9/30/2008

購入した雑誌


表紙画像は
(肖像権に厳しい事務所に所属の)
某アイドルグループの方もいらっしゃるので
NGか???


その記事が読みたくて購入したのではなく
片桐さんが載っているということで購入
P.P.P.P.#13『審判員は来なかった』の話
共演者の小林高鹿さん(小林高鹿というのはどうですか? - livedoor Blog(ブログ))とのインタビュー記事


ベントラー・ベントラー・ベントラー』の公演情報も
後藤ひろひと&松尾貴史両氏へのインタビュー記事も
ありました
なんだかお得な気分

9/29/2008

KENTARO KOBAYASHI WORKSより
KENTARO KOBAYASHI WORKS | messageの更新

08.9.28 [SUN]
K.K.P.#6 『TRIUMPH』福岡公演が終わりました。
ちょっと来づらいあの会場に足を運んでくれた皆様、
ありがとうございました。
東京初日から数えて26公演、
僕たちはいつも、
その時点で出せる最高のパフォーマンスを目指してきました。
だから、昨日より今日、今日より明日と、全部が違うライブになっていくのです。
『TRIUMPH』はここ福岡で、
僕たちが予想もしていなかったステージになってきました。
僕たちの全力と、
お客様の驚きや笑い声が見事にハモって、
電飾以上に輝いていたと思います。

ラスト3公演、
大切にしようと覚悟を決める。
札幌の皆さん、よろしくお願いします。

賢太郎



























9/28/2008



『悪夢のエレベーター』大阪公演
千穐楽

ということで
感想
(参照:2008/09/28_Blog@monty-pop: 某コントユニットのソロ活動9月締めくくり

一体1年に何作品出るつもり?
どんだけひっぱりだこ?

今まで演劇観劇の経験が少ないため
この頻度が多いのか?
当たり前なのか?
少ないのか?
全く検討がつかないのだけれど

それでも
普通に
ラーメンズファンとして
単純な感想を言わせてもらえるならば

2ヶ月に1回
大阪(関西)で片桐さんの出演する芝居

観られる幸運は
この上ない
(podcastの補完です/podcastは補完です)

一作品ごとに
役者の演技に磨きがかかっている
のかどうかは
プロの評論家に任せて

片桐さんが舞台にいる
ということだけで
何かややこしく
でも
面白いことが始まる
動きだす
動く
ということは分かる
そういう役割

口調は一般人っぽいのだけれど
見た目が特殊なだけに
登場すると
舞台の
物語の世界が
日常と少しズレたところで
「妙」
になっているのだなと
(ただの舞台からある物語の芝居の為の舞台へ)
目の前の情報が上書きされていく

次回のラーメンズの公演では
小林さんの脚本で
演出で
どんな「片桐仁」が観られるのだろうか
期待は膨らむ

自分実況
&解説で
ほぼ片桐さんロックオン状態のまま観劇

前回(07/27/2008_diary@erehwon)に続いて
今回もおじいちゃん仁さん登場

マンガチックな・・・

吉本新喜劇の「竜じい」を思い出した
まだまだ「竜じい」には敵わないけれど

片桐さんと関係ないところで言えば
「ロシアの・・・」のクダリや
「あなたとは・・・」など
時事ネタが入る辺りは
さすがあの軍団の
演出家だなと
そちらの意味でも笑いがこぼれる

吹越さんはテレビドラマでときどき見ていたけれど
舞台で観る方がずっとずっと面白い
ソロ・アクト(フキコシ・ソロ・アクト・ライブ)
知っていたけれど
それほど興味があるわけではなかったので
スルーを決め込んでいたのだけれど
ちょっともったいなかったかも

反省
こんなに(あんなに)
舞台の空間で自由に(?)遊ぶ人だったとは
(あの関西弁は目を瞑るとして)
あと2人が若手だったこともあり
経験の差が出た

次回
縁があれば是非観てみたい

思った

小説でもテレビドラマでも映画でも
二転三転と
状況が変化して次が見えない
という話はもともと好きで
それが
舞台になると
空気を体感している分
心拍数が尋常じゃない
緊張感
ラストを知った衝撃も
安堵感も
興奮でひとまとめ
なので
観劇後のテンションの高さは自己新記録

