2/28/2003

「Charm City」(Laura Lippman )

いくら元新聞記者で好奇心を抑えられないとはいえ、
テスだって厄介事に関わる気はなかった。
が、入院中の伯父に代わりグレイハウンドを預かったとたん、
謎の男たちにつきまとわれるようになったのだ。
さらに没になったはずの実業家の過去を暴いた記事が、
何者かの操作で掲載されるという事件が起き、
新聞社から調査の依頼が…アメリカ探偵作家クラブ賞、
アメリカ私立探偵作家クラブ賞に輝いた魅力たっぷりの新シリーズ。

(amazon.co.jpより引用)

シリーズ2作目。
次の「Butchers Hill」はアンソニー賞、アガサ賞を受賞。
次を読みたいかというと・・・。

犬の話と暴露記事が並行して進む。

何を根拠にといわれても困るのだが
何となくもっとハードボイルドを期待していたので
ちょっと肩透かし。
女流探偵モノはまだヒットしない。

Tess Monaghanは元新聞記者で今は私立探偵。
情報力を生かして真相究明に取り組む。
平和でのどかな町に起こった殺人事件。
プロバスケットボールチームの誘致を提案していた実業家の過去が暴露され、
しかも殺された。

誰が暴露したのか、誰が殺したのか。

バルチモアってどこ?レベルの地理知識な私にとって
ちょっと観光ガイドみたいにも思えた。

厚み2.2cm 計44.87cm/332cm

※読後感の印象日記だなぁ・・・。



復刊ドットコム