8/30/2007

雨が降りそうで降らない
雨傘の方がいいだろうと日傘を持たずにいると
しっかり
皮膚に日光を受けている
晴雨兼用の日傘とはいえ
一時しのぎ程度にしかならない・・・はずで
雨傘の活躍を期待しているのに
折りたたみ雨傘は結構重い
最近の折りたたみ雨傘は若干軽量化されているみたいだけれど
マイ折りたたみは昔のタイプなので
鞄に入れておくと
肩が凝るくらい重たい

新しい雨傘(折りたたみ)を買うべきか
そういえば
日傘も
3年ほど使い続け
日差しの強烈な5月や蝉に冷やかされる9月頃まで
外出には必ず連れ立って歩き
通り雨の日も苦楽をともにしてきたこともあって
真っ黒な傘だったのに
微妙にグレー所々茶色か白色みたいに
色あせてきた
傘の骨から布地が外れてきたときは
慣れない裁縫道具を持ち出し
ほころびのような繕い方で
やり過ごしてきたけれど

年頃の(?)女性が持つ持ち物としては
オシャレ気配り度が足りない代物になっている

買い替え

ところで
日傘、雨傘どちらも
どういう天気の時に買い替えるのがベストなんだろう

天気のいい日に
新しい買ったばかりの
包装紙のついた傘を持って歩いている人を見かけたことがない

やっぱり雨の日?
急な雨の日?

となると
雨待ち?

8/29/2007

縁結びのお守りをもらった

これからも楽しいこと
面白いことに縁があるように
という意味でも
一緒に楽しめる人
面白いものを紹介してくれる人
との縁がありますように
という意味でも

常時携帯するものにしのばせる

携帯電話や鍵、鞄などに
キーホルダーやらストラップをつける趣味がないので
この密やかな野望は
静かに遂行される予定

8/27/2007

日が落ちるのが早くなった
午後7時を過ぎてもまだ明るかった・・・はず

思っていたら
薄暗く
丸くて赤い大きな月が目立っていた
「笑う月」とはこれのこと???
不気味に追いかけてくる
怖々追いかけていく
明日は満月

8/26/2007


暑さにバテそう
温暖化の影響?
脳みそは溶けていて判断力が鈍る

それにしても
ドアラはかわゆいな

ニコニコ動画で見るのはもっぱらドアラ

中日ファンではないけれど
ドアラのファン

マスコットから野球を見ると
野球って結構
面白い

マスコットの頑張りが
プロ野球を盛り上げている

いいな
コレ

8/25/2007


秋冬物のカタログに埋もれている
9月は出掛けることが多いので
そのための服を・・・とか
財布もそろそろ風水的には買い替え時期
鞄も欲しい

カタログショッピングに夢中

8/24/2007

時間の使い方がおかしい
ネットに支配され過ぎ?
惚ける時間が多すぎる?
どんな状況であっても
絶対コレ(この作業/動作)だけは
この時間を要する
というのがあって
それゆえ
他にしたいことが十分にできず
端折っていることがある
適当は良くないです
丁寧に丁寧に・・・を心がけて


臨機応変
苦手な言葉だけれど
使いこなせるようにならないと
ちょっと
ブログの更新やら
メールのチェックやらおろそかになりそう
あと
読書

8/22/2007

フェス焼け

Tシャツ跡(日焼け)を自慢していたら
微妙に色の濃さが違う箇所を発見
シミ?


