないらしい
昼寝のような仮眠をとった

食べ過ぎ
とか
飲み過ぎ
とか
しばしば
繰り返す
自分が思っているより限界が来るのが早いみたいで
それが自覚できていないせいか
「喉元過ぎれば」状態
3歩で忘れる鳥頭
コケコッコ

「24」以外で見ているモノ
読みかけの本をほったらかしてブログを読む

漫画家アシスタント物語(縮小版)
漫画家アシスタント物語 第1章

漫画を描いている人みんながみんな
プロの漫画家になるわけではなく
趣味で漫画を描く人もいるし
漫画への情熱(愛情)を表現する方法はそれぞれ

続けることは一つの才能だというけれど
20年以上アシスタントを務めれば
プロのアシスタント
アシスタントの才能があるということなのだろうか

漫画を描く(つくる)才能を持たない人間が
漫画を描くことで収入を得る→プロになる
ためには
ぶち当たる壁が大きすぎるし多すぎる

センスは磨けばいい
才能は・・・どうしようもない

厳しい現実を見せつけられる

共同作業が出来る人
出来ない人の話なども
漫画業界に限らず
参考になる部分もある

漫画家とアシスタントの関係も
漫画家によって違うのかも知れないけれど
アシスタント経験がプロへの近道

何となく思っていた自分にはショックが大きい現実

各記事、最後には「血の教訓」というのがまとめられてある(ないこともある)

「自分の夢実現を邪魔する者は親でも社会でもない。
自分の怠惰である。」
漫画家アシスタント第2章 その2(縮小版) - 漫画家アシスタント物語 第2章より)

うわぁ〜・・・
orz

12/12/2008



ネットサーフィン中に見つけた
いいまつがい (内田樹の研究室)を読む

ヒントが見つかったような・・・

胃が痛いのだと思っていたら
腹部に虫に刺されたような
かぶれたような
かゆみと痛みが伴う吹き出物がたくさんできていた
何コレ?

明日から3連休なので
借りた「24」でも見ながらのんびり過ごす

12/11/2008


=======================

自分に理解力が無いことを苦痛に感じる為には
既に相当の理解力がなければならない。

ジード(仏・作家)

=======================

今日ネットで見つけたコトバ

苦痛
・・・
本当に胃の辺りが痛いのだけれど

孤立させたくない
早く仕事を覚えて欲しい
自分の教え方では無理

どちらかというと
自分を責めてしまう

などと思っていたら
注意力が欠けて
ミスをした

悪循環

12/10/2008


昨日新しいことを教えたら
今日は
今まで出来たことが出来なくなっていた

ふりだしにもどる

12/09/2008


胃の痛みが強烈な一日となった

胃を痛める代わりに爆発する何かが出来れば良かったのに

周囲からの不満が日に日に濃くなる

作業中にふと手を止めて
「怒ってるんですか?」

訊かれたらしい
「なんでそんなこと訊くの?」
と尋ねたところ
「今日は一度も口をきいてくれないから」
と答えたらしい

そんな風にしたのは誰?

「○○さんって大人しいけれど
家でもそんな感じ?」
「いえ、家ではもう少し声が大きいです
よくしゃべります」
「ここでの愚痴とかもいうの?」
「はい」
「・・・。」

どうしてそう言うことが言えてしまうのだろう?

どんどん周囲が離れて行っていることに気がついていない

1ヶ月経っても初日に教えた仕事が
なかなか覚えられずにいる
それでも
1ヶ月経ったので作業の流れがある程度は把握できただろうと
次の段階へ進めることにした
そうでないと
本人も単調な作業ばかりではしんどいだろうし
まだ覚えていない
ということで周囲がカヴァーするのもソロソロ限界
(覚えていないから仕方が無いという気持ちより
一緒に仕事をするのが我慢ならないという気持ちの意味で限界が来ていた)

またメモ・・・
一応はメモを取る
役に立たないメモをとっている

12/08/2008


胃の辺りが痛い?

オンタイム(仕事中)は顔を合わせるので
我慢する(←「我慢する」という言葉を使う自分に苦笑)
できればあまり一緒にいたくないかな・・・

思ってくる

職場内のオフタイムでの出来事を聞く
お昼を一緒に食べる人がいない
ということで
チームの中で世話好きな人が
自分がお昼食べているグループの席に
一緒に座らせた

テーブルに肘をつき
グループとは反対向きに体を向けて
(顔を合わせようとはせず)
昼食を始めた

それから約1ヶ月
仕事中の不満と
昼食での不満が最高潮に達し
爆発

「それなら最初から一緒に食べるのを断って
一人で食べればいいじゃない
他にも空いてる席はあるのだから!」
友達もいないみたいだから
これをきっかけにお互い知り合いになってくれたら
という彼女の期待も消えた
逆に
顔を見るのも嫌だ

世話ずきな彼女がその席を離れることになった

どういう意味でこんなことをしてくれるのか
ということを考えはしないのだろうか?