だから
観劇が止められない

次は
『冬の絵空』で時代物の片桐さんを観る予定

9/27/2008

買った雑誌



服は高級感があるスタイリングを
提案しているし
家具もオシャレでカッコいい作品を
紹介しているのに
肝心の「笑い」の特集は
物足りなかった

服にも家具にも食事にも
お金をかけて
品質を味わう余裕の雰囲気がある
そういう男の人に
個人的には
劇場(文化施設)に足を運んでもらって
芸術(←大げさ?文化/カルチャー)を
楽しんでもらいたい

テレビの「笑い」も知ってるし
舞台(演劇/演芸/コント・漫才)の「笑い」も知ってるし
映画の「笑い」も
読書(活字)の「笑い」も
海外の「笑い」も
教養の余裕
知識の海をくつろぐ余裕で

この本↓も紹介されていた(もう読んでるし)


おすすめの本やDVDが
ちょっと役立ちそう

こっちも勧めて欲しい


考え方の一つとしてアリ↓


茂木先生のお話(p.64〜)
決まって出てくる
(ダウンタウンの松ちゃんとの対談でも
ラーメンズとの鼎談でも出てきた)
『進化論』と『笑い』の関係





これ↓を読んでフォローした


検索中に見つけた
参考になりそうな本↓

???

9/26/2008

新潮文庫の「Yonda?」
応募締め切りが過ぎてしまった

最近
文庫で読むことが少ない
っていうか
本を読んでない

読みたい本リストを
晒しているのに

9/25/2008

今日から
『悪夢のエレベーター』大阪公演スタート

『悪夢のエレベーター』
大阪公演9/26(金)19:00公演終演後、
出演者4人によるトークイベント決定!!

●公演期間 : 9月12日(金)~21日(日)/東京公演 シアタートラム
      9月25日(木)~28日(日)/大阪公演 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ  

●原作・脚本 : 木下半太 小説『悪夢のエレベーター』(幻冬舎文庫)より

●演 出 : ダンカン

●出 演 : 吹越満 片桐仁 中村倫也 高橋真唯

●料 金 : 全席6,000円



見つけた動画
タグの「片桐仁」「ラーメンズ」を見て
PV出演かと思ったら・・・



もう一つ気になるタグ→「出オチ」

納得

あ!

9/24/2008

何度も読み返しては
この人の見ている世界と
観客にみせてくれる世界
(自分が確かに観た世界)が
リフルシャッフル (Riffle Shuffle)
されていく
もちろん
元には戻らないけれど・・・

KENTARO KOBAYASHI WORKSより
KENTARO KOBAYASHI WORKS | messageの更新

08.9.20 [SAT]
K.K.P.#6 『TRIUMPH』広島公演2days、終了。
ご来場ありがとうございました。
広島では何度か舞台を踏んでいますが、
今回の公演でやるべき課題が見えた気がします。
この街で、もっと積み重ねたいと思いました。
これからもよろしくお願いします。

次は福岡です。
気合い充分。

賢太郎



9/23/2008

昨日の続き
今日はDVDメインで



内容紹介(amazon.co.jpより引用)
チャールズ・イームズ生誕100周年記念!
「アメリカが生んだ最も重要なインダストリアル・デザイナー」
チャールズ&レイ・イームズ イームズ夫妻の映像作品集大成が国内初DVD化!

【商品仕様】
●DVD4枚組
●デジパック仕様
●ブックレット封入(解説:小柳帝 20P予定)

【ディスク1内容※既発売「Eames Films チャールズ&レイ・イームズの世界」(発売元:アスミック)と同一内容です。】
●パワーズ・オブ・テン
●パワーズ・オブ・テン:ラフ・スケッチ
●ブラックトップ
●カレイドスコープ・ジャズ・チェア
●ハウス:ケース・スタディ・ハウス#8 5年後の世界
●おもちゃの汽車のトッカータ
<特典>
●ドキュメンタリー『901:チャールズ&レイとイームズ・オフィス 45 年後の記憶』

【ディスク2内容】
●デザインQ&A
●IBM マスマティックス・ピープ・ショウ エラトステネス 幾何学 シンメトリー 関数について 2のn乗
●ポラロイド SX-70
●コペルニクス
●ファイバーグラス・チェアー
●「もの」について
●追いかけっこ