肌の老化をこんな形で実感するなんて
うかつに日焼けができない年齢を迎えたわけで

速攻
ホワイトニング美容液を購入
寝る前に塗りたくっている
消しゴムみたいに
色白になってくれるのではと
念入りに塗り込める


変化がない

8/21/2007

何かの拍子に
ものすごく赤ワインが飲みたい

思うことがある

主成分だとかは言わないけれど
赤ワイン分が足りてない

思うことがあってもいい

白ワインはまた別の機会で

8/20/2007

サマソニを経験してからの話

サマソニで燃焼しきった気力
いったん振り切ってしまったメーターが
日常レベルに戻るまでしばらく
壊れたメーターでの生活

それゆえ
一つの標的に集中攻撃
一昨年 oasis
去年 ラーメンズ
ブログを読み返してみると
自分の心の失われた部分を埋めるがごとく
(他のを買うのを我慢して?後回しにして?)購入して
吸収して(すぐ飽きて???)
悦に入る行動をとっている
平静になったときに
財布の中身を見て驚く
そして
少し泣く

今年・・・はというと
どれということなく
本を買うことが多いみたい
いやDVD/CDかも

とりあえず・・・

サマソニ前後で購入した本
これはサマソニ前


サマソニ後






何か勉強したがっている?
(おそらく)ラーメンズの影響で
デザイン系(芸術系?)分野の本を探すことが多くなった
(そういう意味では去年の延長)

久しぶりに
コンピュータ関係の本も読みたくなった


あと漫画もあったような

8/19/2007

雨が降った
久しぶりに
雷がいつもよりおまけしてたくさん稲光
雨上がりのアスファルトの
十分にぬれたあとの
この匂いは嫌いではなくむしろ歓迎
涼しい風とこの匂い
外にカラダを置いて
細胞中にこの匂いを浸透させたい気分
空気の入れ替え
季節が変わる瞬間かも知れない
少しずつ季節は移り変わっている
昨日と同じ、とは言えない

8/18/2007

読了した本
(和書)
太陽の塔 (新潮文庫)(森見 登美彦)


私の青春がそこにあった!
あなたの学生時代をなぞってみました
すべては
妄想で(エロで)
幻想で(独りよがり)
だから大学生はモラトリアム!バンザイ!万歳!


なんて
コピーが浮かびました

8/17/2007


いつの間にか応募していて
今日届いていた
自分でもビックリ
今頃お中元?誰から?
「ごはんですよ」
何で?

最初は伝票を見ても何のことかわからなかった

あ〜やっぱり
え?そうだっけ

何度か繰り返してようやく全てを理解した

明日からしばらく
ご飯をおかずにご飯が食べられる

3度の飯より
飯が好き!!(by マキシマム・ザ・ホルモン)

8/15/2007

せっかくの休みを昼寝に費やすのはいかがなものかと
暑さで伸びきった己のカラダを叩き起こすも
網戸にしがみつく
クマゼミとその抜け殻のツーショットに腰を抜かし
玄関先でくたばっている蝉の屍骸に次の一歩が踏み出せず
やはりこんな暑い日は
涼しいお部屋で読みかけの本を少しずつ読破していくことに決め
とはいいつつも
ネットショッピングやブログもしたりで
気がついたら
いつもと同じネットサーファー生活をなぞっていたり
普段の休日と何ら変わりがなくない???
夏休みらしい夏休みの過ごし方とは言いがたい?
自分に?マークをつけたり外したりしてみる

8/14/2007

個人的には夏が終わったと思っているのに
この暑さ
この日差し

ヘトヘト

8/13/2007

出掛けた所
8/12-13 SUMMER SONIC 07

今年も参戦
去年 脱水症状になりかけたので
2006/08/14:diary@erehwon
今年は十分に水分補給
とは思っていたのだけれど

今年から会場が変更となり
ほとんどのステージが青空会場
(屋内2つのうち1つは蒸し風呂
1つは快適な仮眠場所)
加えて
晴天
快晴

どれくらい水分をとればいいの?