かと思えば
グループ全員が揃うまで
お弁当を食べずに待っていたこともあり
「先に食べていればいいのに」
と言ったところ
「ここで食べていいんですか?」

訊いてきたらしい・・・
一緒の席になって2週間ほど経ってからの話

もう一つ考えなければならないこと
感じ取らなければならないことが
あるのではないか?

自分の最初の頃に似ていると思っていたけれど
この辺りは違う
自分とダブらせて見てはいけない
けれど
一人にしてもいけない

じゃあ
どうすればいい?

何が出来る?

誰の為に?

12/07/2008


メモはまず自分が理解できるように
書き留められているものであればいい

他人に見せるものではないし

もし
他人に見せるのであれば
見せても大丈夫なように
読みやすくする必要があるだろう

けれど
メモは最低限
あとで自分が読み返せるようにしてあればいい

読みにくければ
家に帰ってから書き直せばいいし
そのとき
作業手順を思い出すのだから
自分がどこまで覚えていて
どこから覚えられていないかわかる
次の日にでも質問、確認すればいい

というのが
メモのメリット

人の話をメモを取りながら聴く

メモを書くことに集中して
話を聴くことが出来なくなる
というのがデメリット・・・
でもそれも
意識する、訓練すれば
聴きながらメモが取れるはずで・・・

「どこに書いてあるかわかりません」

まさか
そんなことを言われるとは思いもしなかった

自分で書いた字が読めない
(実際字は汚い)
言われたことを書くことが出来ない
ゆえに
(単語が並べられてあるだけで文章として)整理されていない
だから
どこに書いてあるかわからない
わけだし
いつまでたっても覚えられない

役に立たないメモを書いてどうする?
それならメモを書かないで
その書いている時間を
説明してくれる人の話を集中して聴くことに充てた方が
作業が覚えられるのではないかと思った

「はい、はい」

何度もうなずき
閉じられることがない口からの言葉

相変わらず
役に立たないメモを書いている

相変わらず
自分でも読めないメモを広げている

相変わらず(初日からずっと)
同じところでつまづく

誰に言った言葉だっけ?
その方がいいと思ったから
一応提案したのだけれど
こちらの意図も方法も伝わらなかったようで
却下された

それでも自分のやり方を通すなら
とっとと覚えろ!
いつまでたっても出来ないから
そのやり方を止めろって
こっちは思って言ってるんですけど!!

忙しくなればわかるかなと
僅かに+の予想を残しながら

とはいえ
次第に
「はい、はい」の2回返事の生返事に苛立ち
腹立たしさを覚えていく

「あの子に話をしているとどんどん腹が立ってくる」
という不満が周囲から出てくるようになった
一緒になって不満を言うのは簡単だけれど
孤立する寂しさや居心地の悪さを知っているので
大人数対一人にはしたくなかった

「今までの人よりちょっと時間がかかるタイプみたいだから
もう少し待ちましょう」的フォローを挟む

覚えてもらう為に
どういう教え方があるか
考えが足りていないのだと思う

覚える気があるのだろうか?

周囲から出てくる声
毎日同じことを言われているのに
一向に覚える気配がない

そういうふうに見えるけれど
続けたければ覚えないといけないのだけれどなぁ・・・

12/06/2008


自分の最初の頃とダブって見えたので
どうしても見限ることが出来なかった

ここのところ自分の最初の頃をずっと思い出している

声は小さくて
自分から動くことが出来なくて
誰かが指示をくれるだろうと思っていた
何度も同じことを訊いて
時には相手の作業中のてを止めて
訊いたこともある
それでも言われた通りに出来なかったことがあった

それでも
周囲の人は自分を「必要ない」と言わなかった
辛抱強く耐えてくれてたんだなと
自分が教える側の立場になった時わかった
あのとき
さっさと「使えない」と判断されて
クビになっていたら
今の自分はないわけで

今の自分

趣味がこんなに広がって楽しんでいる自分も含まれる

今の楽しい生活が出来るのが
あのとき辛抱強く教えてくださった方々の
善意(忍耐?)から始まっている
と思うと

そのお礼は
その人達の気持ちを裏切らないこと
仕事の手順を守る
であり
それを新しく来た人に同じように教えること
だと思っている

気がついたら
長いこと在籍していて
(辞めて行った人も多く)
教わる立場から教える立場に変わっていた
教える機会が増えて
ようやく手順の意味がわかったこともある
教えたことを伝える際に
作業の問題点が見えたこともあった
そこから
どう教えれば少ない失敗で
手順をしっかり覚えることが出来るか
という自分なりの教え方を作ることも出来た

