4/30/2005

大阪四季劇場 4月30日(土)17:30 マンマ・ミーア!

ドナ・シェリダン 保坂知寿 ソフィ・シェリダン 谷内 愛

ターニャ 森 以鶴美 ロージー 青山弥生

サム・カーマイケル 渡辺 正 ハリー・ブライト 明戸信吾

ビル・オースティン 松浦勇治 スカイ 鈴木涼太

アリ 八田亜哉香 リサ 宮崎しょうこ

エディ 丹下博喜 ペッパー 大塚道人

(神父)村中弘和

男性アンサンブル

笠嶋俊秀
カン テウル
山添 功
飯村和也
良知真次
上田 亮

女性アンサンブル

村上未来
小島由夏
村上 智
孫田智恵
片山加奈子
岡 聡里
黒崎 綾

===================
半年待った!!やっとの思いで観ることが出来た!!
四季劇場が入っているハービスエントの建物にもドキドキしたけれど
それよりもやっぱりミュージカル!!
よかった。
これまで観てきた四季ミュージカル(といっても2作品)よりも
コメディ。
笑う部分が多く、しんみりするところがあって・・・
新喜劇のオシャレな感じ??
ABBAの曲がこのミュージカルのために作られたのでは?
と思ってしまうぐらいぴったりはまって
(相変わらず日本語の歌詞にはときどき苦笑してしまうのだが)
楽しく観ることが出来た。

ちょっと残念だったのはサム、歌声がイマイチ。
「他の人(四季劇団員)と比べて声が前に出ていない」
とは
一緒に行った母の弁。
言われて納得。
なんだかこの人は・・・何でだろう?
と思った理由が母の指摘ではっきりした。
ドナは歌い方に特徴のある人だった。
ちょっと浪花節?こぶし?
細い体で動き回って(ダンス)、
シングルマザーの、女手一人で娘を育ててきた女の強さを
歌声で力強く表現するあたりは
尊敬する。かっこいい。女性がとにかくパワフル。

全体のダンス(統一の美とか華やかさをアピールするようなダンスシーン)
を見せる場面は少なく
(もしかしたら観た場所の印象がそうさせた??)
舞台の青色が印象的だった。
悪い人が誰もいなくて、出てくる人みんなに親しみを感じる。

この結婚は見ているも幸せにする

みたいなコピーがあったけれどまさにその通り。
歌って踊ってあなたがいるし彼女ら・彼らがいて人生は最高!!
と思える舞台だった。(実際は「あなた」と呼べる人がいないけれど)


(※2005年5月2日追加)

4/29/2005

4月28日午後11時15分よりNHKの番組
「課外授業 ようこそ先輩」荒川修作出演
現在読みかけで休憩中の「建築する身体」の執筆者
活字で追うだけよりも
この番組から本の内容がわかるのではないかと
考え、録画、翌朝見る。
専門用語が取り払われた分
作品を体験した子どもの言葉、荒川修作自身の言葉
身近な言葉が増えたので
楽しく見ることが出来た。
何となく・・・これはこういうことかなと
読みながら思っていた事が確認できた。

4/25/2005

洋書「A Liar's Autobiography」読了!!

イギリス語に何となく馴染めずリタイアしつつ
でも
ふしぎなもので
あるときすいすい流れるように
行が進むこともありつつ・・・。
======================
「A Liar's Autobiography」(Graham Chapman)

モンティ・パイソン(Monty Python)のメンバーで唯一の故人
グレアム・チャップマン(Graham Chapman)の自伝。

先に情報として
ホモセクシャル・ゲイ・アルコール中毒
があったので
全体としてそういう匂いがあった感じ。
男性で女性な、女の人が書く文章にも似た匂い
が緩い波を打つように全体にあって
ときどきアルコールのキツイ匂いがする。
読んでいる間、常にその言葉が頭の中にあったから
フィルターをかけて読んでしまったのかも。

自分が早く死ぬ事を気づいていたから?
あけっぴろげに
(自分のセクシャリティについて)
時に悪ふざけもしつつ。
この人はコメディアンで
タイトルどおりのうそつき。(人を楽しませるための)
自分がこれから楽しく生きるための
これまで生きてきたことを語っているなと思った。
かなりグレアムびいきな見方。

HIV/AIDSに感染した作家で今は故人、
グレアムと同じくゲイであった人の自伝(暴露本?)
エルヴェ・ギヴェール「僕の命を救ってくれなかった友へ」
を以前読んだことがあってそれと読後感を比較。
思い出したので大まかに比べてみた。
こちら側は
激しい愛憎が最後には1本の糸に収束していくような
でも途中でブチンと予告もなく切り落とされる
感じ

グレアムのほうは
散らかし放題やりたい放題のパーティが
ゆっくりゆっくり終わっていく・・・でもまだこれから
という感じ
まだまだ面白い話が残っているでしょ?もっと聞きたい!!
と帰るのが惜しいあの感じ.

(※2005年4月29日 追加・削除あり)

厚さ3.1cm(実測) 計125.318cm/332cm

4/21/2005

5月17日「リア王」を観る予定。
7月には劇団四季の「オンディーヌ」。
どうして世の中は私が1人しかいない事実を無視して
回りつづけ進みつづけ
そして私を巻き込んでいくのだろう。
溢れている全ての情報・出来事に興味があるわけではないのに
一部のそれは
次から次へと頻繁に私の周りで発生し、挑発する。
触れれば触れるほど知りたいことがどんどん現れる。

と思った。


財布・・・。

4/20/2005

喉が痛くなった。
今日で2日目。
風邪薬を飲んだため
午前中はいつも以上にぼんやり過ごす。

午後は普段どおりボケッと過ごす。
読書記録 近況
「建築する身体」停滞中。
特殊な言葉が多いぞ!!コレが哲学なのか??
あまりにも無謀すぎた試み?
「死を与える」上に同じ。内容重すぎ。
洋書はどれも読了できず
読みかけのまま放置すること3ヶ月・・・?

