12/31/2005

2005年に読んだ本(和書)

ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉 塩野七生
心霊探偵八雲 (4) 神永学
グローリー・オブ・オアシス―オアシス伝説 イアン ロバートソン, 池田 聡子
ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集 筒井康隆
夏の庭―The Friends 湯本香樹実
秋色(しゅうしき)〈上〉 平岩弓枝
秋色(しゅうしき)〈下〉 平岩弓枝
ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) 塩野七生
ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 塩野七生
ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) 塩野七生
ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) 塩野七生
深紅 野沢尚
ローマ人の物語 (18) 塩野七生
ローマ人の物語 (17) 塩野七生
心霊探偵八雲 (3) 神永学
心霊探偵八雲 (2) 神永学
心霊探偵・八雲 赤い瞳は知っている 神永学
煙か土か食い物 舞城王太郎
空中ブランコ 奥田英朗
こころの処方箋 河合隼雄
オーケストラ楽器別人間学 茂木大輔
海馬―脳は疲れない 池谷裕二*糸井重里
夜のピクニック 恩田 陸
象は世界最大の昆虫である 池内 紀
VOW全書―まちのヘンなもの大カタログ (8)
雨恋 松尾由美
阿修羅ガール 舞城王太郎
第四間氷期 安部公房
建築する身体―人間を超えていくために 荒川 修作, マドリン ギンズ/河本 英夫 訳
言いまつがい
壁を破る言葉 岡本太郎
建築をめざして ル・コルビュジエ
ブランコのむこうで 星新一
職業は建築家 君たちが知っておくべきこと ローランド・ハーゲンバーグ
ゼルマの詩集
空の境界 奈須きのこ
火の粉  雫井修介
ガラスの動物園 テネシー・ウィリアムズ
十二番目の天使  オグ マンディーノ


============================================
2005年に読了した本(洋書)

Small Is Beautiful: Economics As If People Mattered : 25 Years Later...With Commentaries (E. F. Schumacher)
Me (Katharine Hepburn)
What We Talk About When We Talk About Love: Stories (Raymond Carver)
Quinn (Seamus Smyth )
Hackers: Heroes of the Computer Revolution (Steven Levy)
The Beast Must Die (Nicholas Blake)
Hostage (Robert Crais)
Lullaby (Chuck Palahniuk)
A Liar's Autobiography (Graham Chapman)
Will You Please Be Quiet, Please? (Raymond Carve )
Blue Plate Special (Ruth Birmingham)
Holes (Louis Sachar)
本のこと

読みかけで今年は終わりそうな本
Eye of the Needle
建築と言語
The World According to Garp


最近聴いた音楽のこと

鏡みたいに対照的・対称的な2アルバム

1曲の中にパッチワークのように
雰囲気の違う音楽(音楽というよりは奇声?)が混ざるし
試みが面白い



SYSTEM OF A DOWN 公式サイト(Sony Music)

12/26/2005

今年は運命の出会いがあった
運命の人がいるとすればそれは音楽
無生物なので「人」と言うには無理があるけれど
音楽が心に食い込んできた

自分の宗教は音楽
といった人がいるけれど
その人に倣って・・・
その人の考えが理解できる気分

常にそばにあって
忘れる事ができない

ジャンルもパンク・ロックから
HR/HM(ハード・ロック/ヘヴィー・メタル)から
ミュージカルからいろいろそれぞれ

今年は購入した音楽がたくさんあった
音楽貧乏になった
本気で焦った
たぶんこれで今年買い納め(になるはず)

試聴して心臓にドスンと重さを感じたので買ってしまった。
「rockin'on」1月号のインタビュー記事を飛ばしていたのだけれど
(oasisの大阪城ライブのレポートが読みたかったから購入しただけだったので)
このアルバムを聴いてから読んでみた。
アメリカの大統領がブッシュでなかったら
多くのミュージシャンはこれだけ刺激的な
主張の強い音楽を創作することができただろうか。

合わせて聴くとよいとのことなので
向こうの戦略にまんまとハマって2枚同時購入。
いかにもなメロディー展開にちょっと微笑しつつ
こういう音の流れは嫌いじゃないし
どちらかといえば落ち着くほうだったりして

色々なジャンルを聴いているつもりだけれど
やっぱり好きなタイプ、傾向があるようで
クラシックに近い音がある楽曲
やっぱりこの辺りの音楽に戻ってきてしまう


来年劇団四季の京都劇場で観る予定があり
その予習の意味で購入した1枚
「one」しか知らなかった(>_<)

12/23/2005

『マンマ・ミーア!』大阪四季劇場

開場12:30 開演13:00

ドナ・シェリダン 保坂知寿
ソフィ・シェリダン 五十嵐可絵
ターニャ 八重沢真美
ロージー 青山弥生
サム・カーマイケル 渡辺 正
ハリー・ブライト 明戸信吾
ビル・オースティン 松浦勇治
スカイ 鈴木涼太
アリ 丸山れい
リサ 玉井明美
エディ 丹下博喜
ペッパー 大塚道人

===================
疲れた心と体を癒すのは音楽です。
ミュージカルが苦手な体質でなくてよかった。
血行が良くなる、循環が良くなっていくような気分
歌声の響きに合わせて涙がどんどん溢れ出て
体が踊りだす
楽しい気分でいっぱいになる

12/22/2005

今年をゆっくり振り返り始めることにした
雑誌やテレビ番組などでも
2005年を振り返った特集が組まれているけれど
そういうのと照らし合わせて
自分はどんな1年を過ごしていたかと

その事件に関心があったか無かったか
そのイベントに参加したかしなかったか
その人物・ドラマ・映画に興味があったかなかったか
どんな音楽を聴いて
映画を観て
本を読んだか
などなど

思ってみたい気分になっていた

改まってそういうことを考えることって
今までにあったかどうか不明
実は毎年していたりして
この時期になると
今年初めてこういう気分になったと
思ってしまう

1年を振り返る
という
2時間番組的なことでなくても
例えば
誰かを好きになったときも
他人に対してこんなに一生懸命考えて苦しんで
せつなくなったことは無い

毎回思う

その都度違うタイプの苦しみ方でもしているのだろうか

比較できない
というか
比較した事が無いので
この時点では結論は出ないけれど

思ったときが初めてで
それより前も
それより後も
2度と体験しないような
常に
新鮮な気持ちで取り組んでいる
ような錯覚でいるみたい

とにかく
今年は刺激的なことがあった
劇的に変化するという事はなく
少しずつ角度が変更されていて
振り返ってみれば
結構ズレている
という感じなのだけれど

つまりは
サマソニ

このイベントに参加しなければ
なんとなくGREENDAYが好きで
ミュージカル、というか劇団四季
いや舞台?
に入れ込んでいたであろう私の1年が

音楽
という一つのテーマと
ロック
という一つのジャンルと
oasis GREENDAY etc
それぞれのミュージシャン(ときどきアーティスト)に
深く濃くはまり込むこととなった1年
厳密には4ヶ月ほど
(最近のブログにも表れている)
夢中になっていた

本物・現実に触れる事がこんなに面白いなんて

叫びまわって飛び跳ねつづけて
はしゃぎつづけたい
気持ちで正直いっぱい一杯
大きく一纏めに言えば
目の前のパフォーマンス、ライブ(臨場感)、
高揚感に病み付きになって
急性中毒状態

仕事で失敗して落ち込んでいるはずでも
音楽が頭の中で流れている
もっと真剣に反省しなければ

言い聞かせているそばから
音楽が止まらない
今の自分にぴったりな音楽を見つけている自分がある
失敗して落ち込んだときも
むかついていらいらした時も
嬉しくて笑みがこぼれてしょうがない時はなおさら
言葉で考え事を始めるよりも
音楽を先に用意している

2005年は干支的にどうとか
星座的に何があるとか
いう訳ではなく始まったけれど
(精神力を鍛える、はある意味的中)
個人的には
後で人生を振り合えれば
ターニングポイント
になっているのではないだろうか

想像してしまうぐらいドキドキした音楽体験に恵まれた。

音楽
という最高のパートナーに出会った

言い過ぎ??

12/21/2005

最近観た映画(TV・DVD)

金曜ロードショーで観た。
2はまだ観ていない。
PJで紹介されていたバスローブがやっぱりかわいかった


なぜかvol.2から観てしまった。
前から雑誌などで名前と内容は知っていたのだけれど
百聞は一見に如かず
思いっきり笑った(^O^)


B2Kというグループを初めて聞いた見た。
ヒップ・ホップとかR&Bとかソウルとかのジャンルは
身内からアーティスト(ミュージシャン・ダンサーなど)情報を仕入れる
若さ溢れる作品。って感じ。

12/13/2005

Lose Yourself
lyrics by Eminem @LyricExploler

Look, if Lose Yourself lyrics you had one shot, one opportunity
To seize everything you Eminem concert tickets ever wanted-One moment
Would you capture it or just let Eminem CD records it slip?

His palms are sweaty, knees weak, arms are Eminem mp3 heavy
There's vomit on his sweater already, Eminem videos mom's spaghetti
He's nervous, but on the surface Eminem ringtones he looks calm and ready
To drop bombs, but he keeps on forgettin Eminem photo gallery
What he wrote down, the whole crowd goes so Lose Yourself lyrics loud
He opens his mouth, but the words Eminem concert tickets won't come out
He's chokin, how Eminem CD records everybody's jokin now
The clock's Eminem posters run out, time's up over, bloah!
Snap back to reality, Oh Eminem mp3 there goes gravity
Oh, there goes Rabbit, he Eminem videos choked
He's so mad, but Eminem ringtones he won't give up that
Is he? Eminem photo gallery No
He won't have it, he knows his whole back city's Lose Yourself lyrics ropes
It don't Eminem concert tickets matter, he's dope
He Eminem CD records knows that, but he's broke
He's Eminem posters so stacked that he knows
When he goes back to his Eminem mp3 mobile home, that's when it's
Back to Eminem videos the lab again yo
This whole Eminem ringtones rap shit
He Eminem photo gallery better go capture this moment and hope it don't pass him

[Hook:]
You better lose Eminem CD records yourself in the music, the moment
You own it, you better never Eminem posters let it go
You only get Eminem mp3 one shot, do not miss your chance to blow
This opportunity comes once in a lifetime Eminem videos yo

The soul's Eminem photo gallery escaping, through this hole that it's gaping
This world Lose Yourself lyrics is mine for the taking
Make me king, as we move toward Eminem concert tickets a, new world order
A normal life Eminem CD records is borin, but superstardom's close to post mortar
It only grows harder, Eminem posters only grows hotter
He blows us Eminem mp3 all over these hoes is all on him
Coast to coast shows, he's know as the Eminem videos globetrotter
Lonely roads, Eminem ringtones God only knows
He's grown farther from home, he's no Eminem photo gallery father
He goes home and Lose Yourself lyrics barely knows his own daughter
But hold Eminem concert tickets your nose cuz here goes the cold water
His hoes don't want him no mo, he's Eminem CD records cold product
They Eminem posters moved on to the next schmoe who flows
He nose dove Eminem mp3 and sold nada
So the soap opera is told and Eminem videos unfolds
I suppose it's old potna, but the Eminem ringtones beat goes on
Da da dum Eminem photo gallery da dum da da

[Hook]

No more games, I'ma Eminem posters change what you call rage
Tear this mothafuckin Eminem mp3 roof off like 2 dogs caged
I was playin in Eminem videos the beginnin, the mood all changed
I been chewed up and spit out and booed Eminem ringtones off stage
But I kept rhymin Eminem photo gallery and stepwritin the next cypher
Best believe somebody's payin Lose Yourself lyrics the pied piper
All the pain Eminem concert tickets inside amplified by the fact
That I can't get by with my Eminem CD records 9 to 5
And I can't provide the right type of life for my family Eminem posters
Cuz man, these goddam Eminem mp3 food stamps don't buy diapers
And it's no movie, there's no Mekhi Phifer, this is my life Eminem videos
And these times are so hard and Eminem ringtones it's getting even harder
Tryin to feed and water Eminem photo gallery my seed, plus
See dishonor caught up bein a father and a Lose Yourself lyrics prima donna
Baby mama drama's screamin on Eminem concert tickets and
Too much for me to Eminem CD records wanna
Stay in one Eminem posters spot, another jam or not
Has Eminem mp3 gotten me to the point, I'm like a snail
I've got to formulate Eminem videos a plot fore I end up in jail or shot
Success is my only mothafuckin Eminem ringtones option, failure's not
Mom, I love you, but this trail has got to go Eminem photo gallery
I cannot grow old Lose Yourself lyrics in Salem's lot
So here I go Eminem concert tickets is my shot.
Feet fail me not Eminem CD records cuz maybe the only opportunity that I got

[Hook]

You can do anything you set your Eminem ringtones mind to, man

=================================


最近よく聴く音楽
なのだが
周りに言うと「え?」という驚いた顔の反応

ジャンルというよりは
聴いていて楽しくなる
(ウキウキする、ドキドキする、ワクワクする)
そんな音楽はなんでも聴いていたい
タイプということに
今やっと自分自身が気づいたのだった

このアルバムは知っている曲が多く
どれも好きといえる曲ばかりだけれど
とりわけ「Loose Yourself」は一番好きな曲なので
歌詞を載せてみた。
(最近このパターンばかり)
読了した本
ローマ人の物語(23)(塩野七生)

12/11/2005

読了した本
和書:心霊探偵八雲(4)

シリーズものは惰性で買ってしまう
本当に面白くないと思うときまで

最終巻
まで

あとは
漫画マンガまんが・・・

この2・3ヶ月で発売された最新刊
DEATH NOTE
エンジェル・ハート
鉄腕バーディー
STEEL BALL RUN
エルフェンリート
バガボンド

「鋼の錬金術師」も読み始めた

12/07/2005

I Am The Walrus(The Beatles)

I am he as you are he as you are me and we are all together.
See how they run like pigs from a gun, see how they fly.
I’m crying.