【ディスク3内容】
●コマ
●IBMショウ
●コンピュータ用語集
●イームズ・ラウンジ・チェアー
●空港の拡張
●ケプラーの法則
●パン
●小さなクラゲ(ポリオーシス・ホプラス)
●コマ(「スターズ・オブ・ジャズ」より)
●黒船

【ディスク4内容】
●メキシコの祝祭~死者の日
●S-73(ソファ・コンパクト)
●バベジ
●α
●指数
●ソーラー何にもしないマシーン
●水族館(国立漁業センター&水族館)
●パレード
●版図


ディスク1でもあるこちらは↓購入済み

イベントで観たのが影響大
(参照:04/02/2005_diary@erehwon

同じのが2つもあることになるけれど
どういう括りで存在するか
と問うならば
答えは全く違うので
購入を断念する理由にはならないのです
・・・



もう1本のDVDは
持っていれば
アーティストっぽく見られる?
オシャレ系な人間に思われる?
な理由から欲しいなと思っている



ヴィレッジ・ヴァンガードの本棚に
ときどき似ている(かも、と自分でも思うし他人にも言われたことがある)
我が本棚のラインナップ
(未来のラインナップも含めて)

9/22/2008

夏の散財
しっぺ返し

諸般の都合で身動きとれず
いわゆる
「四連荘めは一翻縛り」みたいな話(古すぎるたとえ)
・・・
実際は
そうでもなく
こうでもなく
ああでもないけれど
まだ9月
もう9月
あと3ヶ月

読みたい本は次々溢れ
見たいDVDも上に同じ

リストとして
挙げておく





自分としてはこのジャンル
絶対読まない
と思っていた
こちらは
マイペース
マイウェイ
ingな生き方まっしぐら
であって

いわゆる
テレビドラマにありそうな
ビジネスマン
とは縁遠いレベルの生活を送っているので
組織の中での自分の動かし方
グループ内での身の処し方
など
必要ない話

タカをくくっていたのだけれど

なんか
ヒントが欲しい

ふと思った

その時に
今まで読んだことの無いジャンルから
お言葉を頂くのもありかも知れない
と考えている今なら
受け入れられる

思った

好きな本
興味がある本ばかり選んで読んできて
一応
今の自分の姿勢
モノの感じ方
見方
というのが出来上がったわけだけれど
そのパターンに自分が飽きてきたこともあって
ちょっと違う方向からの
刺激やひらめき方に触れてみたい


それなら
今まで敬遠してきたジャンルに
手を出すのが
荒療治かもしれないけれど
本から得るわけだし
体力的に日常生活に支障を来すわけではなかろうと
(精神的なダメージの方が大きくなっても???)

・・・
いろいろ
想いを巡らせても
まだ予定の段階で
動くかどうかは
財務省次第

これらの本を読むことで
自分に
どれだけの効果が
どの時期に表れるか
予想すると
・・・
読めなくなるかも

9/21/2008

「叙情と闘争」辻井喬*堤清二回顧録
読売新聞9月20日(土) 

35. 芝居と現代音楽

「安部さんにとって芝居っていうの
は何ですか。僕の経験だと、原作がい
いと舞台を見てがっかりすることが多
いんだけど」
というと、彼はいい質問をしてくれ
た、とでもいうように、ニヤッと表情
をゆるめて、
「そこなんだよ、人間の身体ってい
う極めて限定されているとおもわれがち
なメディアを使うことで、活字では考
えられない空間が生まれる。いい加減
な解釈と演技で舞台に掛けられるのは
敵わない、全く敵わない」





9/20/2008


今日届いた

一枚の葉書

請求書?
(未払いあったっけ?)
注文の確認?
(まだ何も注文していないはず?)

