4/18/2003

「Void Moon」(Michae Connelly)
邦題「バッドラック・ムーン」

女泥棒VS.非情な殺し屋不夜城の死闘の結末は
ブロンドの女泥棒が地平線上に夢見た愛!
冷酷無比な探偵カーチに追撃されるキャシー。
窮地に追いこまれた彼女に逆転勝利のチャンスはあるか!?
命がけで盗んだ大金は、マフィアがらみのヤバい代物だった。
事件の始末を依頼されたのは、裏の顔を持つ私立探偵カーチ。
関係者4人が惨殺され、ついに魔手はキャシーの最愛の人物にまで及ぶ。
ラス・ヴェガスの美しい夜景を舞台に、息詰まる死闘が始まった!

(amazon.co.jpより引用)

この作家の作品は他に
「Black Echo」しか読んでいないのだけれど
それと比べて、大分読みやすい。
サスペンス・アクションの書き方に
テンプレートでもあるのかと思うぐらい。

主人公は・・・キャシーになるのか、
どの登場人物も地の文から同じくらい
遠く離れている感じがしたのだけれど。
最後の方でキャシーの母性愛が説明される部分は
私好みではなかった。
いらない。
「Black Echo」のときもそうだったけど
終盤くどい。

それ以外はどんでん返しとか
展開の早さは好き。



厚み2.6cm 計58.17cm/332cm

復刊ドットコム