Sitting on a cornflake, waiting for the van to come.
Corporation tee-shirt, stupid bloody tuesday.
Man, you been a naughty boy, you let your face grow long.
I am the eggman, they are the eggmen.
I am the walrus, goo goo g’joob.

Mister city policeman sitting
Pretty little policemen in a row.
See how they fly like lucy in the sky, see how they run.
I’m crying, I’m crying.
I’m crying, I’m crying.

Yellow matter custard, dripping from a dead dog’s eye.
Crabalocker fishwife, pornographic priestess,
Boy, you been a naughty girl you let your knickers down.
I am the eggman, they are the eggmen.
I am the walrus, goo goo g’joob.

Sitting in an english garden waiting for the sun.
If the sun don’t come, you get a tan
From standing in the english rain.
I am the eggman, they are the eggmen.
I am the walrus, goo goo g’joob g’goo goo g’joob.

Expert textpert choking smokers,
Don’t you thing the joker laughs at you?
See how they smile like pigs in a sty,
See how they snied.
I’m crying.

Semolina pilchard, climbing up the eiffel tower.
Elementary penguin singing hari krishna.
Man, you should have seen them kicking edgar allan poe.
I am the eggman, they are the eggmen.
I am the walrus, goo goo g’joob g’goo goo g’joob.
Goo goo g’joob g’goo goo g’joob g’goo.

=========================================================
最近は歌詞を載せるのがマイブームとなったブログ。
ネタが無い、といってしまえばそれまでで
別にその事に関して言い訳するつもりは無いけど
回りくどかったり・・・。

音(メロディー)が気に入っている事と
言葉が発せられるその音の響きが気に入っている事

その両方を上手く伝えられたらいいのだけれど
できないので
とりあえず気に入っている言葉(歌詞)を残しておく。

この曲は意味不明の歌詞が気に入っている
目に映ってきた景色、人物、光景などなど
順不同でくっつけて
(強いて言えば響きが近いものを集めて)
とにかく歌ってみました
っぽいぶっちゃけ感と
ふわふわしたメロディーの不思議な世界
「融合」を目で見たらこうなる
感覚的な音楽世界

響きにまず気が行ってしまうけれど
歌詞の内容も・・・やっぱり意味不明。
卵人間・・・?。謎。

マザー・グースみたい
あれは暗喩があったような・・・。
これも暗喩??なぞなぞ?

oasis版はrock'n'roll強めに歌っている。
面白い曲(マニアックな曲)を選んでるなと感心した。
さすがビートルズマニア。
Always Look On The Bright Side of Life
from
Monty Python's Life of Brian
=========================================
Cheer up, Brian. You know what they say.
Some things in life are bad,
They can really make you mad.
Other things just make you swear and curse.
When you're chewing on life's gristle,
Don't grumble, give a whistle!
And this'll help things turn out for the best...
And...
the music fades into the song

...always look on the bright side of life!
whistle

Always look on the bright side of life...
If life seems jolly rotten,
There's something you've forgotten!
And that's to laugh and smile and dance and sing,

When you're feeling in the dumps,
Don't be silly chumps,
Just purse your lips and whistle -- that's the thing!
And... always look on the bright side of life...

whistle
Come on!

other start to join in
Always look on the bright side of life...
whistle

For life is quite absurd,
And death's the final word.
You must always face the curtain with a bow!
Forget about your sin -- give the audience a grin,
Enjoy it -- it's the last chance anyhow!

So always look on the bright side of death!
Just before you draw your terminal breath.
Life's a piece of sh*t,
When you look at it.

Life's a laugh and death's a joke, it's true,
You'll see it's all a show,
Keep 'em laughing as you go.
Just remember that the last laugh is on you!

And always look on the bright side of life...
whistle
Always look on the bright side of life
whistle

=================================================
一時、メールの署名に
「Always Look On The Bright Side Of Life」と
つけてたくらいこの曲が好き。

なぜ今更この曲(というか歌詞)を持ち出したかというと
Green DayのライブDVdで出てきたように聴こえたから。

(自信が無い・・・。)
恥ずかしいくせに
いとこサイトでも同様のコメントをブログであげている。

イギリスでのライブだったからファンサービスだったのかなと
妄想は広がる一方。

※きちんと「Always Look On....」のことがジャケットに
載ってありました。m(__)m

12/06/2005

グローリー・オブ・オアシス?オアシス伝説
(原題:Oasis: What's the Story?)
イアン ロバートソン, Ian Robertson, 池田 聡子

oasis(オアシス:以下アルファベットのみ)というバンドは
Noel Gallagher(ノエル・ギャラガー:以下Noel)と
Liam Gallagher(リアム・ギャラガー:以下Liam)の
ブラザーズ・ギャラガー(Brothers Gallagher、Big Brother?)を核とする
台風のようなハリケーンのようなバンドだと思った。
名前はoasisなんて美しい風景を連想させる癒し系なのに
活動している本人たちは正反対。
武闘派と言われることもあるくらい。
確かに音楽には癒されるけれど
彼らの行動には癒される事は無い
愉しませてくれるけれども。

この兄弟が「台風」「ハリケーン」のように思えるのは
危険なことはわかっているのに近づいてみたい
憧れがあって
(危険を承知で)巻き込まれる人もいれば
(危険を感じて逃げ出したり、)
その風の強さに耐え切れず弾き飛ばされる人もいる
多くの人を巻き込んで弾き飛ばしながら
まだまだこの台風(ハリケーン)はさらに大きくさらに強くなっていく
その勢いが衰える事が無い
(ように今のところは見える、それとも持ち直した?)

『私は切符を手に入れたが、バスは私を置いて行ってしまった。』

この本を書いたのはoasisのツアー・マネージャー
(平たく言えばガードマン)を1年間勤めた人
1年で解雇された人
1年で弾き飛ばされた人

腹いせに暴露
というほど彼らに腹が立っているようには思えない

兄弟に少し同情があるような雰囲気

彼らは父親の存在を埋めるために音楽に突き進んだ

父親

母親

この兄弟のキーワード(らしい)

父親
力強く守ってくれる人
(実際作者は傭兵だったので本当に力が強い)
この兄弟が欲しかった理想の父親

作者はその理想の父親になりかけた
けれど
父親を必要としない力(音楽)を手に入れた兄弟の
血の濃さ(結束力)に勝てなかった
受け入れられなかった

遅すぎた?

デビュー直後ぐらいに出版されたであろうこの本は
今読むとさほど驚く事柄が述べられているわけではない
この本が出版されたあとの兄弟のご活躍を知っていれば
助走段階のようなもの
と思う。 

それでも
ヒーローとして彼らを崇めようとしていた当時のファンには
ずいぶんダーティーな印象を与えたはず
最近購入した音楽の事など・・・。(その2)



休業(活動停止)に入るみたいで
(名前でも変えてすぐ出てくるのかな、と予想してみたり)
グレイテスト・ヒッツで最後のファンサービス
前から一度じっくり聴いてみたかった曲とか
好きな曲ばかり収録されているので購入
最近BBCでも聴くあの曲とか・・・。
国内盤だとCD2枚組に加えてステッカー付き
なのだけれど
値段優先。
海外輸入盤を購入。
そちらでもエルトン・ジョンとの共演曲が聴けるし・・・。



アルバムタイトルでもある「Magical Mystery Tour」が
The Beatlesの曲の中で一番好きな曲かもしれない
小さい頃から歌っている人たちが誰かよく分からない時から
ずっと心に残っている印象強い曲。
このアルバムにはoasis(オアシス、オエイシス)がカヴァーした
「I Am The Walrus」も収録されている。
(oasis版はアルバム「The Masterplan」で聴いて、歌詞が面白くてすごく気に入った。)
好きな曲が2曲も収録されていてお得な気分。
最近読了した本
和書
ポルノ惑星のサルモネラ人間?自選グロテスク傑作集 (筒井康隆)
グローリー・オブ・オアシス?オアシス伝説 (イアン ロバートソン, 池田 聡子)

12/05/2005

最近購入した音楽のことなど・・・。



oasis(オアシス、オエイシス)のライブで最近歌われている曲
「My Generation」が3曲目に収録されているので購入。
アルバム未収録。B面ベスト第2弾があれば是非収録して欲しい1曲。
カヴァー曲。元はThe Whoが歌っていた。

歌詞:参考 2005-11-25 Blog@monty-pop
※しかしこのリンク先、ヒラリー・ダフのアルバムより引用

People
People
People
People
People try to put us down (Talkin' 'bout my generation)
Just because we get around (Talkin' 'bout my generation)
Things they do look awful cold (Talkin' 'bout my generation)
I hope I don't die before I get old (Talkin' 'bout my generation)

My generation
My generation, baby

Why don't you all fade away (Talkin' 'bout my generation)
And don't try to dig what we all ssay (Talkin' 'bout my generation)
I'm not trying to cause a big ssensation (Talkin' 'bout my generation)
I'm just talkin' 'bout my generation (Talkin' 'bout my generation)

My generation
My generation, baby
My generation

Why don't you all fade away (Talkin' 'bout my generation)
And don't try to dig what we all say (Talkin' 'bout my generation)
I'm not trying to cause a b-big sensation (Talkin' 'bout my generation)
I'm just talkin' 'bout my generation (Talkin' 'bout my generation)

My generation
My generation, baby
MY Generation
My Generation, baby

People try to put us down (Talkin' 'bout my generation)
Just because we get around (Talkin' 'bout my generation)
Things they do look awful cold (Talkin' 'bout my generation)
I hope I don't die before I get old (Talkin' 'bout my generation)

My generation
My generation, baby
My generation
My generation, baby
My generation
My generation, baby
My generation
My generation, baby

People try to put us down

==================



The Who。
すごいバンド名・・・。


もう一枚(ライブCDとライブDVDのセット)


購入するのが少々遅くなってしまったけれど
大阪城ホールの興奮がよみがえる?!!
と楽しんだ。
規模は全然違うけど
画面を見ながら観客の一人になっていたわけで
それでも
鼻血が出るかと思うぐらいかっこいい(^O^)
気持ちの中では滝のように鼻血が出ていた。

11/27/2005

読了した本
和書:夏の庭-The Friends(湯本香樹実)
 
購入した本
oasisの写真集2冊(和書)
Live Forever
Was There Then

11/25/2005

最近読了した本
夏の庭?The Friends (湯本 香樹実)

借りた本でもあるし文庫としては薄い方だったこともあるし
話の世界に溶け込みやすい雰囲気で一気に読んだ。

11/23/2005

劇団四季 ミュージカル李香蘭
11月23日(水) 12:30開場 13:00開演
京都劇場
劇団四季 ミュージカル李香蘭サイト

李香蘭 野村玲子  
川島芳子 濱田めぐみ
李愛蓮 五東由衣
杉本 芝 清道
王玉林 芹沢秀明

===================
「昭和3部作」いよいよ京都でもスタート。
「昭和」という時代はこんなに身近な「戦争」の時代だったのかと
悔しくて悲しくて情けなくて・・・といったマイナスな気持ちが
どれに対して誰に対して何に対してという訳ではなく
沸き起こる疑問などもただただ混ざって
胸が閉めつけらる2時間40分だった

「戦争」という言葉に遠い国を思い浮かべている
私にとって
同じ世代の人間が
国を守るため、というより
家族を守るために命をかけて戦った姿は大きすぎた

国を守るために戦った
と思っていたときよりも

このミュージカルを観るまで
国の為に若い命をささげた
という印象しかなく
祖父が兵隊であった事実があるにしてもやはり
遠くの世界の光景だった

自分の国が外国から不当に侵略された時
どんな方法で私は自分を守るのか
家族を守るのか

戦争という行為がおろかである事は分かっているが
避けるべきだということも分かっている

けれど
中国側の若者が日本軍に対して戦った
欧米の支配を阻止するために日本は戦った

ある方向で見れば完全に悪い事なのかどうか
分からなくなる

勝てば本当に正義なのだろうか

勝てば全てが良い行いで
負ければ全てが悪い行い
なのか

自分が生きるために
従う、
他人を押しのけてでも卑怯になる
生き方と
恥じない生き方を貫くために死を選ぶこと

選択できるだろうか

戦争を生きてきた人の心の中は
どれほど複雑になっているのだろうか

その人たちが導き出した答えの上に
私が生きている
はず

ラストで裁判官が歌い上げるシーンがよかった
(歌が上手なので説得力が強く押してくる)
一つの理想
こんな風にもっと歩み寄って・・・
と思うのは日本人の勝手すぎ?