教えることは
相手のわからないを教わることだと知った

教えることが
教えてくださった方々へのお礼だと思った

だから
今回も
同じようにできると思っていた

現場の雰囲気に馴染みにくいのは
緊張しているからだというのは
自分の経験からわかっていたし
似たような作業が多く
それが失敗につながることも
今まで教えてきた経験から知っているし
そもそも一度で完璧に覚えられた人などいない
間違えながら少しずつ覚えていく
他の人の作業を見ながら覚えていく
そういうものだとわかっていた

ので
問題は時間ぐらいに思っていた

今回は
全く・・・
時間だけの問題では無かった

最近は入って来た人には珍しく
メモを取りながら作業を覚えようとする姿勢に好感が持てたので
作業の覚えが今まで教えてきた人達より
やや遅いことも気にしないことにしていた

メモを取る姿勢が
形だけだとわかるまでは・・・

12/05/2008


だったハズなのになぁ・・・

最初は「なんだかコントみたい」だと思えた
距離を取って見ることができたのに
最近はそれが出来なくなっている
「笑い」に変換することが出来なくなっている
ただただ不愉快な気分が募っている

自分の悩み事になってきている

違うところにいる人に話を聴いてもらうと
「そんなコントみたいな・・・」と言われた

そう
最初は「コントみたい」と自分も思っていたのだ
今でもそう思えば少しは気分が紛れるものの
それだけでは状況が変わらない

自分も変わらなければならないし
相手も変わってもらわなければ

「教える」ことの難しさを感じて滅入る

今まではこれで出来たのに

通用しないと
結構動揺するもので

動揺している自分を
どう操縦するか

相手のこともあるけれど
まずは自分をもう少し動かしやすく設定し直す
その目が曇ったのか
何処かに行ったのか

12/04/2008

半額セールだったので買ってしまったDVDのことなど



この作品(「太陽」)は4本ぐらいまとめて並んであって
「もしかして売れずじまい?」など
ちらっと思って
自分に買ってもらえる日をこうして待ってくれていたのではないかと
思ってしまった

機会があれば欲しいと
(イッセー尾形の公演DVDと迷うところだけれど
映画であれば、「太陽」が一番、というかコレしか観ていない)
以前から思っていたので
いつも利用するCD店ではないけれど
(それゆえ、ポイントのことが脳裏をかすめる)
「半額セール」だし・・・

2本購入
どちらも一度は観ている作品
(「太陽」:11/23/2006_diary@erehwon

こちらは↓大分昔にレンタルして見た
ミュージカル版を観てみたいno.1作品


いつ見るかは未定
正月休みとか?

今月の書籍代
コレにて終了???

12/03/2008

実は昨日の本と一緒に買った本で
一日一冊というわけではないのだけれど
今日のネタに持ち越した

背表紙の「本(の)本」と見えたので
(「の」はこちらが勝手に補って見えていた)
随分ふざけたタイトルの本が出たなと
思って通り過ぎかけた
表紙が見えたとたん
このキュートなお坊ちゃんは・・・
まさか・・・
「!」驚いた
慌てて確認
本 秀康さんのイラスト集だった

絵が懐かしい感じでそこがかわいい

「気になるイラストレーター」であり
一応「好きなイラストレーター」でもある
はずなのだけれど・・・

ネット書店のショッピングカートに
「いつか買うぞ」と入れっぱなしだったはずなのに
いつの間にか削除していたようで
なくなっていたので
自分の頭の中からその名前も作品も消えそうになっていた

今、表紙を見たとたん
「やっぱり好き!」とスイッチが入った
このタイミングで買っておくしかないだろう
そうでなければ自分の本棚に収まる日は来ない
と本気で思って購入

杉浦茂先生に触れている部分があって
そのつながりを知ることが出来て嬉しいおまけつき

12/02/2008

表紙に惹かれて購入
買って読んでから興味を持てばいい

思ったので

作品集まで手が伸ばせない貧乏な自分には
この1冊でこの値段で
代表作
交友関係
略歴
など
まとめてあるのが嬉しい

とりあえず
わかった気になってみる

12/01/2008

今日は平日なのに
お休みだったので

というか12月だった
12月が始まった

気がつけば1年がまた終わろうとしている

早い

12月自体は長く感じられるのだけれど

今月は芝居を観に行く予定を1つ入れているだけで
ライブはないなー
年末にいろいろあるみたいなのに
行かないなー

テレビで見る紅白ぐらいか?(あれをライブと呼べるのか?)
あ!
裏番組を見るつもりだったっけ

今日もほぼ日手帳2009と遊んだ
何縛りにしてたっけっていうくらい
偏ったテーマになってきた

カバーの色の決め手が決め手だから

別名「腐女子手帳」

復刊ドットコム