9/26/2003

今読んでいる洋書はなかなか読み進まない。

和書を2冊読み終える。
最近ハマっている筒井康隆関係で・・・。
パプリカ(amazon.co.jp)

対談 笑いの世界(amazon.co.jp
)」
後者は桂米朝師匠との対談。
前者は、・・・後半のやけくそみたいなめちゃくちゃな世界が
楽しかった。
というものの
前回「薬菜飯店」でも似たような世界
(→悪魔の世界)が出てきてたので
(注:短編集の中の1作品)続けて読んだせいか
そのあたりはちょっとがっかり。

9/15/2003

「The Terminal Experiment」(Robert J. Sawyer )
邦題「ターミナル・エクスペリメント」

医学博士のホブスンは、死にかけた老女の脳波の測定中に、
人間の「魂」とおぼしき小さな電気フィールドが脳から抜け出てゆくのを発見した。
魂の正体を探りたいホブスンは自分の脳をスキャンし、自らの精神の複製を三通り、
コンピュータの中に作りだした。
ところが現実に、この三つの複製のうちどれかの仕業としか思えない殺人が次々に…
果たして犯人はどの「ホブスン」なのか?
(amazon.co.jpより引用)

厚み2.4cm 計82.27cm/332cm
amazon.co.jp

9/07/2003

洋書
「スクールボーイ閣下」中断。
「The Terminal Experiment」を読了。
「Neuromancer」を読む予定。スペルに自信なし。

和書
「薬菜飯店」(筒井康隆)

復刊ドットコム