よくよく文面を見ると
「ほぼ日」のアンケートに答える
という遊びに参加したので
その記念品

葉書の裏一面
シールになっている

「特製ステッカー」と
書かれているけれど・・・
「シール」って言ってしまうなぁ



似顔絵微妙
と思いつつも
憧れの人とのツーショット(グループ撮影?)を
疑似体験ができただけで
結構嬉しかったのに
こんなカワイイ記念品までもらちゃって
思いがけず
降って湧いた幸運petitに
小躍り

多分
もったいなくて
使えないで
そのまま額にでも入れて
部屋に飾ることになりそう
(プレミア待ち???)
庶民というより貧乏性



MIB(メン・イン・ブラック)に取り囲まれている異星人のイラスト
ではなく
ラーメンズのお二方と管理人(異星人には違いない?)の
記念撮影風イラスト
いとこサイトのプロフィールに使用中
このサイトでは初お目見え

9/19/2008

どうして
画集や写真集というのは
やたらと
大きくて
分厚くて
値段も立派なのだろう

全世界15000部限定
とか

何ソレ



本に限った話ではなく
DVDなどはもっともっと



Blue-rayになったらなったで
また作るはずで・・・

9/18/2008

読んでみたい本
(和書)


内容紹介(amazon.co.jpより引用)
地球的規模の核戦争後。人びとは、汚染された地表から地下へのがれ、
完璧に全体主義的な警察管理体制のもと築き上げられた〈世界国家〉の同輩兵士として暮らしている。
言動を監視する〈眼〉と〈耳〉が職場や住居にはりめぐらされ、
夫婦や親子の絆は捨て去るべきものとされる。
情愛と忠誠の唯一の対象は〈世界国家〉でなくてはならないのだから。
模範的同輩兵士で、化学者のレオ・カールは、
その液剤を注射されると心の奥底に隠された思いや感情を吐露してしまう自白材〈カロカイン〉を完成させる。
人びとの思考や感情の統制までも可能にする〈カロカイン〉の発明によって成功への階を着実に昇ってゆくかに見えたレオ。
強いられた自白はしかし、やがて思いもかけない方向へと展開をみせる・・・・・・
20世紀スウェーデンの国民的詩人ボイエの、散文の代表作。


似ているな・・・
と思って

9/17/2008



写真
左側『TAKEOFF』ポストカード


右側『RENT』


Eの文字
フォントが似ているので
並べて撮影

見にくい・・・

9/16/2008

KENTARO KOBAYASHI WORKS | messageより

08.9.15 [MON]
K.K.P.#6 TRIUMPH神戸公演
無事終了しました。
ご来場ありがとうございました。
オリエンタル劇場にトライアンフのセットはよく似合ってました。
トライアンフはこの一週間、居心地が良かったことでしょう。
舞台作品は生き物です。
ここ神戸でも、皆様のおかげですくすくと成長しました。
次の広島にも、とてもいい状態で持っていけそうです。
今から楽しみでなりません。

賢太郎

======================
m(_ _)m

このコメントを読むと
もう終わってしまった
もう(神戸では)観られない
という
現在完了形の大きな喪失感
寂寥感

ガックリくる

9/15/2008



K.K.P.#6『トライアンフ』神戸公演
千穐楽
ということで
ようやく感想めいたものを
(参照:2008/09/15_Blog@monty-pop: The Wizard and I

今回は2回(2公演)観劇した
前回K.K.P.#5を観劇したとき
小林さんの作りたい「演劇」が
自分が期待していた「演劇」(3人以上のラーメンズ)
ではなかったので
(いとこサイトの管理人の気持ちで言えば)
なんだか物足りない感じもあった

それまでにDVDで予習していれば良かったのだろうけれど

直で
肌で感じる
感覚を優先

した結果・・・
それが
前回は「楽しい」「面白い」に
結びつきにくかった

とはいえ
小林さんの作りたいモノは
「3人以上のラーメンズ」
ではなく
「笑い(≒コント)」と「演劇」の真ん中
(参照:ラーメンズコントライブ 演劇と笑いの真ん中 : 笑い : 舞台 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「エンゲキ」っぽいモノ

捉えることで
一応の満足 
区切りを付けた

そのおかげで
今回は楽しかった
面白かった

2人の役者と
2人のパフォーマーによる
舞台

役者二人はさすが「役者」
脚本家の言葉を見事に表現

言葉の使い方(組み合わせ方)に
小林さんのクセがあるのがよくわかった

役者を通じて
小林さんの言葉が生きた人間の言葉として
劇場を駆け回る
というか
もう
小林さんが降霊したかのようにも見えて
「小林賢太郎の笑いの世界」を
よくよく分かっていらっしゃる役者さまがた
だと
お見受けいたしました
(過去のK.K.P.未見で残っているので
こういう印象です)