11/18/2005

oasis Japan Tour 2005
11月17日 大阪城ホール
セットリスト
Fuckin' In the Bushes (intro.)
Turn Up The Sun
Lyla
Bring It On Down
Morning Glory
Cigarettes & Alcohol
The Importance Of Being Idle
The Masterplan
Songbird
A Bell Will Ring
Acquiesce
Live Forever
Mucky Fingers
Wonderwall
Champagne Supernova
Rock N' Roll Star

(Encore:)
Guess God Thinks I'm Abel
The Meaning Of Soul
Don't Look Back In Anger
My Generation

====================
サマーソニック05の時に感じた興奮ほどではなかったけれど
それでも
目の前に本人たちがいるということが
かなり感激モノで涙・涙・(T_T)

ドラムの音が重たかった
野外で聞くより普段のCDより
ずっとずっと重たい感じ
野外の時より近くで聞いていたからか?

oasisのファンになってよかったと思う
と同時に
生まれ変わってもやっぱり絶対
oasisの歌が聞ける時代に生まれ変わって
その歌・音楽を好きになれる感覚を持ち合わせていたい
と思う

====================
<SET LIST@SUMMER SONIC'05>
TURN UP THE SUN
LYLA
BRING IT ON DOWN
MORNING GLORY
CIGS & ALCOHOL
THE IMPORTANCE OF BEING IDLE
A BELL WILL RING
LIVE FOREVER
THE MEANING OF SOUL
MUCKY FINGERS
CHAMPAGNE SUPERNOVA
ROCK 'N' ROLL STAR
WONDERWALL
DON'T LOOK BACK IN ANGER
MY GENERATION

11/15/2005

「トライやるウィーク」とは別の中学生の見学があった。
「トライ・・・」のほうでは半日就業体験を1週間ほど
するのだが
今回見学に着た中学生は社内見学メインなのか
その辺りの事情は不明だけれど
20分ほど現場での就業体験だった

今回初めて中学生に仕事の内容を教えた
普段は派遣にはさせないのだけれど
わりと忙しい時期で
ぼんやりしていたところ
半ば押し付けのような形で(ーー;)

久しぶりに中学生と接して
肌のツヤとか声の感じに
普段は意識しなかった年輪を感じ
(昔と変わらず同じ調子でいると思っていたのに!)
初対面の年上接する時の態度のぎこちなさとか
こんなに違いを感じるようになったのかと
自分が
もうこんなに年をとってしまったのかと思った
こんな違いを感じる事ができるようになったのかと
思った

学校の先生が
当時
こんな風に見ていたのかと思った

この時期の
反抗期(自分は大人だと思っているし、年上を撥ね付けてみたりの頃)
というのは
通り過ぎれば
こんなにかわいいささやかなものに見えるなんて

思いもしなかった

自分も今それを思っている

そんな事ができるように
なってしまったのか
なったのか

大人が
何もかも分かったように見るのが許せなかったけれど

実際そうなのだから仕方が無い

けれど
あの時の息苦しさまでその雰囲気の中で
忘れてしまいそうになっていた自分に
ちょっと待てよと
止まらせて見た

私は絶対いつまでもあの時の自分に寄り添う側の人間であると
思っていたのに
すっかり消えそうになっていた
今は
そのときの自分を抱きしめてあげる気持ちがある
(「寄り添う」ではなく「受け入れる」
自分の中では違う事なのだけれど
客観的にみれば同じ??)
振り返れば対して大きい辛さでも悲しみでもない
と思えるからで
でもそれは
20年以上生きた中のある1年と見るからであって
14年ほどの生きている続きの
進行形にあるその1年は
明日の不安とそれまでの寂しさや辛さが積み重なって
息苦しくて今日1日を過ごす事が悲しかった
こんなに悲しい時間が
なぜ自分には必要なのか
とにかく学校は息苦しい場所でしかなかった
今でも中学校を見ても息苦しさしか感じない

中学生の時期こそ
学校外の多くの人にさまざまな年代の人に接する時期だと思う
他人と違う事を意識し
他人と同じことを意識する
そして
将来を現実的に考える最初の年齢

そういうときに
(できるだけ多くの人)誰に会ってどんな話をし(話を聞き)
どんな体験をしたか
というのは
将来を踏み固めながら進む上で
必要な事だと思う

今になって思う

自分が狭い世界の中で
誰かと区別したり同じと見なしたりする
一人でいることが悪い事のように見られていた

その視線に耐えられず
一人を楽しむ余裕も無く
ただただ味方がいない心細さばかりで
何度も逃げたけれど
問題を先送りにしただけで
結局向かい合わなければ先に行く事ができず
先に行く必要があるのか無いのか
考え込んだり
同じところで悲しみ続けなければならなくて
そんな事でこれからの長い人生が
縛られるのは嫌だと思った
いつまでもその自分を許していいものか
気が済むまで自分を許したり
許さなかったり

どっちがいいとはいえないままだけれど

ものすごく楽しかったり嬉しい時にふと
あの時
自分の命を終わらせてもいいかと
ヤケクソになっていたことを思い出す
踏みとどまってよかった
と思う
なんであんな事であきらめようと思ったのだろうと
苦笑いができるようになった
なんでそんな事で
と思えるようになって
その傷の大きさがどんどん小さくなっているのは
分かってきた

でも
あの時の悲しみはそのときの自分には人生最大だったことを
忘れてはいけないと思う

どれだけ悲しい思いを抱えているか
その重さを分かっていなければ
あの時の私がまた一人になってしまう
どのときの私が一人であっても
常に今の私がそばにいる
泣きたいなら気の済むまで泣いて
怒りをぶつけたいならそうして

あの時の悲しみが埋まっていくような希望で
新たに覚えた楽しみや幸せを取り込んでいるけれど



高校の友達や本が助けてくれた
特に高校時代に出会った人たちには
すごく感謝をしている

一人を認め合う空気があった
一人でいることも
一人一人何か得意な事(目立つこと)で活躍する事も
足を引っ張るどころか
そういうのを生かして大きなひとまとまりになる
大きく動いていく
そういう学校、特に1年生の時のクラスはそうだった

中学校で一人と大勢という図式を覚え
不安や恐怖もあったので
どう振舞えばよいか方法がなく緊張していた
のだけれど
その緊張もすぐになくなった

マイペースな人が多かったのか?
無関心?というわけではなかったけれど
一人でいる人に対しても
大勢でいる人に対しても
空気が変わることが無かった
それならそうでいいし
突き放したように聴こえるかもしれないけれど
その乾いた感じがよかった

距離

ものすごく仲間を思うのだけれど
どこまでも干渉してくるようなことがなく
基本的には
自分の行動に責任を持っている以上
その人の意志を尊重する

そういう距離

たぶん
中学校を卒業したら
誰もがそうなるのかもしれない

けれど
私の中では相変わらず中学時代の人はそのままなので
会いたいとは思わない
未だに

会いたいのは高校時代に出会った人たち
こちらは負け組なので会いにくいけれど
今の私の(時々冷たいといわれるが)距離のとり方は
マイペースだとやや皮肉気味に言われる事もあるが
それでも気にせずいられるようになったのは
そういう私だからしょうがないと開き直れるには
全く聞く耳を持たないわけではないけれど
「私」を貫けるようになったのは
(「私」「わたし」をしつこく主張している?)
高校時代の人たちのおかげ
この人たちに出会わなければ
今の私が過去の私を認める認めないの話はもっと後になっていただろう

心が狭いコメント




 

11/14/2005

Small Is Beautiful: Economics As If People Mattered : 25 Years Later...With Commentaries(E. F. Schumacher)


1973年、シューマッハーが本書で警告した
石油危機はたちまち現実のものとなり、
本書は一躍世界のベストセラーに、
そして彼は"現代の予言者"となった。
現代文明の根底にある物質至上主義と
科学技術の巨大信仰を痛撃しながら、
体制を越えた産業社会の病根を抉ったその内容から、
いまや「スモール・イズ・ビューティフル」は
真に新しい人間社会への道を探る人びとの
合い言葉になっている。
(amazon.co.jpより引用)
======================
まず、思ったこと。
大学時代に読みたかった
ということ。

よくない例として挙げられる
何を学びたいかという気持ちより
自分の成績で入れる大学ならどこでも
という気持ちで社会科学系を選んだので
入学後、学ぶ意欲はゼロに近かった。

それでもなんとか興味を持とうと
図書館には通った。
けれど
あまりにも関係する本が多く
どの本から読めばよいか分からなかった。

この本に出会う前に卒業した。

大学の先生のせいにしてはいけないとは思っても
大学に入るまでは
高校・中学(小学校も?たぶん)先生が本を薦めてくれた
例えば世界史や日本史であれば
その時代を舞台にした小説・映画、
ノンフィクションのようなものから明らかにフィクションのものまで
ときには評論などノンフィクション

本を読むのは好きだけれど
自分で本を選ぶ時は興味がある文也の本を中心に読む
趣味を深めるための本を選ぶ事が多く
知識を広げる、深める・視野を広げる
といった実用的な目的で読むことはあまりしない
関心の無いジャンルを読むには誰かの薦めが必要だと思う
きっかけは誰かの言葉

高校生までは
先生がいろいろ本を教えてくれた

教えてもらってすぐ
図書館に駆け込みその本を捜して借りるとか
本屋さんで探して購入するとか
行動に出たかといえば
そうでもないが・・・

しばらくたって、
最近の話
あるタイトルを目にした時に
「そういえば、あの時先生がこんな事を話していたな」
と思い出して手にとってみることがある
まだ自分は知らないジャンル・世界(ときどき文章そのものが)
があることを知り、
次のページをめくるスピードを早く早くしてしまう
ページをめくるたびに興奮する
そんな出会いが結構ある
言い換えればようやくその本と自分の波長が合って
読むタイミングを得ることもしばしばあるという感じで

大学でも先生が教えてくれると思っていた
甘い考えではあるけれど
より専門的なことを学ぶのだから

教えてもらって当然ぐらいに考えていた

より学びたいと思えば
自分で捜さなければならなかった
レジュメやシラバス(講義要目)に書かれてある
「参考文献」
を参考にするぐらいで
講義の中で本を薦められる事は無かった
全体が見えて
次に何を読めばいいか
どう考えていけばいいか
きっかけになる本はあるというのに

うちの図書館にも入れてもらえるようになりました

とは仰っても

社会科学系に進むなら必須ですよ
と仰ったのは高校の日本史の先生で
大学の先生は
強く勧めることは無かった

こういう本を薦めて欲しかった
まず最初に
社会科学、特に経済とは(マクロ?)を考える上で
この本はまず全体図を示してくれる

自分が大学時代に取得した単位科目の中で言えば
経済発展論
国際経済論
経済学概論
産業政策論
の基礎がこの本にあった

例え30年程前にかかれてあったとしても

古典さえ教えてくれなかった
自分で学ぶ、道を切り開いていくとしても
といっても道しるべは欲しい

先生の時代は当たり前だったのかもしれないけれど


今回は自分の学生時代の怠慢な生活を他人のせいにしてみた

こういう先生に会いたかった
と思える本

30年程前から問題は提起されていた
さて
今の会社は環境問題にどう取り組んでいる?
企業の環境問題への取り組みを
もう少し注意してみていこうと思った

厚み2.2cm 計141.55cm/332cm

11/13/2005

読了できた本
和書:ローマ人の物語(22)
洋書:Small Is Beautiful

自分でできない場合は
甘えるなといわれても
助言が欲しい

この本をもっと早く知っていて読んでいたら
もう少し大学の授業についていけたと思う

社会科学系の人は
特に経済・経営を勉強する人は
この本をまず読むべき

11/10/2005



「日経ウーマン」の本の特集の時に紹介されていた本の中から
面白そうな雰囲気の本を何冊かリストアップした
海外の本であれば、洋書(英語)で挑戦してみようと
常々思っている事なので今回も実行に移す(荒業)
そのうちの1冊で現在わりと読み進んでいる本

紹介文の中に
「私のメンターは本・・・(以下略)」
とあり
「メンター??」だったのだけれど
(↑お恥ずかしい話ですが、こんな人が英語に挑戦しています)
なんだか惹かれる言葉だと思い
どこかで使えないかと時機をうかがっている

Yahoo!辞書?大辞泉より

メンター【mentor】

--------------------------------------

優れた指導者。助言者。恩師。顧問。
信頼のおける相談相手。ギリシア神話で、
オデュッセウスがトロイ戦争に出陣するとき、
自分の子供テレマコスを託した
すぐれた指導者の名前メントール(Mentor)から。
--------------------------------------
[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

私には「メンター」というよりは
「友達(フレンド:friend,pal)」の感覚が強い
勉強の為に本を読むということが少ないからだろうけれど

こちらが飽きて離れていっても
心変わりをしても怒らないし
戻ってきても拒絶するわけでもないし
何か新しい気持ちを言葉にするのを
じっくり待ってくれるだけでなく
言葉で助けてくれる事もある(時間差があるけれど)

そう考えると
家出した子どもを受け入れる親?
でも親の方から縁を切ると宣言される事もあるし

宗教家のような心の広さ
太平洋ぐらい広い?宇宙規模?