購入した本
「壁を破る言葉」岡本太郎
そして読了した本でもある。
過去の著作物・発言から印象的な言葉をまとめている??
すぐに読めるけれど
何度も読み返したり、
パッと開いた時に
かかれてある言葉に励まされる本。
聖書の言葉に救われる人がいるように
私にとっては
岡本太郎の言葉が支えてくれる気がする。

「建築の多様性と対立性」
思いっきりぶっ飛んだ本に戸惑ってしまい
もっと建築の現実的な部分に触れたいと思ったので
購入を決めた。
「職業は建築家」という本を読んだ時に
(diary@erehwonでは触れず、BOOKLOGにのみ)
巻末に参考図書として紹介されていた本の1冊。

4/06/2005

昨日は
ソフトバンクホークス対オリックスバッファローズ
の試合を見た。

4/02/2005

読了した本
「ブランコのむこうで」
随所にほろりとさせられるところあり。
もしかしてそういう年齢(何かというと涙を流す)になってきた??
それても風邪が悪化??
「建築をめざして」(もしかして重複?)
最初は詩的な(セリフ的?)文体に戸惑い
読むのを後回しにしようかとも考えたのだけれど
なんとか読んだ。
途中何度か
安藤忠雄の作品の印象が思い出されたりした。

購入した本
「建築する身体」
前に「建築をめざして」を買うかこの本を買うか
それとも両方を同時に買うか迷って
結局その時は「次はコレを買おう」と決めて
「建築を・・・」の方だけ購入した。
おそらく「建築思想」のなかで
最も急進的なところに来てしまったかも。

出掛けたところ
大丸ミュージアム梅田
「チャールズ&レイ・イームズ展」
作品を見ていて「建築をめざして」のなかで読んだばかりの
フレーズを体験した。
具体的に言えば(といっても大まかに言えばなのだが)
飛行機や船(のアイデア)から住居(家具)を生み出す。
というところ(手元に本が無いのでうろ覚え)。
こういうつながりを発見すると楽しくなる。
イスの作家だと思っていたのだけれど

創造者は社会に提案しつづける義務がある

というのがこの人たちにも当てはまっていて
日常生活を取り巻く、自然科学から日常生活までの文化を
提案し続けた総合社会提案者
そして
実行者であったわけで。

「パワー・オブ・テン」も上映されていて、
どんどんと感覚を宇宙の果てまで飛ばして行き今度は
細胞・元素レベルまで引きずり落としていくという
のは
小さい頃からよく寝る前にやっていた遊び
(寝付けない時とか、何となくそういう気分の時にする。
その後、現実の今、布団に入っている状態を強く意識すると
体が一瞬揺れるような、叩き付けられるような
ジェットコースターで重力を急に感じるような気分になって面白い)
に似ていてそれを思い出して嬉しくなった。
自分ひとりがこういう体験を面白がっているわけではない
という心強さを得たと同時に
具体的な映像がつくとこんな感じなんだと感心し
1本の作品として表現した人が既にいることに
すこし残念な気持ちにもなった。

大丸ミュージアムKOBE
「きかんしゃトーマス絵本原画展」
(病気の)子どもを退屈させないためにという思いからスタートした
という辺りは
ピーター・ラビット、ハリー・ポッター・・・と
意外と思いつくなぁと気がついた。
トーマスが主人公のお話だと思っていたら
そうではなく、
機関車(乗り物)とそれを愛する人たちの
その時々のお話。

飛行機とか・・・いたんだ、へぇ?。

4/01/2005

昨日の朝、喉の痛みで目が覚めた。
今シーズンは2回目。
冬が終わりつつある今ごろになって風邪を引いた風になった。
部署移動になって空気が悪いところに来たのかもしれない。
移動初日ホコリっぽい所だと思ったし・・・。
昨日は1日中マスクをつけていた。外では。

顔の半分以上を隠すと誰でも美人に見えるよな
と思いつつ
さらには目も潤んでいたので
さぞかし艶っぽいオネエサンでは・・・と
思っていたのに
「花粉症?お大事に。」
と軽く挨拶されるだけだった。
時期が時期だけにソウダヨナーと納得。
でも風邪なんです。扁桃腺が腫れているんです。
中には「珍しいものを見たぞ、誰?というか何?」というような人もいた。
人です。マスクをした。

家に帰るまでは時々寒気がしたり、
顔が火照ってきたりしていたのに
晩御飯がお好み焼きと聞いて全部吹っ飛んだ。
(ということは花粉症??)
吹っ飛んだ気分になった・・・。
一応食後には風邪薬を飲んでお風呂に入って温まってから睡眠。
朝起きたらけろっとしていると思っていた。
けれど
今日もまだ喉が痛い。2日も続くなんて・・・。
今日は鼻水も。鼻の穴の片側が緩い。
熱はあるかどうか知らないけれど少しポーッとする。

推測するに
部署移動により仕事の内容は変わらないにしても
新しいメンバーとの付き合い方に気苦労があって
内容は同じであっても方式が微妙に違うこととか
残業が続いたりで疲れが出たのかもしれない。

無意識に「疲れた」「しんどい」が口から出てくると
次の日に喉が痛くなるということがコレで2回目。
今回は翌日まで引きずっている。
今日はマスクをしなかった。
マスクをした方が顔が温まってしまうような気がしてやめた。
残業は無かったけれど帰り間際は喉が朝より痛くなっていた。
うがいをするコップを用意しておかないと。

復刊ドットコム