ところどころで
披露されるイリュージョン
ストーリーの流れを
ちょっと切ってしまうかなと
思って観てしまった
(段取りの動きに見えてしまって・・・)

舞台に2人のパフォーマーが立った時は
もう
イリュージョンタイム

「Potsunen」でそのネタ
近いのを観たぞ
という記憶が・・・

=====================
「サーストンの三原則」

1.あらかじめ演じる現象を話さない
2.同じマジックを2度繰り返さない
3.タネあかしをしない
=====================

・・・
reprise

ファンサービス
ということで
それはそれで嬉しい

今回は「Potsunen」寄りな舞台だったなという印象

「ラーメンズ」や「Potsunen」は
完成度(洗練度)が高くなっているのが
観劇すればよくわかる公演なのだけれど
K.K.P.は分かりにくい

全くのオリジナルジャンル
「エンゲキ」っぽいモノ(舞台)を
いかに完成させて行くか?
これ以上は書けません(できません)
ってことは無いだろうし
多分
・・・
となると
どうなるのか?
どこへ行くのか?
(とどまるのか?)

わからないところが
面白いとも言えますけれど
(「この道を行けば・・・」なノリで
「行けばわかるさー!!」なのかも)
 
とにかく
ラーメンズの次回作に
どういった影響(効果)をもたらすのか
期待大です
ワインのように寝かしておくと良くなることもあるわけで
・・・という意味では
「ラーメンズ」の公演はもっと先?
(K.K.P.の感想でなくなっている件)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

K.K.P.#6
『トライアンフ』

作・演出;小林賢太郎

出演;YUSHI/ 犬飼若博 / 森谷ふみ / 小林賢太郎

入場料;前売 5,000円/当日 5,500円(全席指定・税込)

一般前売発売;7月19日(土)

本開場;開演の30分前
ロビー開場;開演の1時間前

企画制作;トゥインクル・コーポレーション

【東京公演】
 日程;2008年8月23日(土)~9月3日(水)
 開演;14:00/19:00
 会場;本多劇場
 お問合せ;TBSラジオイベントダイアル 03-5570-5151

【神戸公演】
 日程;2008年9月11日(木)~15日(月・祝)
 開演;(木・金)19時 (土)13時/18時 (日・月)14時
 会場;新神戸オリエンタル劇場
 お問合せ;サンケイチケットセンター 0570-05-5062

【広島公演】
 日程;2008年9月18日(木)~19日(金)
 開演;(木・金)19時
 会場;アステールプラザ中ホール
 お問合せ;サンケイチケットセンター 0570-05-5062

【福岡公演】
 日程;2008年9月26日(金)~28日(日)
 開演;(金)19時 (土)13時/18時 (日)14時
 会場;大野城まどかぴあ大ホール
 お問合せ;西鉄ホール 092-734-1370
      大野城まどかぴあ 092-586-4000

【札幌公演】
 日程;2008年10月2日(木)~4日(土)
 開演;(木・金)19時 (土)14時
 会場;かでるホール
 お問合せ;演劇専用小劇場BLOCH 011-251-0036

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

9/14/2008

読了した本
(和書)

J.L.オースティン
Amazonランキング:39564位
Amazonおすすめ度:



読みにくいのは
専門書だから?
翻訳のため?

9/13/2008

未だ買ってないけど
いずれは買う予定の・・・





買いに行けない私のために
通信販売
ネット通販
ってあるはずなのに
なんで
ショッピングカートにいれたまま放置?