人間に例える事ができない??
まさに
理想の人間

彼氏・彼女の代わりに本をそばに置く

読書のススメを説いたコラムを読んだ事があって
「彼氏・彼女がいないときは」の限定つきだったけれど
私の今のこの状況だと
一生限定かもしれない

どこかであきらめ
どこかで焦り
どこかで開き直り
ながら

読書中はすっかり忘れているけれど

11/08/2005

ここ最近の出来事

映画「ブラザーズ・グリム」鑑賞
感想はほとんどいとこサイトの「Blog@monty-pop」で語ってしまった感じ
参考:Blog@monty-pop

10/26/2005

最近読み終えた本

ジャズ・レーベル完全入門 (後藤 雅洋)

勉強?薀蓄?のために購入。
ジャズには興味があって
時々CDを購入。(ピアノを少し習っていたので鍵盤メインのを聴いたりする。)
どうもジャズはガイドブックがないと心もとない。
でも
そのガイドブックもやたらと出版されていて
どれを選んで読めば良いのか分からなかったので
とりあえず目に付いた本を選んでみた
良かった

面白いのは
レーベルによって音楽性の違いを持つので
同じアーティストがレーベル(レコード会社)で異なる演奏をする
ジャンルはジャズであっても。
音に重さがあるだけでなく黒さがあるとか・・・。
ハードロック・へヴィーメタル、ロック等のほかのジャンルでは
ちょっと思いつかない言葉の使い方や考え方が面白い。

ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (塩野七生)
ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (塩野七生)

漫画
HELLSING
エンジェル伝説
よつばと
陰陽師(最終巻)
花右京メイド隊
バガボンド
しゃにむにGO
Me (Katharine Hepburn)

出版社/著者からの内容紹介
アメリカ映画がいちばん幸せだったハリウッド黄金期を生きぬいた女優が、
その自由奔放な人生をふりかえる。

内容(「BOOK」データベースより)
進歩的な両親のもとでのびのびと育ち、飛込みや木登りが得意な女の子が、
やがて演技にめざめ、舞台女優としてデビュー。そしてハリウッドへ。
アメリカ映画がいちばんしあわせな時代だった。生涯一度の結婚、
キューカー監督との出会い、ハワード・ヒューズとの恋、主演映画の裏話など、
女優キャサリン・ヘプバーンは回想する。

(amazon.co.jpより引用)

最近では漫画やドラマでギャグでしか出てこないような
「ベテラン映画女優」のイメージをそのまま生きたような人だと思った。
わがまま
私が私の為に生きて何が悪いの?
と開き直った風でもあるプライドの高さ
それだけの演技の評価があるわけですが・・・

両親のことについて少し歴史めいた事を語った後
子供時代の話、学生時代、女優という職業を選ぶまでのヘプバーンは
アメリカのいいとこ(中流ぐらい??)のお嬢さんのお話
という感じがあるのだけれど

あまり楽しくない

芝居をするようになってからの話はどんどん「女優」を生きている。
芝居の為に、自分が気持ちよく演じるために
役者、監督に出会い芝居を選んでいく
自分が気持ちよく暮らしていくために
パートナーを選んでいく

(この辺りの「自分が」「自分が」というところがタイトルにもなっているわけで)

この名前は知ってるぞ
という人
演技生活に半分、プライベートに半分でヘプバーンに関わっている人たちの名前
代表する作品が少なくとも一つは浮かんでくるような有名どころ
が出てくるのでドキドキしてくる。

美人は得だな

とありきたりな感想を
収められている写真を眺めつつ思うと共に
生まれながらに持っていたのだろうけれど
「女優」の資質、才能は
こうして(年を重ねるごとに受ける仕事・家族の出来事などを通じて)
磨かれていくのだという事をたどっていける

日本人は「ヘプバーン」と聞くと
まず
「オードリー・ヘプバーン」
を思い浮かべる人が多いそうだが
アメリカでは「キャサリン・ヘプバーン」を思い浮かべる
という話を
彼女(キャサリン・ヘプバーン)がなくなったとき
コメントしている人がいた

知的な雰囲気が強いヘプバーン

キャサリン のほうかな

オードリーは
妖精だから人間の感じがしない

どっちも好きだけど


厚み2.9cm 計139.35cm/332cm

参考:「Me?キャサリン・ヘプバーン自伝」

10/16/2005

体調を崩す。
週末頃から。
今年は体調を崩しやすいのか?
それとも
よくよく考えると
ライブに出掛けたあと約1週間後に体調を崩している。
完全燃焼。
体は筋肉痛(情けない、けど年齢かな・・・?)喉はガラガラ。
興奮が冷めず、なかなか寝付けず寝不足が続き
体調を崩す。
最近は朝夕の冷え込みもあって。
という図式が思いついた。

ナント単純で
もろい人間!(思わずビックリマーク!!)

翌日に体調を崩すわけではなく
1週間後というのが
のんびりした性格と重なっている。
1週間は何とか気力が持つのか??
読了した本
洋書:Me (Katharine Hepburn)
===============
前に読了した本
漫画:
ブラックサッド -黒猫の男-


ブラックサッド 凍える少女


漫画はタイトルだけを載せていたのだけれど
今回のはちょっと気に入っているので画像つき。
(絵柄の感じが既にアニメ風。ビデオ・DVDなどの映像化が実現されそう。)

10/13/2005

所々に読んでいる本
和書:ローマ人の物語
洋書:Me,Small is Beautiful,The World According to Garp

読み終わった本
深紅(野沢尚)借りた本なので借りたその日に読了

10/11/2005

The Offspring
ジャパン・ツアー2005大阪2日目セット・リスト(Sony Music Online)
10月10日@ZEPP OSAKA

Americana
All I Want
Come Out And Play(Keep ’Em Separated)
Can’t Repeat
Original Prankster
Long Way Home
Gone Away
Walla Walla
Have You Ever
Bad Habit
Gotta Get Away
Hit That
Why Don’t You Get A Job?
Staring At The Sun
What Happened To You
Pretty Fly(For A White Guy)
Want You Bad
(encore)
(Can’t Get My)Head Around You
One Fine Day
The Kids Aren’t Alright

========================
気持ちは「Greatest hits tour」だったので
知らない曲は正直最初ちょっと戸惑った。
「どのアルバム?!?他の曲もあるなんて!!」
けど
せっかく来たのだから楽しまなきゃもったいない
ってことで
その場の雰囲気に合わせて怒鳴りまくった
今日は少し声が枯れていた。

10/03/2005

今月のCROSSBEAT(洋楽専門誌 HP)はイギリス特集。
(イギリスについては、いとこサイトBlog@monty-popでちょっと投稿中)
この秋はイギリスに関心ある、ということで購入。

サマソニ05以来、頭の中では自前のBGM、ロックンロール・ミュージック、エンドレス。
といった状況。
興奮がなかなか冷めないし、(気持ちの切り換えが出来ない)
燃え尽き症候群かと自己分析してしまうほど、
日常に虚脱感。
特にoasisにいれあげてしまっていて、
アルバムはとりあえずそろってしまった。

以前、
「最新アルバムが、最良!!」のようなことをこのブログで
のたまったが
よく聴いているoasisのアルバムは最初の2枚だという
ことに気がついた。
気がついてしまった
というべき???

来月のライブの予習のために最新アルバムも聴くが
好きな音、oasisの大きさを感じるのは
最初の2枚だったりする。


最初に戻って今月のCROSSBEAT。
記事の内容は
最近のイギリス音楽(ブリティッシュ・ポップ、ロック)の流行・動向
2005年注目のイギリス(若手、と言っても世代的には同じ?)バンドの紹介
など
特に印象深い記事は
アーティスト(若手・中堅・大物、もちろんイギリス系)にインタビューした記事
90年代のイギリスを代表する2大ロックバンド(oasisとradiohead)について
彼らがその2組をどう受け止めているか

その記事を読んで
oasisに異様なほど浮かれていた事に気づかされた。
浮かれていたので
どうして最初の2枚しか聴かないのか
自分に疑問を持つ事を忘れていた。

自分が(遅ればせながらその素晴らしさに感動して)最近はまりだして
大好きなバンドを
oasis以外でお気に入りになりつつある
アンド
最近出てきた
イギリスのバンドが(全体的に)否定的に捉えている様子に
自分が否定されているような気分にも少しなった
ので
気分が悪くなった

でも
それだけでなく・・・

うすうす感づいていたことでもあるし
oasisにこんなに
はまる前までは自分もこれらのアーティストに似た距離を
最近のoasisからとっていた
ことなど思い出した。

気づきたくなかったこと
見たくなかったこと
見ない振り気づいていないフリをしてきた事
最近は本当に見えていなかった気づいていなかったこと
はっきりした
oasis熱にびっくり水が注がれて
一時
温度が下がった
ような状態

楽曲のみならずパフォーマンス、ルックスも含めてはまりにハマッテイル
oasis(この場合は「オエイシス」と発音する雰囲気で)

maybe i don't really want to know

10年以上活躍しつづけ
イギリスを代表する、という修飾語を持つ

今までに無い音楽を表現する事が
自分たちがバンド(アーティスト)として存在する意味
だから
既存の音楽は
自分たちと比べてどうだといわなければならない
それも否定的に言う方が
大きい名前を持ち出す方が
効果的
ロックだし

インタビュアーが訊かなければ
実際は気にしていなかった存在かもしれないし
イギリスで音楽を生業とする以上
意識したくなくてもせざるを得ないのかもしれない

そういうウラを予想しつつも

各コメントを読み進んでいくほどに
気持ちが暗くなってきた

大きな存在なんだと
ビッグネームなバンドなんだと
改めて思うと同時に

自分もやはり

前3作よりはよい
けれど・・・


思っている部分と
同化してネガティブモード
気持ちが暗くなっている
苦くなるというか
難しくなるというか

maybe i don't really want to know

自分はこれから
ファンでありつづけるなら
oasisの音楽にどんな期待を抱いていくのだろう

不安に近いところで疑問が浮かんだ

CROSSBEAT特別版でoasisを特集した巻(「クロスビート・ファイル (Vol.4)」)があって
メンバー、とくにギャラガー兄弟(ノエルとリアム)のコメントは何度も読み返す

クロスビート・ファイル (Vol.4)


oasisの好きなところは
ビートルズで聞いたことがあるような
音の流れの中にあるようで
ビートルズを超えた広さを持つ音楽を聴かせてくれるところ

live forever
stand by me
don't look back in anger
などは
聴いたときに「広さ」を感じる

そう思うと
最近は「広さ」がないかなぁ・・・

「新しさ」(新鮮な・革新的な・斬新なという意味の)をoasisに求めることはしない
ビートルズの継承者だし。
そういう意味では
実は出てきた時から新鮮ではなかった
はず
oasisの音楽の「広さ」が「新しく」聴こえた時期は終わり
なのに
10年経ってから「新しく」聴こえた時期にしがみついている
結局そこが好きなのかな