ペットボトル500mlを絶えず2本持って移動
フェス料金(あの水が通常の2倍の値段って・・・)に驚きと動揺を隠せないまま
命には代えられない

潔く一葉さんや英世さんとお別れ
未練がましい人間は嫌われます
引き際の美学
今年の夏フェスで学んだ人生訓

北限の猿軍団がヘッドライナーを務めた今年のサマソニ
ヘッドライナーとしては合格点はとりあえずあげたい
(カワイイ&かっこいいに弱いだけ?)
去年は観ることができなかったので
今年は絶対観たいとThe Offspringを観るのを我慢して
我慢した分
Arctic Monkeysを思いっきり聴いて観て踊る時々歌う
と誓い
その結果
満足(最高!)
ギザギザな音がライブではよりカッコ良く
アルバムよりもずっと上手く聴こえる(急成長)
メインステージで演奏しても十分な技量(度胸?)を見せてくれた

いつまで
毎回聴く度新しくて
それでいて
聴く人間の持っている音楽史を挑発する
音楽を作り続けてくれるのか

急に少しだけ寂しくなったのは
熱気の中を時折吹き抜ける夜風が思いがけず涼しかったからか
とりあえず
今年のサマソニは伝説に認定

注文を付けるとすれば
曲の終わり方をライブ用にアレンジしてほしかった
(やたらと長く演奏する感じの)






Black Eyed Peas(BEP)は去年ライブを観ていたので
セットリストはだいたい同じような感じだったけど
(こう書くとつまらなかったみたいに見えるけれど)
ノリのいいダンサブルナンバーばかりで
フェスの興奮と混ざって狂ったように踊った
この人たちは本当に観客を楽しませることが上手い
ファーギー姐さんのカッコいい腹筋を拝ませていただいた

観たアーティスト全てにコメントを
記録して残しておきたいのだけれど
どこまでテンションが続くか・・・
噂の(?)バンドを今回初めて聴いてみたり
今年もお約束のバンドを観たり
普段はあまり聴かないジャンルの音楽を
ライブで聴いてみたり

体全体で音楽を聴く(感じる)
面白いと思えば
体が自然と動き出す夏フェス仕様

























アーティストもテンション高めで
観客席に飛び込んだアーティストもいたし

観客側も
恒例のペットボトル空中回転

フェス名物を確認して

時々ヘッドバンギング
時々仮眠
時々絶叫
Tシャツ焼けした二の腕が痛い夏の思い出

今年の夏が終わった
高校球児と同じくらいの早さ?

8/10/2007

わだは舞州の風になる

熱風?
冷風?

なんて思っているぐらい
気持ちが明日、明後日のサマソニにいる

8/09/2007

自分を基準にして物事を捉えたり
他人の振る舞いを評価したり
自分が今まで体験してきた
つらいこと
嬉しいこと
理解できること
理解できないこと
悲しいこと
楽しいこと
などなど

自分の立ち位置
立場

年齢のこともあってそろそろ持つべきかと
拘るべきかと
考えて
思い始めた矢先の出来事

自分がゼロと決めた場所より
マイナス10ぐらいまで
プロセス(過程・行程・段階・手順)を用意しておかなければ
コミュニケーションは成り立たない
というか
もっと限定して言えば
こちらが教える
場合の話

自分が覚えた方法は他人には通用しない

凄くショックだった
100人いれば100通りの教え方・・・に限らず
覚え方があって
学び方があって
むしろ
1人の教師(教える側)は相手に合わせた
それこそ100人の教え子(生徒)に対して100通りの教え方を
用意して
実践しなければならない

誰にでも教えられる方法
誰でも覚えることができる
誰にでも通用する普遍的な方法
教授法
というのはないのだなと
疲労と共に実感
むしろ痛感
痛み

思い上がり
自分が降りていっているという
上から目線な態度があったことは
教える側が優位であるという点から考えて
あり得る話だと思っていたのだけれど

知っている
分かっているこちらの方がまだ学ぶことが多い

どこまで自分が理解しているか
自分自身の理解力を常に問われる

まさか
マイナス段階の話を持ち出されると思わなかったので
戸惑って動揺したこともあるけれど
案外
説明不足
下手だなと
思った次第でありますです

8/08/2007

そろばんの日

計算は苦手
バッカス
アバッカス
大爆発

8/07/2007

もうすぐサマソニ!
やったぜ!サマソニ!
今年は会場が変更となったので
全てが新しい
心機一転
その期待感もあって
想像するだけで鼻血が出そうなくらいテンションが上がる