時々は
ブログに載せて思い出して

9/12/2008

カヴァー曲が流れ出すと
はてさて
オリジナルはどんな具合だったかいな

聴きたくなってくるもので
(前回:diary@erehwon: 斉藤和義の検索結果
某動画共有サイトなどで探して聴いて
やっぱり
オリジナルがいいな

保守感想



9/11/2008

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

K.K.P.#6
『トライアンフ』

作・演出;小林賢太郎

出演;YUSHI/ 犬飼若博 / 森谷ふみ / 小林賢太郎

入場料;前売 5,000円/当日 5,500円(全席指定・税込)

一般前売発売;7月19日(土)

本開場;開演の30分前
ロビー開場;開演の1時間前

企画制作;トゥインクル・コーポレーション


【東京公演】
 日程;2008年8月23日(土)~9月3日(水)
 開演;14:00/19:00
 会場;本多劇場
 お問合せ;TBSラジオイベントダイアル 03-5570-5151

【神戸公演】
 日程;2008年9月11日(木)~15日(月・祝)
 開演;(木・金)19時 (土)13時/18時 (日・月)14時
 会場;新神戸オリエンタル劇場
 お問合せ;サンケイチケットセンター 0570-05-5062


【広島公演】
 日程;2008年9月18日(木)~19日(金)
 開演;(木・金)19時
 会場;アステールプラザ中ホール
 お問合せ;サンケイチケットセンター 0570-05-5062

【福岡公演】
 日程;2008年9月26日(金)~28日(日)
 開演;(金)19時 (土)13時/18時 (日)14時
 会場;大野城まどかぴあ大ホール
 お問合せ;西鉄ホール 092-734-1370
      大野城まどかぴあ 092-586-4000

【札幌公演】
 日程;2008年10月2日(木)~4日(土)
 開演;(木・金)19時 (土)14時
 会場;かでるホール
 お問合せ;演劇専用小劇場BLOCH 011-251-0036


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



9/10/2008

欲しい本(その3)
※その2:09/09/2008_diary@erehwon
※その1:09/08/2008_diary@erehwon









最近教えてもらった音楽



1. スキ
2. ゆきこさん
3. かなしい日々。
4. お猿
5. 根性無しあたし、あほぼけかす
6. ちはるの恋
7. ひみつの2人
8. 5拍子
9. ハウリング地獄
10. 無欲の無力

9/09/2008

菊の節句です

満ちていく月を眺めながら
思うことは・・・

いろいろ

欲しい本リスト(その2)
※その1:9/08/2008_diary@erehwon







関連:塩野七生『ローマ人の物語』|新潮社







9/07/2008

今日はものすごく
良く
音漏れしています
田舎町でよかった

今日ほど感謝することはないのかもね
町中に響き渡る
J-Rock

約3時間たっぷり堪能しました
って言っても
知らない曲もあって
・・・
ほとんど
知らない曲ばかりか?
テレビ番組とのタイアップぐらいしか
本当のところはよく知らないのかも
去年のサマソニでも・・・

9/06/2008

昨日はリハーサルの音が聞こえてきた!

(ぬか喜び?)
だのに
今日は一向に聞こえてきません・・・
何故に?

ならばならばで
静かな
秋の夜長は漫画読書

9/05/2008

まだ蚊に刺される
って
くやしい!!

近々
ユニバー陸上競技場で
某アーティストのライブがあるらしい

音チェックしているのが
聞こえてきました
風に乗ってこんなところまで!!

9/04/2008

KENTARO KOBAYASHI WORKS | messageより

08.9.3 [WED]
K.K.P.#6『 TRIUMPH』東京公演
無事終了しました。
ご来場ありがとうございました。
本多劇場は血が通った空間です。
どこか懐かしくて、全体的にアナログで、
「人が手でつくったものを発表する大事な場所」という感じがします。
エンターテインメントのヌカドコみたいな下北沢で、
この『TRIUMPH』が産声を上げたことは、
実に「らしい」感じがしています。
次は神戸です。
楽しみ楽しみ。

賢太郎

======================
m(_ _)m

というわけなので
待ってます
楽しみ楽しみ楽しみ

ぬか漬けの試食第一号?
通販お取り寄せ感覚?

9/03/2008

近所にあるコンビニエンスストアは
ローソンではない
ので
もどかしい

明日でも大丈夫?
品切れの心配はない?

9/02/2008

今日と明日は休みになった
こういうのって
こういうのって
もう駄目かも
と思いつつ
安易に流れている

平日に休みがあるという利点を生かすために
出来ることを考えて
動く
暑いけれど

相変わらずの暑さだけれど

9/01/2008

思い込んでいる以上に
発言が未熟で
行動が至らない

復刊ドットコム