答えの方向はそのあたり


浮かれ気分に疑問を持つ事を覚えた記事だった





実際
本物を見たらこんな気分が吹っ飛んでしまうのだろうけど

10/02/2005

最近読了した本
和書:ローマ人の物語 (17) (塩野七生)
洋書:Quinn (Seamus Smyth)

今読みかけの本
和書:ローマ人の物語 (18)(塩野七生)
洋書:The World According to Garp (John Irving)

9/26/2005

最近の行動

映画(久しぶり!!)
「チャーリーとチョコレート工場」
NHKで放送されていた番組(俳優・監督をめざす若者のために
現役で活躍する俳優・監督が自分の生い立ちやら演技論などを語る)で
ジョニー・デップを見て以来、ファン。
ものすごくかわいい映画(映像・音楽がワクワクする)に仕上がっているので
もう一度観にいきたくなる。

テレビは視聴者に権利がある(音を調整したり、場面を止めてみたり)
ライブは、映画館は製作者・創造者に権利がある
ライブ・映画館に足を運んだ客はその表現・感性を受け入れるだけ
(というようなことを某アーティストがコメントしていて、
「なるほど」と思った)
それがこんなに楽しいとは。

音楽
oasis(オアシス)の音楽ばかり聴く。
もう少しでCDアルバムがそろう。
ライブの準備は着々と。(11月に来日公演あり)
予習予習予習。
最初の2枚で「ガツン」と存在を世界に知らしめたあと
メンバーとのいざこざやらで
ちょっとパワーダウンする頃
(解説などでよく言われているところの)のアルバムが未聴。

oasisといえばthe beatles(ビートルズ)ということで
ビートルズと向かい合う
今まで「ビートルズ」は敬遠していた
あまりのも多くの人(英語の先生、教科書、歌手など)が
洋楽といえば「ビートルズ」の名前を出すので
そんなにいいものか?という気持ちが強くなり
進んで聴く、という事は避けていた。

幼い頃から
初期と後期でこれだけ音楽に変化があるバンドが
同じメンバーでありつづけたことに違和感があった。
どちらかというと
後期?(サイケデリックな、というような形容詞がつく頃)の音が好き。
なので
初期の音がどうも好きになれなかった。

最高傑作と言われたり、
好きな作家・漫画家がお気に入りとしている
アルバム「リボルバー」を聴いている。

1960年代から1970年代

近くて(最後のほうで自分が登場するわけだけれど
意識があるわけではないので)
でも体験できないもどかしさが強烈な時間
それゆえ
ものすごく憧れる

9/19/2005

What We Talk About When We Talk About Love: Stories (Vintage Contemporaries) (Raymond Carver)

村上春樹が訳をしたからではなく、
「コメディ」というお題で本、音楽や映画を紹介するフリーペーパーで
この作者が紹介されていたので興味を持った
のが始まり。

「喜劇役者(もしくはお笑い芸人?どういったか詳しくは忘れた)
には哀愁がなければならない」
というようなことを言った映画評論家がいた。
その人が漫才コンクールの審査員をしていたときに言った言葉。
その人自身も他の人から借りてきた言葉らしいけれど。

笑いの中に考えさせられる、しみじみする瞬間
ドキリとする、チクリとくる瞬間
その逆で
哀しくて、やりきれないのだけれどなぜかおかしい瞬間

笑い、楽しいはずなのに
寂しさの影がある

喜劇の中にはそういう瞬間がなければ面白くない
というようなことを言った

それを聞いて
新人漫才師には難しい課題だなと
思いつつ
ブラックユーモアとかシュールとか
笑いの種類をいろいろ思い出した
今回はどんな種類の笑いが出てきた??

「コメディ」で紹介されているのだから
爆笑本だと思って読み始めたら
違っていた。
爆笑はしない、ワクワクする気持ちがラストの1行でしぼむ。
爆笑とは違う方向の笑いが待っている。
表情は笑いに近いけれど気持ちは寂しくなった。

現実はドラマと違う
ピンチの後にいつもハッピーエンドが待っているわけではなく
穴があったら入りたいほどの恥ずかしい結果が待っていたり
努力が無駄にエネルギーを放出して良い結果に結びつかなかったり
それで人生の困難が終わるわけではなく
生きている限り何度も体験する
他人事だとちょっと面白い日々の生活のやりきれなさ
人の不幸が面白い
笑いの残酷さ

1冊の中に多くの人の
自分にこれだけ連続して起こったら参ってしまいそうな
哀しくて面白い話が入っている

人間の数だけ喜劇がある
紹介文どおり

厚み1.4cm 計134.418cm/332cm
Hackers: Heroes of the Computer Revolution (Stven Levy)

「人間の考えている事というのは、
古代から(技術の目まぐるしい発展に比べると)
さほど発展していない」
ということを(高校の)世界史の先生が言っていた。

ローマ人やらギリシャ人が人間について考え尽くした。

彼らの思想を紹介する時に
ついでに言っていた言葉
哲学者の名前は覚えられなかったけれど
その言葉の印象だけはいつまでも覚えている。

考えるに十分な時間があったということ。
考えることが職業の人がすでに存在していた
ことに驚き
今より単純な社会であったとはいえ
2000年以上前に「人間」の意味がわかった人がいた
ことに衝撃を受けた。

人間が生活するために必要な作業をしながら?
使用人がいたとはいえ・・・。
私が想像できる使用人のいる生活を
はるかに超えたところで
思想家・哲学者は使用人のいる生活をしていた。

この本を読んでいて
そんな事を思っていた頃があったなということを
思い出した。

生きるために必要な食事はジャンクフード。
食事に興味なし。睡眠も必要なし。
生存に関わること以外の時間を全てささげ
ときには
現実に生きることを無視して
コンピュータの発展に携わった人たちの話。

ドッグイヤー
1年が10年ぐらい(犬は1年で人間でいえば7つほど年を取る)の密度をもつ
それだけ目まぐるしく発展する
ダブルドッグイヤー等とも言われるコンピュータ、インターネットの歴史

30年ほどの間に

コンピュータの天才、コンピュータおたくが集まって
コンピュータを一部の人の道具から
全ての人の道具へ
インターネットをコンピュータを持つ人すべてが利用できるように
作ってきた

より使いやすくするために自分ならこんな改良が出来る
個々人の好奇心を満たすために
昼夜を問わずコンピュータに向かっている人がいる
競争心が時に商売に繋がる事もあるが

脳が疲れない
ということを実証している人たち

理工系青春物語


厚み2.1cm 計133.118cm/332cm

9/08/2005

とりあえずお気に入りになりつつある
Green day
oasis
デビューアルバム、順番関係なく聴いているが
今回のアルバム、つまり最新の

一番良い

やっぱり
このアルバムを聴くために出会った
これだけの時間が必要だった

聴いているとそう思わずにいられない

ビッグネーム好き

それまでのアルバムは
今回のアルバムがいかによいかという
比較のためにある

パズルのピースは今でなければ
繋がらなかった

今の音が気に入って聴いているわけだから
以前の音がしっくり来ないのは
当然

確かに
アーティストの特徴は最初から変わらない部分もある

oasisの楽曲はプールの水のような
透明でブルーな印象がある
音はざらついているのに所々鋭い

Green dayは
バケツの水を頭から思いっきりかぶって
軽く脳震盪
目の前がしばらくちかちかするような
感覚のリフレッシュ


今の私が
今の彼らの音楽を受け入れる
受け入れられるだけの私になれた

飽きるまで
受け入れる

消費財な音楽

まとまったCDをならべながら
今日のことなどを思い出す
買い取りカウンターで?
それとも
モンティ・パイソンのように
長く付き合える
視界にいつも止まるような存在になるのだろうか?

来年は誰に夢中になっているか分からない
明日の朝、目が覚めるとき
今日の続きは保障できそう

一番面白いもの、楽しいもの

今は

9/04/2005

アイーダ 京都劇場 9月4日 13:00開演

アイーダ 井上 智恵   アムネリス シルビア・グラブ
ラダメス 阿久津 陽一郎 メレブ 有賀 光一
ゾーザー 川原 洋一郎  アモナスロ 石原 義文
ファラオ 勅使河原 武志 ネヘブカ 石倉 康子

男性アンサンブル
脇坂 真人
大塚 俊
朱?
萩原 隆匡
秋山 光二
川東 優希
影山 徹
沼沢 勉

女性アンサンブル
村井 まり子
遠藤 瑠美子
真弓 ヴァネッサ
井上 麻美
上延 綾
久下 紘子
田邉 杏奈

9/02/2005

10年という月日について考えた。
というのも
最近興味を持ち出した、
といよりは改めて聴き直している
のほうがいいのか
GREEN DAYやOasis
(特定のアーティストにこだわった聴き方)
最初に聴いたのは10年前
10年前は耳に残る親しみやすい曲だなと
思うだけで終わった
10年後
この10年間で発表されているアルバムを
追いかけている
10年経ってようやく理解できるようになった
というべきか

そのアルバムを聴きながら
この10年、私自身にはどんな時間があって
彼らにはどんな時間が合ったのか
考えた、10年という時間の長さを思った

同じに与えられた時間の費やし方
その時私は何をしていたのか
思い出せる10年を持つようになったことに
焦りを感じた
これからの10年はどうやってどうする?

どんな曲(アーティスト)でもとにかく
新しいもの、昔からよいといわれているものなどを
聴くというのが基本路線(やや懐古趣味ではあるが)
10年間音楽だけでなく本やコメディなどでも
接し方は同じ
そろそろこだわりをもって聴く
お気に入りのアーティストを見つける
こともできるのでは
私の今日までの10年が
周りの景色を少しは見やすくしてくれたのではないかと思ってみる

10年継続する事は大きな仕事で
一つの答えが出る(国民的スターになっていたり)

10年活動していないと私のお眼鏡に・・・などと
偉そうに構えてみたりして
派手な立場になった人が好きなのか
苦笑して
アルバムジャケットを気に入ったデザイン順に
ならべ直す

8/24/2005

2日間音楽にどっぷりつかり、
しかも
超一流を体感、
非日常的な体験は日常がどれだけ
安定した状態であるかを再認識させる

網膜に残ったアーティストの姿と
鼓膜に残る歌声
毎日1日毎日が自前のBGMつきで過ぎていく

サマソニレポなど最近発売された
音楽雑誌を見る

どうやって今日1日を過ごせばいいのか

CDを購入

復習のつもりで

余韻は思っていた以上に長引いている
浮かれていた自分の姿を
恥ずかしく思えるほどには冷静さを取り戻しつつも

切り替えが出来ないところに
社会人としての未熟さ
不完全燃焼防止つき
・・・だったのに


自分って案外イギリス好きだな、と思った。
(今後のHPの展開に注目?)


あとは・・・
イギリスの音楽(ロック・ポップス)は
ビートルズの子ども、
というかDNAを引き継いでいて
それでいうならアメリカはプレスリーの子ども?
ビートルズは親戚ぐらい
大雑把な印象

偏見だと思われる人もいるだろうけれど

ヨーロッパもアメリカも「西洋」とひとくくりに考えてしまうけど
「違う」部分を特に
本を読んだ時にも思ったのだけれど
音楽を聞いてもそう感じた

8/20/2005

夏バテている。
喉が痛くて少し風邪を引きつつ。
声の出しすぎ?

最近の出来事。
8/13~8/14 サマーソニック05
実際に見ると涙が出てきそうなぐらい心が震えてくる。
ライブ最高!!

観客が出演アーティストに期待する気持ちと
アーティストの実力がぶつかって大きな空気が出来る
その場所にいられたことを
参加できた喜びが今週は私の気持ちのほとんどを占有していた。
何度も思い返していた。若干抜け殻状態。

憧れのアーティストの最高のパフォーマンスに
踊ったり呼びかけ(合いの手?叫び?)で応える
そんな自分に酔っているといわれればそうかもしれない
平凡な私がアーティストの演奏に参加している、つもり

同じ曲を演奏していても
時と場所が違えばいつでも新曲になる
とは
最近読んだ「20世紀少年」のなかの言葉

たぶんそう
聴かせる観客が違えば新曲
観客が参加して新しい音楽が生まれる
新しいものが生まれる瞬間の緊張感
立ち会えたことに感激して泣きそうになっていた
泣くと顔がぐちゃぐちゃになるので我慢している

これだけの人間がその音楽に反応する
音楽の力を体験する
ライブはいいなぁ
単純だけれどそんな感想

と同時に思ったこと

国内アーティストの場合
何ヶ月(何年のときもあるけれどさほど間があくわけではなく)ぶりに画面で見る
雑誌で見る、会場で見る、ラジオで聴く
というファンとの距離と
海外アーティストのファンとの距離
新曲(新作アルバム)で近況を知らせるその距離

海外のファン(ファンの期待)に対して
「新しい」を発表すること
「変わらない(?)自分たちのスタイル」を誇示することの責任感は
その大きさはどんなものだろうと

ファンクラブに入っていれば身近に感じるかもしれないが
興味がある人が全てファンクラブに入っているとは限らない

ライブ定番の曲がある
代表作、デビュー曲を含めアルバムを出すごとに
1曲は必ずヒット曲(発表時期を代表する)があって
プラス
「ニューアルバムを引っさげて」の言葉にあるように
新作を中心にライブを進めるわけだけれど
ワールドツアーで海外のファンの新作に対する反応を実感する
国内のファンと同じ反応??全世界に受け入れられる音楽って???