一応
髪の毛を短く切り
「随分と思い切って・・・」

周囲からは呆れられている
サマソニ仕様
夏フェス仕様
ロックンロール仕様
言い方はいろいろ用意していたのだけれど
どれも
説明が独りよがりすぎるので
ただただ
笑って済ましている

暑いから笑っているわけではなくて
熱いから笑ってしまうのです

などと
分かるような分からないような修辞法

天気がいいことを願う
ひたすら願う
良すぎても困るけれど
ほどほどに
雨は困る

8/06/2007

暑さに意外と負けている

少しでも時間があれば寝てしまう
少し寝れば元気になるというか
眠気が無くなるのだけれど

暑い日は体が疲れやすいみたい
汗をかくから?
以前は
太陽の光を浴びると疲れやすい

思っていたのだけれど

もしかしたら
今読んでいる本が難しすぎて
睡眠薬がわりになっているのかもしれない
ただそれだけのことだったりして

8/05/2007

サマソニ予習を兼ねて
ようやく購入したCDなど



イギリスの新しい世代(10代後半から20代前半の)の音楽を聴いてみる

とはいいつつも
懐かしさに特徴がある音楽を選びがち
保守だ

8/04/2007

インターネットを利用して

という言葉を聞くと(見ると)
何か新しいことが起こっている
そんな気分になる

インターネットは未来の道具
昔映画で見た未来を現実にしてくれる道具
だと思っていた

インターネットを利用したサービスを提供する人も
(インタビューなどを読んでみても見るにしても)
新しい価値を作るとか
理想に燃えた人が多い(ように思われる)
そういう人たちを見ていると
新しいことが生まれている瞬間に
自分もPCを持てば立ち会えるような気がして

未来
新しい
明るい

を誰かに何かに託したい気持ち
叶えてくれそうな
期待感

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書 14)(西村 博之)


2ちゃんねるの管理人は
その期待感を見事に裏切ってくれる
冷静
現実的
むしろ
悲観的
インターネット上に
現実世界とは異なるコミュニケーションの場所を提供した
(この人がやらなくても別の人がやっていたかも知れないけれど)
サービスを提供した人なのに

インターネットを利用した
明るい未来

用意する人ではない

自分が作った場所なのに
あまり
執着しない
その距離

管理人であって
技術者であって
でも
おもてなしに心を砕く主催者ではない

利用する人たちが勝手に盛り上がっている
利用する人たちによって次第にルールが作られていく
2ちゃんねる
そのサービスを利用する人たちが作り上げた世界
管理人はその場所を提供しただけ
その世界の中身までは干渉しない
どこまで管理人が責任を持たなければならないのだろう

刃物を作る人
車をつくる人

使い方次第では凶器
犯罪につながるという意味で取り締まるなら・・・

そう考えると2ちゃんねるの管理人と
2ちゃんねるの距離

この距離

自分がインターネットに依存し
振り回されていることに気づかされる
すっかり依存できるような万能なモノは
無い

新しさに目を奪われ
無防備で飛び込むと痛い目に遭う

かつては
技術者だけの限定された世界であったけれど
技術を持たないでサービスだけを利用する人たちが増え
インターネットの役割が変わってきている

混沌は続く

8/03/2007

読みかけの本
(和書)


(洋書)



本屋に行くと欲しくなるので
家で待っている本達のことを思い出す
あと
財布の中身を確かめる
優先順位
生活必需品とか

8/02/2007

台風が近づいているらしい

久しぶりにKobe Walkerを買ったら
月刊誌に変わっていた
内容もなんだか
Meetsを読んでいるみたいで
でも
Meetsより内容が薄い感じも
これがKWの路線?

しばらくしたら季刊誌になったりして

以上
違いの分からない人でした

8/01/2007

読了した本
(和書)
適当教典 (河出文庫 た 23-1)(高田 純次 )


更新履歴
booksのページ
(和書)読了した本のタイトルを追加

洋書のほうが全然進んでいないのが残念

復刊ドットコム