11/26/2003

「バカの壁」を読んだ。
家族の人が購入。
一元論の危険性。

「珍遊記 不完全版」を購入。
「地獄甲子園」に続き漫☆画太郎。
といっても
この場所では初めて出てくる名前かも。
ちょっとしたブーム。

11/22/2003

ミステリの参考にしている記事 読売新聞の土曜日の夕刊

SFの場合 「COBRA」とか漫画 かも

=============================
音楽ネタ
最近ラジオでPe'z(ペズ)の「大地讃頌」を聴いて
CDを購入した。

ほんの少しとはいえ(「ソナチネ」のさわりレベル)
ピアノを触っていたものとしては
音楽と向かい合った(つもり)ものとしては
ああいう風に音を表現できるのが
すごくうらやましい

アレンジが渋くて
夕焼けみたいで好き。

もともと好きな音の運びをするので
気になってはいたのだけれど

知っている曲を扱ったということで
購入に踏み切った。

11/17/2003

最近サボリ気味です。

なかなか読み終わらない「スクールボーイ閣下」を
遠くに気にしながら
本からは少し遠ざかっている今日この頃。

昨日は県立美術館で行われている
「アレキサンダー大王展」(正式名称は略)へ行って
遅ればせながら
芸術の秋。

11/03/2003

読了した本
(洋書)
「Animal Farm」(George Orwell)
邦題「動物農場」

映画

厚み1.0cm 計87.57cm/332cm
amazon.co.jp
どういうわけか、興味があるジャンル。
コンピュータの世界。
SFの延長で捉えているのだけど。
自分の現実とは違う現実世界でもあって。
特に
インターネットの世界は自分が直接こうして関わっているのに
どこか別の感じもあって。

理解しているようで理解していない部分を抱えながら
こうして利用するわけだけれど、
もっとよく知りたいとは常に思っている。

復刊ドットコム」で紹介されていた本
コンピュータの名著・古典100冊」の紹介は
タイミングがよかった。
ここで紹介されている本を読みたいと思う。

原書が洋書ならば、洋書で。
感覚としてはSFだなぁ・・・というか最近はSFに凝っている。

和書「最後の喫煙者」(筒井康隆)を読み終わる。
amazon.co.jp

==================================
「The Door Into Summer」(Robert A. Heinlein)
邦題「夏への扉」

ぼくらは、1970年12月、コネチカット州に住んでいた。
猫のピートは、いつも冬になると、夏への扉を探す。
たくさんあるドアのどれかが夏に通じていると信じ込んでいるのだ。
そう、ぼくも夏への扉を探していた。
婚約者のベルに裏切られ、仕事は取りあげられ、
生命から二番目に大切な発明さえも騙しとられてしまった。
そんなときだ、ぼくの目が「冷凍睡眠保険」に吸い寄せられたのは。
ぼくは、猫のピートと共に、30年後に蘇る冷凍睡眠を申し込もうとする。
そして、2000年の12月に…。
(amazon.co.jpより引用)

厚み2.3cm 計86.57cm/332cm
amazon.co.jp

11/01/2003

「The door into Summer」読了。
「Animal Farm」を読み始める。

最近になってようやく「マトリックス リローデッド(amazon.co.jp
)」と
マイノリティー・リポート(amazon.co.jp
)」を観る事が出来た。
どちらも頭を使うタイプのストーリーで疲れた。

復刊ドットコム