3年ぶりとか4年ぶりとか10年近く・・・とか
物理的な距離に加えて時間がファンとアーティストの距離を
どうしているのだろうかと思った

その時々で聴いた曲に興味があり
その時発表された、紹介されたアルバムだけに関心があるという聴き方をする
音楽の雑食(洋楽のみ)
特定のアーティストを順順に追っかけて聴くタイプではない私には疑問

次が出る事でファンが失望しないか(新たなファンの獲得があるにしても)
次を出すまでに現れる新しい才能と新しい波
(年代ごとに音楽の流行はある、無視する立場のアーティストもいるけれど)
にファンが乗り換えてしまうのではないか
おびえていてはアーティスト(トップスター)など務まるわけないのだけれど

距離が熟成させることもあるようで
ファンがより一層その音楽に親しんでいた
ファンの温かく迎えた光景に目の周りが熱くなった(The LA's)

時間を超える(ディアボロ@ジョジョ第5部?)という
技術・才能・精神力(スタンド?)に興味を持った

3年前に作った曲がそのまま3年後に通用するわけではなくて
その間に洗練されていくとしても

とにかく凄い重圧

楽しむ?立ち向かう喜び?
選ばれた人の特権

乗り越えられる人に与えられる

感性に限りがあるとしても
試練は無限に立ちはばかる

観客の数と雰囲気におなじ観客でありながら圧倒されたので
アーティストの心境はどんなものだろうと
想像してみようと思うのだけれど
才能・感性で生きているわけではないので
恐怖ばかりになってしまう

それだけに尊敬する

日本のアーティストにはあまりそういうことを考えないのだけれど

8/06/2005

最近購入して読んだ本
「海馬」

洋書はあと3分の1ほど

DVDで「ブリジット・ジョーンズの日記」1と2を観る

7/24/2005

The Beast Must Die (Pan Classic Crime S.) (Nicholas Blake)

==================================
推理小説家のフィリクス・レインは、
最愛の息子マーティンを自動車のひき逃げ事故で失った。 
警察の必死の捜査にもかかわらず、その車の行方は知れず、
半年がむなしく過ぎた。 
このうえは、なんとしても独力で犯人を探し出さなくてはならない。 
フィリクスは見えざる犯人に復讐を誓った!
(あらすじ より引用)

誰の日記?というところからスタート。
復讐に燃える男(推理小説家)の執念が
日を追うごとに塗り重ねられていく。
ということで最初は一人称。
(作中の)「私」は(読者である)「私」と違うことは
普段はあまり気にならないけれど
今回はちょっと気になった。
といっても最初の部分では、というだけ。

日記の中で語られていく人間関係が
明らかになっていき・・・。

視点が変わる。
いわゆる神の視点。
日記の作者であった「私」が他の登場人物と同じ
「その中の一人」に変わって
刑事を中心に話が進む。

推理小説家による日記の効果的な使い方が印象に残った。


厚み 1.7cm(実測) 計129.318cm/332cm

和書はこちら

7/10/2005

最近購入したCD

the offspring greatest hits
DEMONDAYS

日経WOMANで紹介されていた本を
本屋で探したり
ネットで検索したり
「オンディーヌ」大阪厚生年金会館芸術ホール 7月7日(木)18:30 

オンディーヌ 野村玲子 騎士ハンス 石丸幹二

水界の王 日下武史 ベルタ 大平敦子

ユージェニー 木村不時子 オーギュスト 松宮五郎

王妃イゾルデ/皿洗いの娘 大橋伸予 王 山口嘉三(劇団昴)

ベルトラム 青山祐士 侍従 伴藤 武

裁判官1 川口啓史(劇団俳優座) 裁判官2 立岡 晃

詩人 中村啓士 マトー 石井健三

サランボー 戸田愛子


男性アンサンブル
香川大輔
木内宣輝
上出匡高

女性アンサンブル
西村麗子
林 浩代
岩本やよい
松田英子
増嶋あゆみ
松尾千歳
村中ちえ

===================
以前も思ったのだけれど
それでもやはり思わずにいられないのは
読むより観る(演じる)ための戯曲
演じられて初めて戯曲は命を持つ
ということ
読んでもセリフの、言葉の使われ方にうっとりするけれど
役者の声を通して、響く言葉の音が加わると
心が震えてくる。

劇団四季の芝居は今までミュージカルを観てきた。
今回初めてストレート。

ハンス役の人は去年6月に観にいった「美女と野獣」(京都劇場)で
ビースト役をしていた。
そのときの印象が心地よく残っていたので
1年ぶりにお目にかかることが出来て嬉しかった。
のだけれども
ミュージカルと違う雰囲気に最初戸惑った。
ミュージカルのときには感じなかった緊張感。

ハンスとオンディーヌより
ベルタとオンディーヌの
人間と妖精の違い、愛する人に対しての振る舞いなど
がはっきりしているのが分かりやすかった。
ハンスがわかりにくかった。
完全な女からの愛を受け入れきれず苦悩する姿が
完全な女の強烈な光に消された?
15歳を演じる、妖精を演じる女優の技に目が離れない。

完全な女
男より一歩下がって・・・彼のために生きる、仕える。
ちょっと古風。それが完全な女?

7/02/2005

読了した本
洋書:The Beast Must Die

購入した本
和書:VOW全書(8)

現在読みかけの本
洋書:Hackers

2005年第59回トニー賞授賞式を見た。
BSで放送されていたのを録画した人から借りた。
雨が降っていると外出する気分が失せる。
読む本はある。
けど
出掛けたかった・・・。

7/01/2005

最近読了した本
(洋書):Lullaby

入梅したというのに天気の良い日が続いた。
今日は曇り時々雨のようだが。

6/19/2005

いま読んでいる本
洋書:Lullaby,The Beast must Die
少しずつ併読?

6/12/2005

今読んでいる本
洋書:The Beast Must Die

購入した漫画(最新刊)
何度も読み返して洋書読書を中断させている{{{{(;+_+)}}}}
エンジェル・ハート
のだめカンタービレ
鉄腕バーディ
プルート

失踪日記

D-LIVE
MIND ASSASIN

借りた漫画
20世紀少年

6/08/2005

Hostage (Robert Crais)
邦題 「ホステージ」(上) (下)

場面の切り換えで、視点が変わる。
複数の心理が混ざり合いながら進む。
プラス二つの人質事件。
同時進行。ややこしい。
スーパーマーケット強盗の逃亡中に発生した人質事件。
犯人たちが人質をとり立てこもった家が原因で
もう一つの人質事件が発生する。

ギャングの裏金情報をもっている家に強盗が立てこもった。
そのため
この事件が解決されると自分たちの不正も同時に明らかにされてしまう
とギャング団は口封じを実行した。

もう一つの人質事件、それは交渉人の家族が人質。

自分の家族を助けるには
他人の家族が犠牲にならなければならないのか?
どちらかが犠牲にならなければならないのか?
両方を助けるために交渉人Talleyが活躍する。

映画的、という言葉を使いたくなる。
日本のサスペンスでも人間(心理)が中心で話が進められるけれど
海外だとそれに場面が加わる。
状況がさらに緊張感を高める。
カーチェイス、爆発、発砲(銃声)など。
日本では非日常的な感じがある。
アメリカでは日常の延長で「非」というわけではない。
どのサスペンスものを読んでも当然のように出てくる。
「非」と言う感じが「映画的」と思う。

映画的というのは
最後はこうなるだろう
と予想できる部分もある。
その最後のためにどんな盛り上がりが用意されているか
期待していたが意外とあっさりしていた。
(作者が考える見せ場とこちらが思っている場が違っただけのことだが)

映画情報 www.hostage.jp/

厚み2.5cm 計127.818cm/332cm
読了した本のことなど

「雨恋」 (松尾由美)

久しぶりに「借りた本シリーズ」。
部署移動になって今まで(私が好んでは読まないようなジャンルを)
色々と本を貸してくださった方とはお別れになってしまった。
にもかかわらず、私=本を読む子 と覚えていてくださって
(移動になってまだ3ヶ月ならないかどうかだし)
そのおかげで読める本。
そういえば新聞の新刊案内で見かけたなと思い出す。
新刊・話題の本・ベストセラーに敏感だな、と思ったのと
恋愛モノ(純愛モノ?)が好きな人だなとつくづく思った。
(参考:BOOKLOG@erehwon)

SFとミステリに恋愛もあって1冊で3度おいしい。(?)
雨の日だけ現れる幽霊とその部屋に住む会社員のお話。
(まとめすぎ)
どうして雨の日だけに現れるのかと言うと
雨の日に亡くなったから。
事故死?自殺?
幽霊である本人にも分からない。
それゆえさまよえる魂となってこの世に止まっている。
真相がわかれば成仏できる、はず。
その部分ではミステリ。

最初は声だけで気味が悪かった幽霊が
次第に
(事件の詳細、亡くなった女性の事情なども分かるようになって)
姿が見えるようになって
親しみを覚えるようになってくる。
この辺りは恋愛モノ。

幽霊と会話が出来るとか
その部分はファンタジー。
「いま、会いにゆきます」にも似ているなと
特に後半。

漫画とかドラマになりそうなまっすぐな話の展開。
恋愛メインで謎解きはおまけ、かな・・・。

泣くほど心を揺さぶられることもなく
雨の日に
出掛けられなくなってどうしようかな
という時に読むのもいいのでは。

※6月12日に追加

6/05/2005

最近読了した本「雨恋」
読みかけ「Hostage」映画公開までに読み終わりたかったけれど
3分の1ほど読んだところ。

5/24/2005

出来事まとめて

観劇のこと
「リア王」
インターナショナル・シアターカンパニー・ロンドン
全国の大学で公演中。
近くの大学で上演されていたのを観た。

戯曲は読むより観るだと思った。
演出家の創作が入るとはいえ。
観客の目を舞台から一瞬たりとも
引き離さないための工夫が
演技の、セリフの中に仕組まれている。

エグイ・ガメツイ

とはいえ、平日仕事終わりだった
プラス
英語(と言うかイギリス語)劇だったので
転寝しかけた。


読書のこと
洋書読書を久々に・・・。
洋書を3冊購入。
そのうちの1冊を読み始める。

「Hostage」(Robert Crais)

購入した次の日に新聞で
邦訳版の発売広告を見た。
映画化も決まっているので
日本公開前に読了できればと思っている。


音楽のこと
期間限定1500円Blue Noteシリーズに手を出す。
ちょっとオシャレなお店などでは
よくジャズ(たぶんジャズ、もしくはブルース)が流れている。
その空間がなんだか心地よいので
自分の家でも試してみる。
生活臭がして当初のイメージを修正しながらも
それでも結構気に入ったりする。洋書読書のお供。
購入したのは2枚

Jutta Hipp:Jutta Hipp at the hickory house
"Baby Face" Willette:Face to Face

ピアニスト、オルガニストと
鍵盤奏者がリーダーのアルバム。
何から聴き始めたらよいか考えて
なじみのある
鍵盤からジャズ音楽への関心が広がっていけばいいなという結論。


その他
兵庫県立美術館にて「ドリスデン国立美術館展」(22日まで)
フェルメール作品「窓辺で手紙を読む若い女」がメイン。
最近は日本にどんどんフェルメールがやってくる。

5/09/2005

週末に読了できた本
和書「第四間氷期」「建築の多様性と対立性」

連休+αの間は普段あまりページをめくらない分を
取り返すつもりで本(和書)に集中した。
他にする事がないといえば、そうだったのだが・・・。

「建築の多様性と対立性」R・ヴェンチューリ/伊藤 公文 訳 

5/08/2005

この連休中+αに読了した本
和書「第四間氷期」「阿修羅ガール」「建築する身体」

読みかけの本や積読だったり何となく買った、というような本を読むための
洋書もそういう状態の本があるのだけれど、それは無視して
和書を読むための連休だった。
とりあえずBOOKLOG@erehwonのほうには表紙画像だけUPしている、感想(レビュー)がない状態。

録画したけれどなかなか見なかったビデオを見た。
「クイーン・コング」
もちろん「キング・コング」のパロディ。「キング・コング」未見。
だからというわけでもないのだけど
感想
絵文字でいえば

(T▽T)アハハ!

ぐらい???
昼間に放送している洋画(1970年代までの)の雰囲気。

5/02/2005

最近読了した本
「建築する身体」(荒川修作)
「阿修羅ガール」(舞城王太郎)

前者は散々苦しめられ、「ようこそ先輩」での筆者の主張を
目の前に漂わせながら読み眺める事で何とか最後までページを
めくっていく事が出来た感じ。
後者は・・・実は前々から名前だけは気になっていて
(芥川賞候補だったし、作者自身謎系だしオバQみたいな名前だし)
新書版で出ているどれかを読んでみようかどうしようかと
しょっちゅう本屋で悩んでいた作家の新潮文庫版第1冊(?)。
作品は筒井康隆に似た雰囲気もあるけど、
後半、最後の辺りで主人公に作品の世界の支柱、根底みたいなことを語らせて
ちょっと親切。

最近購入したCD
「Waring」(Green Day)
「In The Court of Crimson King」(King Crimson)

音楽の趣味はベタベタ。洋楽に造詣が深い方々が見れば。(特に後者)
未だに基本をたどっているところ。
後者を最初に聴いた印象「インテリな音」
ここでいう「インテリ」というのは・・・
IQ200以上のインテリ集団が作った、
というようなグループメンバーの知力・知性の話ではなく
(当然)(そこまでプロフィール知らないし)
メンバーの狙いがはっきり音として表面に出ている
というか
曲の作りが理論的な印象を与える(歌詞とか音に)
というか・・・最初に感想として口から出た言葉が
「インテリな音」だった。
自分でもそれをどう補足説明すれば自身が納得できるかわからないところ
でもあるのだけれど。

1960年代から自分が生まれる1970年代後半までの10+α(≒20)年間の
文化(時々政治)がやけに興味を引く。
デザイン(服飾・工業など)であったり
音楽・絵画(美術に関しては80年代も多少は関心あり)であったり。
落ち着くような、ぎらぎらして落ち着かないような・・・。
世界の、現代の大きな分岐点の揺らぎがあるようなないような。

4/30/2005

大阪四季劇場 4月30日(土)17:30 マンマ・ミーア!

ドナ・シェリダン 保坂知寿 ソフィ・シェリダン 谷内 愛

ターニャ 森 以鶴美 ロージー 青山弥生

サム・カーマイケル 渡辺 正 ハリー・ブライト 明戸信吾

ビル・オースティン 松浦勇治 スカイ 鈴木涼太

アリ 八田亜哉香 リサ 宮崎しょうこ

エディ 丹下博喜 ペッパー 大塚道人

(神父)村中弘和

男性アンサンブル

笠嶋俊秀
カン テウル
山添 功
飯村和也
良知真次
上田 亮

女性アンサンブル

村上未来
小島由夏
村上 智
孫田智恵
片山加奈子
岡 聡里
黒崎 綾

===================
半年待った!!やっとの思いで観ることが出来た!!
四季劇場が入っているハービスエントの建物にもドキドキしたけれど
それよりもやっぱりミュージカル!!
よかった。
これまで観てきた四季ミュージカル(といっても2作品)よりも
コメディ。
笑う部分が多く、しんみりするところがあって・・・
新喜劇のオシャレな感じ??
ABBAの曲がこのミュージカルのために作られたのでは?
と思ってしまうぐらいぴったりはまって
(相変わらず日本語の歌詞にはときどき苦笑してしまうのだが)
楽しく観ることが出来た。

ちょっと残念だったのはサム、歌声がイマイチ。
「他の人(四季劇団員)と比べて声が前に出ていない」
とは
一緒に行った母の弁。
言われて納得。
なんだかこの人は・・・何でだろう?
と思った理由が母の指摘ではっきりした。
ドナは歌い方に特徴のある人だった。
ちょっと浪花節?こぶし?
細い体で動き回って(ダンス)、
シングルマザーの、女手一人で娘を育ててきた女の強さを
歌声で力強く表現するあたりは
尊敬する。かっこいい。女性がとにかくパワフル。

全体のダンス(統一の美とか華やかさをアピールするようなダンスシーン)
を見せる場面は少なく
(もしかしたら観た場所の印象がそうさせた??)
舞台の青色が印象的だった。
悪い人が誰もいなくて、出てくる人みんなに親しみを感じる。

この結婚は見ているも幸せにする

みたいなコピーがあったけれどまさにその通り。
歌って踊ってあなたがいるし彼女ら・彼らがいて人生は最高!!
と思える舞台だった。(実際は「あなた」と呼べる人がいないけれど)


(※2005年5月2日追加)

4/29/2005

4月28日午後11時15分よりNHKの番組
「課外授業 ようこそ先輩」荒川修作出演
現在読みかけで休憩中の「建築する身体」の執筆者
活字で追うだけよりも
この番組から本の内容がわかるのではないかと
考え、録画、翌朝見る。
専門用語が取り払われた分
作品を体験した子どもの言葉、荒川修作自身の言葉
身近な言葉が増えたので
楽しく見ることが出来た。
何となく・・・これはこういうことかなと
読みながら思っていた事が確認できた。

4/25/2005

洋書「A Liar's Autobiography」読了!!

イギリス語に何となく馴染めずリタイアしつつ
でも
ふしぎなもので
あるときすいすい流れるように
行が進むこともありつつ・・・。
======================
「A Liar's Autobiography」(Graham Chapman)

モンティ・パイソン(Monty Python)のメンバーで唯一の故人
グレアム・チャップマン(Graham Chapman)の自伝。

先に情報として
ホモセクシャル・ゲイ・アルコール中毒
があったので
全体としてそういう匂いがあった感じ。
男性で女性な、女の人が書く文章にも似た匂い
が緩い波を打つように全体にあって
ときどきアルコールのキツイ匂いがする。
読んでいる間、常にその言葉が頭の中にあったから
フィルターをかけて読んでしまったのかも。

自分が早く死ぬ事を気づいていたから?
あけっぴろげに
(自分のセクシャリティについて)
時に悪ふざけもしつつ。
この人はコメディアンで
タイトルどおりのうそつき。(人を楽しませるための)
自分がこれから楽しく生きるための
これまで生きてきたことを語っているなと思った。
かなりグレアムびいきな見方。

HIV/AIDSに感染した作家で今は故人、
グレアムと同じくゲイであった人の自伝(暴露本?)
エルヴェ・ギヴェール「僕の命を救ってくれなかった友へ」
を以前読んだことがあってそれと読後感を比較。
思い出したので大まかに比べてみた。
こちら側は
激しい愛憎が最後には1本の糸に収束していくような
でも途中でブチンと予告もなく切り落とされる
感じ

グレアムのほうは
散らかし放題やりたい放題のパーティが
ゆっくりゆっくり終わっていく・・・でもまだこれから
という感じ
まだまだ面白い話が残っているでしょ?もっと聞きたい!!
と帰るのが惜しいあの感じ.

(※2005年4月29日 追加・削除あり)

厚さ3.1cm(実測) 計125.318cm/332cm

4/21/2005

5月17日「リア王」を観る予定。
7月には劇団四季の「オンディーヌ」。
どうして世の中は私が1人しかいない事実を無視して
回りつづけ進みつづけ
そして私を巻き込んでいくのだろう。
溢れている全ての情報・出来事に興味があるわけではないのに
一部のそれは
次から次へと頻繁に私の周りで発生し、挑発する。
触れれば触れるほど知りたいことがどんどん現れる。

と思った。


財布・・・。

4/20/2005

喉が痛くなった。
今日で2日目。
風邪薬を飲んだため
午前中はいつも以上にぼんやり過ごす。

午後は普段どおりボケッと過ごす。
読書記録 近況
「建築する身体」停滞中。
特殊な言葉が多いぞ!!コレが哲学なのか??
あまりにも無謀すぎた試み?
「死を与える」上に同じ。内容重すぎ。
洋書はどれも読了できず
読みかけのまま放置すること3ヶ月・・・?

購入した本
「壁を破る言葉」岡本太郎
そして読了した本でもある。
過去の著作物・発言から印象的な言葉をまとめている??
すぐに読めるけれど
何度も読み返したり、
パッと開いた時に
かかれてある言葉に励まされる本。
聖書の言葉に救われる人がいるように
私にとっては
岡本太郎の言葉が支えてくれる気がする。

「建築の多様性と対立性」
思いっきりぶっ飛んだ本に戸惑ってしまい
もっと建築の現実的な部分に触れたいと思ったので
購入を決めた。
「職業は建築家」という本を読んだ時に
(diary@erehwonでは触れず、BOOKLOGにのみ)
巻末に参考図書として紹介されていた本の1冊。

4/06/2005

昨日は
ソフトバンクホークス対オリックスバッファローズ
の試合を見た。

4/02/2005

読了した本
「ブランコのむこうで」
随所にほろりとさせられるところあり。
もしかしてそういう年齢(何かというと涙を流す)になってきた??
それても風邪が悪化??
「建築をめざして」(もしかして重複?)
最初は詩的な(セリフ的?)文体に戸惑い
読むのを後回しにしようかとも考えたのだけれど
なんとか読んだ。
途中何度か
安藤忠雄の作品の印象が思い出されたりした。

購入した本
「建築する身体」
前に「建築をめざして」を買うかこの本を買うか
それとも両方を同時に買うか迷って
結局その時は「次はコレを買おう」と決めて
「建築を・・・」の方だけ購入した。
おそらく「建築思想」のなかで
最も急進的なところに来てしまったかも。

出掛けたところ
大丸ミュージアム梅田
「チャールズ&レイ・イームズ展」
作品を見ていて「建築をめざして」のなかで読んだばかりの
フレーズを体験した。
具体的に言えば(といっても大まかに言えばなのだが)
飛行機や船(のアイデア)から住居(家具)を生み出す。
というところ(手元に本が無いのでうろ覚え)。
こういうつながりを発見すると楽しくなる。
イスの作家だと思っていたのだけれど

創造者は社会に提案しつづける義務がある

というのがこの人たちにも当てはまっていて
日常生活を取り巻く、自然科学から日常生活までの文化を
提案し続けた総合社会提案者
そして
実行者であったわけで。

「パワー・オブ・テン」も上映されていて、
どんどんと感覚を宇宙の果てまで飛ばして行き今度は
細胞・元素レベルまで引きずり落としていくという
のは
小さい頃からよく寝る前にやっていた遊び
(寝付けない時とか、何となくそういう気分の時にする。
その後、現実の今、布団に入っている状態を強く意識すると
体が一瞬揺れるような、叩き付けられるような
ジェットコースターで重力を急に感じるような気分になって面白い)
に似ていてそれを思い出して嬉しくなった。
自分ひとりがこういう体験を面白がっているわけではない
という心強さを得たと同時に
具体的な映像がつくとこんな感じなんだと感心し
1本の作品として表現した人が既にいることに
すこし残念な気持ちにもなった。

大丸ミュージアムKOBE
「きかんしゃトーマス絵本原画展」
(病気の)子どもを退屈させないためにという思いからスタートした
という辺りは
ピーター・ラビット、ハリー・ポッター・・・と
意外と思いつくなぁと気がついた。
トーマスが主人公のお話だと思っていたら
そうではなく、
機関車(乗り物)とそれを愛する人たちの
その時々のお話。

飛行機とか・・・いたんだ、へぇ?。

4/01/2005

昨日の朝、喉の痛みで目が覚めた。
今シーズンは2回目。
冬が終わりつつある今ごろになって風邪を引いた風になった。
部署移動になって空気が悪いところに来たのかもしれない。
移動初日ホコリっぽい所だと思ったし・・・。
昨日は1日中マスクをつけていた。外では。

顔の半分以上を隠すと誰でも美人に見えるよな
と思いつつ
さらには目も潤んでいたので
さぞかし艶っぽいオネエサンでは・・・と
思っていたのに
「花粉症?お大事に。」
と軽く挨拶されるだけだった。
時期が時期だけにソウダヨナーと納得。
でも風邪なんです。扁桃腺が腫れているんです。
中には「珍しいものを見たぞ、誰?というか何?」というような人もいた。
人です。マスクをした。

家に帰るまでは時々寒気がしたり、
顔が火照ってきたりしていたのに
晩御飯がお好み焼きと聞いて全部吹っ飛んだ。
(ということは花粉症??)
吹っ飛んだ気分になった・・・。
一応食後には風邪薬を飲んでお風呂に入って温まってから睡眠。
朝起きたらけろっとしていると思っていた。
けれど
今日もまだ喉が痛い。2日も続くなんて・・・。
今日は鼻水も。鼻の穴の片側が緩い。
熱はあるかどうか知らないけれど少しポーッとする。

推測するに
部署移動により仕事の内容は変わらないにしても
新しいメンバーとの付き合い方に気苦労があって
内容は同じであっても方式が微妙に違うこととか
残業が続いたりで疲れが出たのかもしれない。

無意識に「疲れた」「しんどい」が口から出てくると
次の日に喉が痛くなるということがコレで2回目。
今回は翌日まで引きずっている。
今日はマスクをしなかった。
マスクをした方が顔が温まってしまうような気がしてやめた。
残業は無かったけれど帰り間際は喉が朝より痛くなっていた。
うがいをするコップを用意しておかないと。

3/21/2005

最近の行動

ライブ:03/17 GREENDAY 大阪城ホール
行く前と後では全然気持ちが変わっていて
かなりファンになってしまったような気分のこの頃。
日本でのライブツアー初日ということもあって
(オープニングアクトのあと)ちょっとばかし段取り悪い?

最近の関心は「建築思想」
キーワードは「認識」
読み終わった本(和書):「建築造形論ノート」
最近読んでいる本(和書):「建築をめざして」

3/13/2005

読了した本(洋書)
Blue Plate Special (Ruth Birmingham)
amazon.comで厚みを調べたところ1.2inchと表記されていたので
インチをセンチに変換。3.048cm。

3/02/2005

積読本がとうとう和書まで・・・

最近購入した本
ブランコのむこうで (星新一)
死を与える (ジャック・デリタ)
第四間氷期 (安部公房)
ゼルマの詩集

ゼルマ以外は手付かず。
洋書はあちこちを少しずつ読んでいるけれど
読了にはいたらず。

2/16/2005

劇団四季ミュージカル「アイーダ」
2月16日 13:30
MBS劇場

アイーダ 濱田めぐみ アムネリス 佐渡寧子

ラダメス 福井晶一 メレブ 有賀光一

ゾーザー 大塚 俊 アモナスロ 川原洋一郎

ファラオ 岩下 浩
(劇団民藝)



男性アンサンブル

竹原大祥
吉元和彦
井水 類
川東優希
朱 涛
秋山光二
影山 徹
脇坂真人

ネヘブカ
 
井上麻美

女性アンサンブル
松下沙樹
遠藤瑠美子
松野 笑
艾 于涵
田邉杏奈
市川友貴
上延 綾

2/09/2005

2/01/2005

この2週間ほどの状況

読了した本(洋書)Holes (Yearling Newbery)
(Louis Sachar)

出版社/著者からの内容紹介
なぜかオレにはツキがない、
と思うすべての子どもとおとなに捧げるいじめられっ子・スタンリーの大逆転劇。
ニューベリー賞・全米図書賞ほか多数受賞。
おなかのそこから元気がわいてくる冒険文学!
(amazon.co.jpより引用)

厚み1.8cm 計116.67cm/332cm

出掛けた場所
キリンプラザ大阪「マイキーズアタック」
京都劇場 劇団四季ミュージカル「美女と野獣」

1/30/2005

「美女と野獣」
1月30日 京都劇場
13:10開演

ビースト 柳瀬大輔 ベル 坂本里咲

モリース(ベルの父) 松下武史 ガストン 田島雅彦

ルミエール 青山 明 ルフウ 遊佐真一

コッグスワース 吉谷昭雄 ミセス・ポット 岩本潤子

タンス夫人 武 木綿子 バベット 竹村千穂

チップ 川良美由紀

ムッシュー・ダルク 高桑 満

男性アンサンブル

高橋辰也
長谷川浩司
岡本繁治
末谷 満
伊計健一
松本 海
岡野大輔
長清 智
原田昌幸

女性アンサンブル

佐和由梨
西内いず美
遠藤珠生
大橋伸絡
?倉 舞
北 涼子
工藤伸子
西田桃子
久下紘子
出海 愛

おそらく、1回目は舞台の華やかさに心を奪われて
その後出演者のエンターテイメント精神、
ストーリー、登場人物の魅力に惹かれて
4回目の今回はそれらを含めた全部にどっぷり浸った、
と思っている。

1/18/2005

ガラスの動物園 新潮文庫(テネシー ウィリアムズ)

洋書:The Glass Menagerie (New Directions Book)

不況時代のセント・ルイスの裏街を舞台に、
生活に疲れ果てて、昔の夢を追い、はかない幸せを夢見る母親、
脚が悪く、極度に内気な、婚期の遅れた姉、
青年らしい夢とみじめな現実に追われて家出する文学青年の弟
の3人が展開する抒情的な追憶の劇。
(amazon.co.jpより引用)
=================
拒絶は出来ない。
拒否はする、受け入れざるを得ない。
というのが印象。

自分の中のこの感覚を
どう説明しても上手くいかないもどかしさ。

登場人物3人この家族は
現実・環境・境遇からは
離れたところに心があるので
現実にはなじめず
「かわいそう」な人たちに見える。
でも温かさを感じる。
作者があまり突き放していないようにも思える。

青年の追憶という形をとっているので
青年が家族を嫌いながらも
どうしても離れられない部分で
家族に対する愛情を感じる。

自分自身に対して(エゴ?)
他人(家族)に対しての
愛情が混ざっている。

最後のところで
青年は物理的に遠く離れたし
そのことによって
精神的にも家族から離れているにもかかわらず

その人物を形成する土台が家族という
社会で築かれる
その関係。

家族愛ばかり注目したけれど

最初の社会が家族
というのを聞いた事があるが
たった3人で(4人・・・?)
人と社会の交わり方(社会の縮図)が表現できるなんて
行間にこだわって
セリフにこだわって読んだり
役柄を追求すれば
もっと発見できる事が埋まっているような気がした。







1/16/2005

「空の境界」(奈須きのこ)
空の境界 上 講談社ノベルス

空の境界 下 講談社ノベルス

これぞ新伝綺ムーブメントの起点にして到達点!
解説:笠井 潔
2年間の昏睡の後遺症として記憶を失い、
この世のあらゆるモノの死を視ることのできる
“直死の魔眼”を手に入れた少女
・両儀式(りょうぎしき)を襲う数々の怪異。
死そのものを体現化した太極の結界。
永遠を求める魔術師。そして、再来する殺人鬼。
式を苛む“殺人衝動”の赴く先に、
真実を告げる記憶の境界が開かれる!? 
講談社ノベルスから放たれ
“新伝綺”ムーブメントの起点にして到達点! 
金字塔は既にして打ち立てられた!!
(amazon.co.jpより引用)
======================
ミステリとして読んだ。
その解決する方向が
オカルト(というかファンタジー?魔術・魔物系)がらみなので
現実的でない部分もあるけれど。
他の漫画・小説でいうなら
陰陽師 (11)Jets comics」(岡野玲子)が好きな人は受け入れられるのでは・・・?

読んでいて思わず「うげぇ」と目を瞑りたくなるほど
痛々しい(ときにうんざりさせるほどえげつない)描写や
実際の体験は出来ないけれど
似たような体験・経験を重ねることによって
感覚的に理解できるような
読むことによって体感できる(させる)描写
が出来るということ
この2点が出来る作家は私の中で「凄い」人。
なのでそういう意味では
この作家もその一人に入る。
かならずしも
凄い=好きな作家ではないけど・・・。
表現の上手な人はプロでなくても
これだけいるのだと
まだまだ知らない世界の厚さを知った。
(もともとインディーズ=同人誌の作品だった)

なんとなく
ファンタジー(超常現象バトル)が強い作品は
読むのを避けていたことと
(どのジャンルにしてもいえることだけれど
特殊な言葉が多いので何冊か読んで
その世界観に慣れていないと
入りにくい感じがあった)
最近の作家の書き方に何となく抵抗があったのだけれど
(実際この作品も出だしはとっつきにくかった)
(古い年代の作家の本を読むことが多いのか???)
展開に強弱があるので読み進めやすかった。




1/13/2005

読了した本(和書)
「空の境界」
「火の粉」
覚書のつもりで作者名省略
のちほど

本を読むときの癖
といっても和書の時だけ
1日で読みきる勢いで読んでしまう。
集中すると一気に本を読みおえる。
そのため
読了後
眼球辺りの顔の筋肉?やらが
ものすごく重たく感じられる
まぶたを閉じても
眼球が痛い感じがあったりして
あまり良いとはいえない

ものすごく目にストレスを与えている
とは思う

1/09/2005

覚書(cowboy bebop編)
 
cowboy bebop Extra Session

発売予定日は2005/01/28です。
ただいまamazon.co.jpにて予約受付中。

(以下amazon.co.jpより引用)
大人気のTVシリーズ 「カウボーイビバップ」が
エモーションプラスシリーズにラインナップ追加。
プレミアムDVD+A5サイズハードカバーブックの豪華仕様で徹底分析。

【収録内容】
《DVD》(約90分)
●STORYデータベース(約64分)
キャラクターやメカ、アイテムをキーワードにした映像を
名場面&名台詞で綴る26話ストーリーダイジェスト。
また、各主要項目についてそれぞれ線画設定(キャラ、メカ、小物)を静止画で収録。
●バーチャルCM(約4分)
メインキャスト4人による60秒程度のパロディ映像。
2071年、ビバップの世界の中で、スパイク達が愛用している新商品のCMを収録。
(映像は本編をコラージュして架空で制作)
●American Session(約22分)
米国版「カウボーイビバップ」告知映像を収録。
《BOOK》(112P)
●Outlook Session(20P)
ビバップの世界観を把握できるイントロダクション。
社会、医療、科学技術をサンライズの公式設定に基づいて徹底解説。
初めて『カウボーイビバップ』に触れる人たちにもビバップ世界観を分かりやすく解説。
●Story Session(81P)
TVシリーズ全26話+劇場版を様々な視点から詳細に解説。
1話あたり2?4パージで構成。
●Commentary Session(8P)
カウボーイビバップのメインキャスト・メインスタッフのコメント集。
TVシリーズ放映から5年を経た現在の心境や当時の思い出、
自分にとってビバップという作品は何だったのかを語る。
メインキャスト4名は直筆原稿を掲載!
●Appendix(3P)
DVD発売リスト&放映データ&スタッフ・キャスト一覧
十二番目の天使(オグ マンディーノ)

洋書:The Twelfth Angel

40歳を前にして大手コンピュータ会社の社長に
のぼりつめたジョン・ハーディングは、
若き成功者として故郷に凱旋するが、
その2週間後に妻子を交通事故で亡くしてしまう。
絶望のどん底に突き落とされ、人生の目的を失ったジョンは、
親友ビルのはからいでリトルリーグ・チームの監督として迎えられ、
ティモシーという少年と出会う。
試合でまったくヒットの打てないティモシーの成長を支えることで、
やがて自身も立ち直っていくジョン。
しかし、ティモシーには決して誰にも知られたくない秘密があった…。
(amazon.co.jpより引用)
=========================
借りた本シリーズ。1月も継続中。
「絶対泣ける」といわれて借りたので
読み進めている間に
「泣く」ための伏線をいくつか発見してしまった。
あらすじを読む限りでも・・・。

本を読んでいて気がつくのは
自分から進んで選んだり、
人から勧められたり
があったとしても
その時期に読んだ本同士の
つながりを発見できること
共通する考えや言葉。

今回の場合
「いま会いにゆきます」の中にもあった
死んだ人に対する考え方。

ここにいる(生きている)人とは違うところに行く。

その場所の名前が
アーカイブ星
パーティー会場・・・などであっても。

いずれは誰もがそこへ行く所であって
先に呼ばれた人がそこで待っていてくれるから
ここにいなくなってしまったことを
いつまでも悲しんでいてはいけない
次に会う時までに自分が何をしておくべきか・・・

というような考え方。

異なる作家の作品を併読している時
続けざまにいろいろなジャンルを乱読している時

「この考え方・言葉さっきも別の本であった」

という発見があると嬉しくなる。
今の自分に必要な事柄なのかもしれない

神の啓示を受けたようなひらめき
をかみしめる。

話はもどって
「十二番目の天使」
所々に前向きに物事を考えられるための
フレーズがある。(偉人の言葉)
一人一人の伝記を読むより
一冊の中にポイントとなるフレーズがあって
それを生かした話のほうが
すんなり必要なこと
(自分・他人を励ますヒント)が分かるよな・・・
と思った。


1/08/2005

年末年始にかけて読了した本(和書)
「ガラスの動物園」
「一二番目の天使」

今読んでいる本(洋書)
「holes」
「a liar's autography」

復刊ドットコム